水木しげる

October 29, 2011

ルポ『福島原発の闇 原発下請け労働者の現実』 (著者:堀江邦夫 イラスト:水木しげる) :退治できずに放置していたコントロール不可能な化け物…それは人間自らなのだろう。

IMG_0002福島原発の闇 原発下請け労働者の現実
著者:堀江 邦夫
イラスト:水木しげる
朝日新聞出版(2011-08-19)










本書は、いまから32年前に「アサヒグラフ」(1979年10月)に掲載された堀江邦夫さんのルポルタージュである。著者は自ら、美浜、福島第一、敦賀原発で下請け労働者として働き、その体験を「原発ジプシー 増補改訂版 ―被曝下請け労働者の記録」として発刊。その執筆中に編集者からその一部を雑誌に発表しないかということで、漫画家 水木しげるも同行し、取材の旅に出た。

そして、現在...2011.3.11以降の日本の原発状況を鑑み、復刻されたわけだ。ここで描かれている過酷、苛烈な労働状況は、報道で漏れ伝わる様子と合致し、実は30年以上にわたって...それは、私が中学2年生で「スターウォーズ」に熱狂したり、「セックスピストルズ」に狂乱していた その時期から同じ状況であったというに過ぎない。

原発の安全神話は、完全に宣伝費や利害関係者への報償で形成されたものであり、私たちは知らされていなかった...。いや、正確にはこうして世に出されていたのもかかわらず、無関心でいたのかもしれない。

堀江氏は、実際には働いている奥地の現場をみていない水木が、これほど精緻に迫力をもってイラストを描いていることに驚嘆している。

このルポは、単に原発の恐ろしさを訴える本ではない。こんな、この世に生きている政治家、企業、人々がコントロール不可能な化け物を退治できずに放置していたことの自らの無責任さを露呈させたものなのである。

脱原発でも反原発でもなく、長期にわたる電力不足を覚悟の上で原発の即時停止を強く求める。

tabloid_007 at 17:02|PermalinkComments(0)

September 17, 2011

漫画「怪奇と風刺作品集」 (復刻名作漫画シリーズ) 著者:水木しげる: 台詞ナシ『サイレント・ショック』(1970年双葉社「現代コミック」掲載)が初の全篇収録

IMG_0009怪奇と風刺作品集(復刻名作漫画シリーズ)
著者:水木しげる
小学館(2011-07-29)











水木しげる大先生の短編集はいくつも読んでいる。それでも、また違う切り口のアンソロジーだと読んでします。

重複作品があっても、知らない(忘れてる?)習作も多い。
今回は、1970年に双葉社「現代コミック」に掲載された『サイレント・ショック』という台詞ナシのアンソロジー9編がはじめて全話収録されている。

赤ちゃんの涙が、妖怪となって大人たちを困らせ、親が改心すると、また子どもの瞳の中に戻ってくる「子供の魂」という作品が印象的だった。不思議な味わいの作品である。

tabloid_007 at 17:59|PermalinkComments(0)

June 26, 2011

【SAVE MIND, 100 CREATION】 100days of 2011.03.14-06.21.

299367342123ーSAVE MIND, 100 CREATION

100days of 2011.03.14-06.21











東日本大震災があった2011年3月11日 (金曜日)の翌週、3月14日(月曜日)から携帯決済を利用した105円募金【SAVE MIND,100 CREATION】 を開始し、6月21日で100日目となった。

クリエイター皆様の素晴らしいエネルギーと創造力により達成することができた。
そして、それに共鳴しご寄付頂いたみなさま、本当にありがとうございました。心よりお礼申し上げます。

震災直後の最初の週末、何の根拠もなく100日間 毎日続けて100人のクリエイターが作品を提供する、という無謀なコンセプトを打ち立てた。
震災が未曾有の規模だっただけに、震災の大きさと反比例して被災地にいない人々の記憶の風化が早いのではないかという懸念もあった。

