浅田家

May 02, 2009

家族が演じる真実の芝居

asada_akaaka

浅田政志 「浅田家 赤々・赤ちゃん」

 

 

 

浅田政志さんの最新写真展に行ってきた。先日のパルコでの展示といい、書籍化→木村伊兵衛賞受賞から勢いがついている感じで嬉しい。

今回は、いよいよ浅田家以外のコンセプトで出張家族撮影のシリーズがはじまった。数ヶ月前に浅田さんから、この撮影で全国津々浦々に出向くのが楽しいといっていた。たくさんの家族があって、たくさんの芝居がある。その撮影のための芝居は本当の家族にしか演じられない芝居であることが写真をみれば明らかである。

AKAAKA/東京都江東区白河2-5-10
2009年4月16日(木)〜5月17日(日)
OPEN 12:00〜20:00 CLOSE 月曜日
AKAAKA tel:03-5620-1475

asada-1asada-2asada-3



tabloid_007 at 19:36|PermalinkComments(0)

April 18, 2009

浅田家へおじゃましま〜す!

ASADA

浅田政志 写真展 『浅田家』 赤々舎

 

 

 

 

木村伊兵衛賞を受賞してからというもの、個展が相次いでいる。渋谷パルコに行って来た。会場はすっかり浅田家が再現されている。桜の下でのコスプレ撮影もできる。玄関もあり、中にはいると思い出写真館のような暗闇の中から大小のパネルが輝くようにあわられる。

PARCO FACTORY パルコファクトリー渋谷パルコ パート1 / 6F
期 間: 2009年4月3日(金)−2009年4月27日(月)※会期中無休
お問合せ: 03-3477-5873(パルコファクトリー)

asad-3asad-2



tabloid_007 at 23:01|PermalinkComments(0)

March 20, 2009

浅田家のコスプレは、家族愛の真実

ASADA浅田家
著者:浅田 政志
販売元:赤々舎
発売日:2008-07-25

 

 

 

 

ソニー・デジタルの携帯サイト「写めコト。」で、2007年9月〜2008年2月に連載されていた浅田政志さんとその一家のコスプレを綴った「浅田家」が、朝日新聞社主催34回木村伊兵衛賞を受賞した!

思えば、最初に浅田さんの写真を知ったのは、2007年はじめに梅佳代さんから聞いたと記憶している。丁度、大阪の北浜で小さな個展があり、お土産にお母様のハンドメイドの一輪花を頂いた。

2007年初夏にオフィスではじめて会った浅田さんは、さわやかな笑顔と刺青の青年だった。「地元の三重県を、家族を愛しているので、それをテーマに撮りたい」といっていたのが印象的だった。

本当に受賞おめでとうございます!



tabloid_007 at 21:50|PermalinkComments(0)

October 31, 2007

家族全部のコスプレが素顔

asada浅田政志写真展『浅田家2007』

 

 

 

 

 

 

昨日、大阪北浜で展示を見てきた。浅田家の父も今月で70歳の古希の誕生日だったようで本当にめでたい!

浅田政志さんの写真をみているとユーモアの奥に潜む家族愛が滲み出てくる。このエキスが堪らないのである。


期間:2007年10月23日(火)〜11月11日(日)(※月休10/29,11/5)
開催時間:13:00〜20:00(土日:〜19:00
主催:オフィスアウラクロス

家族写真。コスプレ写真。シチュエーション写真。
全部まとめて「浅田家ワールド」。浅田家が家族の愛を伝えます。

家族4人での浅田家は今回の新作が見納めに!
また、今まで4人だった浅田姓を名乗るメンバーが来年早々にも1名増えることが決定したことで、この家族4人のスタイルは今回が見納めになる。
幸せな家族を演じているのではない。幸せな家族が演じているのだ。

浅田政志プロフィール=写真家

1979年三重県出身。現在 東京在住。
2000年 日本写真映像専門学校 研究科卒業(大阪市住之江区)

http://www.auracross.net/
http://guildgallery.net/
http://www.mobako.jp/2007/09/info_061d.html



tabloid_007 at 21:40|PermalinkComments(0)

September 16, 2007

浅田家が変身をし続ける理由

ef917c46「浅田家」 (フォトグラファー:浅田政志氏) 

 

 

 

 

ソニー・デジタルの携帯サイト『写めコト。』で連載開始した。初夏に浅田さんと会って、この連載を始めさせていただけることになった。とても、直向で志のある方だった。

写真が好きで、家族が好きで、そして三重県を愛している。数ヶ月に一度家族でいろいろな扮装をして撮影するらしい。

最近の作品はお父さんが主軸の構図が多い。確かに良い味だしている。本来リアルなだけの家族関係が、写真を舞台に架空の設定で演技を始めたとき、家族の結びつきが強まるというのは逆に面白い。

どのコスプレの浅田家も、浅田家ならではのリアル感が滲み出ていて、それが写真の面白さにつながっている。是非ご覧ください。http://shamekoto.mobi/

ASADA2ASADA3

 

 



tabloid_007 at 08:07|PermalinkComments(0)