藤浩志

March 28, 2010

六本木アートナイト:藤浩志がつくる商店街の玩具たち

artyr六本木アートナイト 2010

2010年3月27日(土)10:00から28日(日)18:00まで
六本木ヒルズアリーナ
港区六本木6-10-1
03-6406-6611













六本木の街を舞台にした一夜限りのアートイベント。第二回目となる今回のテーマは「街の見る夢」
六本木ヒルズ、森美術館、東京ミッドタウン、サントリー美術館、21_21 DESIGN SIGHT、国立新美術館、六本木商店街、その他周辺のカフェやレストランや公共スペース等、六本木の街全体が舞台となる。

六本木広域プログラム:

《ハーバートの夢 / Rêve d'Herbert》 カンパニー・デ・キダム(Compagnie des Quidams)
フランスのパフォーマンス集団「カンパニー・デ・キダム」によって演じられる、幻想的なパフォーマンス。
日時:3月27日(土)日没〜28日(日)日の出までの間、各地で数回開催
場所:六本木ヒルズアリーナ、東京ミッドタウン、国立新美術館

《ビフォア・フラワー / Before Flower》 椿 昇(つばき のぼる)
体長13メートルの謎の生命体が出現!?来場者の発する二酸化炭素に反応して様々な画面に映像が変化します。
日時:3月27日(土)17:30〜28日(日)5:34、3月28日(日)12:00〜18:00 ※東京ミッドタウン、国立新美術館は、3月28日(日)10:00〜18:00
場所:六本木ヒルズアリーナ、東京ミッドタウン 芝生広場、国立新美術館 キャノピー付近

《六本木あちこちプロジェクト》
気鋭の作家3人が、アートで街の各所を席巻します。
日時:3月27日(土)12:00〜28日(日)17:30
場所:六本木ヒルズを中心として、六本木各所

- クロストーク2010(森美術館)
出演:浅田彰(京都造形芸術大学大学院長)、木ノ下智恵子(大阪大学コミュニケーションデザイン・センター特任 講師)、窪田研二(インディペンデント・キュレーター)、ブブ・ド・ラ・マドレーヌ(現代美術作家)、近藤健一(森 美術館アソシエイト・キュレーター)
日時:3月27日(土)14:00〜17:00
会場:アカデミーヒルズ40 キャラントB(六本木ヒルズ森タワー40階)

- パフォーマンス(森美術館)
3月27日(土) 鈴木ヒラク、Shing02、宇治野宗輝、コンタクトゴンゾらによるパフォーマンスを実施

...ってなことでいろいろあるが、オープニングのアリーナで椿昇さんの巨大インスタレーション"Before flower"を眺めつつ、胞子も貰いつつ、ワタシの行きたかったのは、国立新美術館からホテルアイビスまで龍土町美術館通り沿いの
藤浩志さんの 《おもちゃのストリート・ガーデニング》を見る事だった。

下記の通り、コンプリートだわさ!玩具の恐竜がちゃんと檻に入ってる。

DSCN4539-sDSCN4548-sDSCN4559-s











DSCN4565-sDSCN4577-sDSCN4569-s











DSCN4584-sDSCN4595-s_edited-1DSCN4601-s



tabloid_007 at 16:01|PermalinkComments(0)

January 31, 2010

カラオケボックスがホテル・アートフェアになる

MANCYMancy's Tokyo Art Night
 
2010.01.30-01.31
港区麻布十番1-3-9 TBC麻布
03-5574-7007
主催:東京レストランホールディングス株式会社
運営:Gallery Triwizart Co.,Ltd.








昨日の21時からオープニングレセプションがあったので行ってきた。麻布十番のMancy's Tokyoは、高級カラオケとして確か記憶では USENの宇野さんが数年前に建てた物件と思うが、いまはオーナーが違うらしい。

さて、カラオケといっても完全個室なのである意味ではホテルフェアのような雰囲気である。中には、和室仕立てで10畳以上の広さのルームもあった。

いろいろ面白い作品があったが、中でも藤浩志さんの作品が良かった。子どもが遊び残した玩具を組み合わせて作った巨大なインスタレーションもあるそうだが、昨日見たものは、そのインスタレーションを元にしたドローイング。非常に繊細な緑の中をメカニカルな鳥が飛んでいる。

kg-my081115MIYA









出展ギャラリー
hpgrp GALLERY東京(東京)
AAAA(香港)
nca | nichido contemporary art(東京)
ギャラリータグボート(東京)
Gallery2(ソウル)
ギャラリーテラ東京(東京)
モリユウギャラリー(京都・東京)
Y++・ワダファインアーツ(北京・東京)
Aki Gallery(台湾)



tabloid_007 at 20:19|PermalinkComments(0)