まずは、3ヶ月ちょっと…まずは100日間頑張ろう!と。そして、出来ればその後も震災復興の目処がつくまで頑張ろうと誓った。
先日、ある会合で福島県相馬市 立谷秀清市長が「本当の復興は、被災者が将来の人生設計をたてられる状態になること。」 と仰ってました。
確かに、壊れた建物や瓦礫は少しずつではありますが復興し続けると信じでいる。


ただ、失われた人、失われた記憶…これらを取り戻すことは難しい。
人は、未来を失わせまいとする気持ちがある。
未来だけは、誰にも奪うことはできない。


だからこそ、この素晴らしい100のクリエイションが一過性のお披露目に終わるのではなく、今後も被災地の方々だけでなく、日本全国、世界中に未来を与える”心の潤い”になると思うのだ。


【SAVE MIND,100 CREATION】にご参加いただいたアーティストの皆様


【イラストレーター/デザイナー】38名
松本隆応/デハラユキノリ/根津孝太/ザリガニワークス/タケヤマノリヤ/JUN OSON/野川いづみ/KijA/上条衿/マシュー正木/甲冑/おかだ萌萌/KTOOONZ/しもかわしょうこ/feebee/Okama/CARNELIAN/m/g/斉藤美奈子ボツフォード/redjuice/POP/森永みるく/9u6o/渡まかな/石垣裕太郎」/西又葵/はみ/NEGI/河野未彩/こなつ/猫柳/花木玲子/mikish/mizuka/MOTHERocK★SHIN/妖/しばざきとしえ/宮地彩※今後配信予定です。


【アーティスト】20名
小町渉/JULIE WATAI/大久保亞夜子/岩田恵治/寺田めぐみ/サイモン・オキシレイ/Ly/SHINJI MURAKAMI /田中芙弥佳/UAMOU/D【di:】/石山奈津美/岡田P子/土屋秋恆/SALOTEZUMO/ハヤマトモエ/2blks/西田シャトナー/渡辺真子/西武アキラ

【ミュージシャン】16名
大島亮子/FROZENSUN(agehah)/田久保由美/ricola+portfolio/しんいちろう/まゆちゃん/Sarah_SYO-ZYU/Saitone/Red Pepper Girls/Buzz/Hiroshi Watanabe/Naohito Uchiyama/ミックイリキ/Birdcage/世良公則/THEE OUT MODS

【漫画家】14名
矢口高雄/藤子不二雄(A)/水木しげる/腹肉ツヤ子/浜田ブリトニー/森田拳次/冬川智子/赤塚不二夫/谷岡ヤスジ/草野魚/松山花子/結賀さとる/ヨシザワ/大久保ニュー

【写真家】4名
青山裕企/山内順仁/たつろう/鈴木杏里

【キャラクター】3名
カミオジャパン(バナ夫・ペタニマル。・くちチャックん)/セントワークス(ボブマーシー)/アイディール(パカラッタ)

【絵本作家】2名
菊田 まりこ/ムライタケシ

【作家】2名
島田佳奈/安藤房子

【アニメーター】2名
文原聡/久里洋二

http://save100.jp/



tabloid_007 at 16:18|PermalinkComments(0)

May 22, 2011

一夜限り! 『原始さん』活弁ライブ開催!原作:水木しげる 活弁:坂本頼光

genshisan_AD_08-01-s_edited22〜一夜限り!〜
漫画『原始さん』活弁ライブ開催!!

