水野敬也

May 08, 2011

「四つ話のクローバー」(著者 水野 敬也):自分の"幸せ"感は、常に素振りして鍛えなきゃいかんということなのだろう。

IMG_0002-SS四つ話のクローバー
著者:水野 敬也
文響社(2011-04-22)












夢をかなえるゾウ」の著者 水野敬也の新作短編集。"四つ葉"で"よつわ"と読む四つの短編が収められている。

水野さんといえば、古屋雄作さんが脚本を書いたDVD「温厚な上司の怒らせ方」やブログ「ウケる日記」など私は爆笑モノからはいってるので、かえってこういうシリアスなものが受け入れられやすい。ビートたけしが初めて真面目なドラマに出たような感じとでもいおうか...。

さて、それぞれの作品の面白さの解説は今後読む方のためにやめておこう。

水野さんの物語の視点は、人によって成功や幸せの感覚が違うだろう、ということを表現しているかにみえて、実は"幸せ"の最大公約数的が存在するのではないか。それが少しでも共感できたら、他人と幸せを共有するのに便利じゃないか、ということを探っているように思えた。

でも、この物語の背景に存在する"ある共感できる感覚"を共有した他人同士が、これをキッカケに共鳴し合えるかは別問題なのかもしれない。だから、人生難しいし、面白い。つまり、共感した"幸せ"の感覚はすでに他人の感覚で、自分の"幸せ"感は、常に素振りして鍛えなきゃいかんということなのだろう。

あたしゃ、そう思ったよ。



tabloid_007 at 17:54|PermalinkComments(0)

February 17, 2008

200冊の恋愛指南本スパイス入り

LOVE恋愛体育教師 水野愛也の「スパルタ恋愛塾」ディープ編
恋愛の達人・水野愛也が前回のソフト編に続き、ディープ編を発売した。青山学院の前でナンパする時は、「この辺で大きな郵便局ありますか?」と訊ねよ!というのがウケた。つまり、そこから必然的に渋谷駅まで一緒に坂を下りることになるので、チャンスが広がるというわけだ→ 映像はコチラ ←

http://www.aiya69.com/



tabloid_007 at 00:06|PermalinkComments(0)

December 28, 2007

自分って変われへんやん、ちっとも。

a1185701夢をかなえるゾウ

ちょうど、1年前にYOU TUBEで、「温厚な上司の怒らせ方」の1エピソードをみて、大笑い。誰が企画したかわからないまま、ブログに掲載したら、コメントで親切な方が教えてくれた。

そこからは、「一番大切な人の怒らせ方」「スカイフィッシュの捕まえ方~国内編~
」「恋愛体育教師 水野愛也の「スパルタ恋愛塾」ソフト編」立て続けに見て、いよいよ、本書にたどり着いた。

いやあ、すっかり20万部を越すベストセラーになっているから、ガネーシャの力はたいしたもんだ。

ノウハウ本のパロディを書くとシリアスになる、という素晴らしい発想の本。真剣さを避ける若者が、自分自身の生き方をもキャラ化することによって、人生を考えさせる試み、という風情の本である。傑作。http://www.mizunokeiya.com/



tabloid_007 at 15:48|PermalinkComments(0)

September 08, 2007

碑文谷潤教授の微笑返し

ANGRY-1一番大切な人の怒らせ方

DVD「温厚な上司の怒らせ方」のヒットにより続編が製作された。古谷雄作の企画製作による番組である。前回のDVDの出色は下記映像だか、今回は家族の中野誰かを怒らせる、というテーマだ。

孫の女子高生がおばあちゃんを罵り怒らせる方が『頭突き』がウケて。



tabloid_007 at 15:55|PermalinkComments(0)