原作:水木しげる (1971年発表)
活弁:坂本頼光 (「サ**さん」」

日時:2011年6月17日(金)
19時00分 開場
19時30分 スタート(約1時間)

場所:IID[世田谷ものづくり学校]
東京都世田谷区池尻2-4-5

入場料500円
売上は全額、ソニー・デジタルのチャリティーを通じて被災地へ寄付。【SAVE MIND,100 CREATION


40年の時を経て、水木しげる幻の漫画作品を活弁&生演奏付きで上演する。 この一夜限りのイベントを企画プロデュースしている。

震災前の3月のある日、活動弁士 坂本頼光氏と居酒屋で呑んでたら...本企画が一気に盛り上がった。下記がその時、坂本氏が書き下ろした「原始さん」のラフスケッチ。

IMG_1063












その後、IID(世田谷ものづくり学校)の担当者から4月29日「みどりの日」向けのイベント企画プロデュースの依頼があり、この企画を推進することになったが、311震災で中止になった。(「原始さん」は、強烈な方法でエコキャラとなっているため起用を考えていた)

しかし、よくよく考えてみたら、震災復興のいまこそ、「原始さん」のもってる乱暴なパワーで自然との共生に目覚めるべきではないのか。そう思い始めるともう止まらない。再度、IIDにかけあって、6月17日に実現することになったのだ。

イベントは、この漫画『原始さん』をスライド形式で上映。活動写真弁士・坂本頼光の語りと気鋭の音楽家達の生演奏によって、新たな魂を吹き込まれる予定だ。

せっかくの生演奏だから『原始さん』(1971年・アニメ 20分)以外にも『日の丸太郎・武者修行の巻』(1936年・アニメ6分)や…ご期待のあの作品も上演することにしている。具体的には当日までのお楽しみに...

                                         
◆坂本頼光(活動写真弁士)

東京都出身。

少年時代は漫画家志望で、水木しげる作品に傾倒。ひたすら妖怪の絵ばかり描く日々を送るも、中学二年より映画熱につかれ、やがて活動写真弁士(無声映画の説明者)を志す。

1997年に嵐寛寿郎主演『鞍馬天狗』の説明で初舞台。以降、時代劇作品を中心に、映画館、ライブハウス、神社仏閣等で活弁ライブを行う。これまでの説明作品は『番場の忠太郎・瞼の母』『伊豆の踊子』『国定忠治』『不如帰』『カリガリ博士』『キッド』『のらくろ伍長』他、約50本。

2008年にはJAPAN国際コンテンツフェスティバル特別企画『雄呂血』上映会で弁士を務め、清水靖晃オーケストラと共演。

2010年には米国のエール、スワスモア、コルビー、ハミルトン、インディアナの五大学公演に出演。他、アニメの声優、ナレーションの分野にも活動の幅を広げている。

2005年頃より突然絵心が復活して作り始めた自作活弁アニメ『サザザさん』はシリーズ六作を数え、各所で好評と心配を博している。

注意事項

定員約100名。オーバーの際はご入場いただけない可能性もありますのでご了承ください。



tabloid_007 at 22:00|PermalinkComments(0)

May 15, 2011

水木しげる「ゲゲゲの家計簿」(ビックコミック新連載) :昭和26-41年までの極貧時代の家計簿を基にした究極のコミックエッセイ!

IMG_0004-YGU水木しげる「ゲゲゲの家計簿」(ビックコミック新連載)
発行:小学館













なんと、先週から89歳の水木しげる大先生が連載を開始。
新聞の切り抜きや、昔のメモなどすべて蒐集補完している先生らしく、昭和26-41年までの極貧時代の家計簿が残してあったらしい。

昨年のNHK朝ドラマでも貧乏時代が物語的にも一番ハラハラドキドキで面白かった。
IMG_0006-S













昭和26年という年は、紙芝居をはじめて2年目。昭和41年は「週刊少年マガジン」で『墓場の鬼太郎』をヒットさせた年。つまり、苦労時代の16年間の家計簿という訳だ。

残高「3千円」と時も境港の家族に全額寄付していたり、残高「0」も何度もでてくる代物らしい。

いまだから語れる究極のコミックエッセイだろう。毎週楽しみ!

tabloid_007 at 20:15|PermalinkComments(0)

May 07, 2011

「水木しげる 妖怪大画報」:1960-70年代に描かれた『週刊少年マガジン』の巻頭口絵の世界

gege水木しげる 妖怪大画報
著者:水木 しげる
講談社(2008-05-17)











水木しげる大先生が、「週刊少年マガジン」の巻頭グラビアで描いた1970年前後の稀少な仕事をまとめた本である。もちろん、当時の内田勝編集長と大伴昌司の企画である。「世界はこうしてはじまった!!天地創造」(1966.9)とか「人魚の秘島」(1969.9)とか、いまでもワクワクするようなイラスト満載である。

さて、当時から半世紀が過ぎ、2011年3月11日に東北地方太平洋沖地震が起こった。この未曾有の出来事に対して、ニューヨークタイムズ(日曜版)が水木先生に挿絵の依頼をした。日本では入手困難だが、下記のようなイラストが掲載された。

KPOKPOK












この"手"が絶望的だとして話題になったが、その後いろいろな人にこの絵を見せてどう思うか訊ねて回った。すると不思議なことにこの絵は見る人によって実に様々な感情を想起させることが分かったのだ。

よく見ると波の大きさに対して、"手"が異様に大きいことから、妖精ではないかとか、人がこの"手"を引っ張り上げられるかが試されるとか、さまざまだった。

きっと神様がテストしているのだと思う。


そして、もう一枚。私が企画した【SAVE MIND, 100 CREATION】にも描いて頂いた。

「生きなさい」っていうメッセージ。シンプル。力強い。

P5071365-S













その翌週の「週刊文春」で先生のコメントが掲載されていた。
「生きていれば どうにでもなる。(中略) 自分だけが生き残ったとしても悲観せずに生きるんです。死んだらいかんですよ。」

276540868












なるほど、だから「生きなさい」なんだ。



tabloid_007 at 18:49|PermalinkComments(0)

January 03, 2011

Season's Greetings 2011: 今年も素晴らしいクリエイティブと素敵なアーティストとの出会いがありますように!

SG2011_235x120_027-2












May the New Year turn out to be the happiest and best for you !

中学2年生の時(1978年 14歳)に「スターウォーズ」と出会い、映画の世界を目指した。

そして、ロスにもカンヌにも行った!

ハリウッドビジネスも目の当たりにした。

巡り巡って9年前(2002年 37歳)にネットビジネスをはじめ、日本のコミックに回帰した。

世界のどこにいても素晴らしいクリエイションはあり、素敵なアーティストが存在する。

巨視的にみれば 世の不景気を嘆き、社会を悪く感じることはできる。しかし、それは縄文時代でも江戸時代でも平成でも同じなのかもしれない、と思う。

もっと、楽観的に。もっと、寛容に。もっと、優しく。もっと前向きに。もっと、創造的に。

そういう今年にしたいと思う。

tabloid_007 at 21:28|PermalinkComments(0)

October 03, 2010

コミック 『劇画ヒットラー』 (著者:水木 しげる) : 水木マンガの凄さは妖怪にとどまらず、史実、伝記など広範に及ぶことを知るべきである。

IMG_0001-S劇画ヒットラー
著者:水木 しげる
販売元:実業之日本社
発売日:2003-02










水木しげる先生が、昭和46年(1971年)に「週刊漫画サンデー」で連載した作品。「ゲゲゲの女房」(著者:武良布枝)を発売した同じ出版社 実業之日本社がだしているため、帯の後ろに「ゲゲゲの女房」の宣伝があり、このミスマッチが面白い。

いまや、空前の視聴率を記録した朝のテレビシリーズNHK「ゲゲゲの女房」の前にあっては、水木先生の劇画版ヒットラーを復刻させるのは訳ないことなのかもしれない。それにしても、こういう妖怪モノではなく、史実や伝記にも非常に関心の高かった水木漫画の世界を知るのも悪くないと思う。幼少時代にも読んだが、大人になって読んだ方が良く理解できる漫画だった。おススメ!

tabloid_007 at 10:29|PermalinkComments(0)

August 28, 2010

水木しげる米寿記念「ゲゲゲ展」:10年ほど前 はじめて水木大先生にお会いした時、「あなたのビジネスはフランスでウケる」と変な太鼓判をおされた!まるで点取り占いである。

IMG_0001-S水木しげる米寿記念「ゲゲゲ展」

2010.0811-0823[mon]
松屋銀座 8階大催場










以前、赤塚不二夫先生の展示でも大盛況だった。今年の夏は「ゲゲゲの女房」が話題の水木しげる展。

氏が60年間かけて築いた紙芝居、貸本、少年誌など祖父江慎さんの判りやすく立体的な展示デザインで、会場は妖怪世界に早変わり!

10年ほど前に、はじめて内田勝さんに水木大先生を紹介してもらった時、先生から「あなたのビジネスはフランスでウケる」と変な太鼓判をおされたものだ。

あとで、聞いたら水木先生は合わない人だと、途中で幽霊の如くスッーと居なくなってしまうらしく、誉められたんだから良かったじゃない、と言われ苦笑した記憶がある。

IMG_0002-SRIMG0065-S

tabloid_007 at 23:21|PermalinkComments(0)

August 21, 2010

「フハッ」(鬼太郎珍作品特集)第58号: 『妖怪クリスマス』(1968)の歌詞が凄い!♪お化けの国のクリスマス ケーキを食うのは好きなんだ♪

IMG_0003-jij「フハッ」(鬼太郎珍作品特集)第58号
平成15年12月20日
制作・発行 水木しげる公認ファンクラブ










7年近く前の冊子。稀少本としては、1987年にポプラ社から発売された「ゲゲゲの鬼太郎 ようかいえんそく (ゲゲゲの鬼太郎おばけのくに)」あたりが紹介されている。書下ろし絵本というのも珍しい。

出色は、「ゲゲゲの鬼太郎 妖怪クリスマスソング」(作詞:辻真先 作曲:いずみたく) 歌は、加藤みどり(サザエさん)とハニーナイツの競演。1968年1月3日〜1969年3月30日放映 朝日ソノラマから発売された。

↓下記から聴けます ↓
http://www.nicozon.net/watch/sm9188158

tabloid_007 at 13:59|PermalinkComments(0)

July 23, 2010

雑誌[プリンツ 21] 2010年秋号 〜特集・水木しげる : 妖怪を感じることは人生を豊かにしてくれる!

IMG_0002-sprints (プリンツ) 21 2010年秋号 特集・水木しげる [雑誌]
販売元:プリンツ21
発売日:2010-06-26









数ヶ月前に、螢廛螢鵐21の編集者から連絡があり、この特集のことを知った。以前、楳図かずお先生の特集の時もお世話になったので、その企画の良さ、腕の確かさは実証済みの雑誌だけに楽しみにしていた。ようやく発売である。

以下印象的だった部分の抜粋

みうらじゅん氏
「水木作品は、彼岸のほうに行くかどうかのボタンみたいな存在で、それを一度押しちゃった人間はどっちにも行けるんです。(中略) 水木しげるボタンを一度押していたから、どこにでも行けたんです。人生のドアが全開した感じでした。だから水木先生は、俺の根底をなしている人なんです。」

祖父江慎氏
「妖怪って、正義の味方も悪者も関係ないんです。やらなきゃいけないことがあってその目標に向かうときに、妖怪がいてくれたら、いい具合に邪魔してくれたりする。(中略) 妖怪を感じることは人生を豊かにしてくれます。」

下記は、8月11-23日まで松屋銀座で開催される「ゲゲゲ展」の表4広告。広告も展示も祖父江さんが手掛けている。

geglkkoke













下記は、ソニー・テジタルの表2広告。水木先生のグラフィックはアートにもなる好例。

MizukiShigeru_20100528のコピー

tabloid_007 at 10:15|PermalinkComments(0)

May 01, 2010

水木しげるの遠野物語:山中で不思議な家をみつけたら什器を持ち出せ!

miziji水木しげるの遠野物語 (ビッグ コミックス〔スペシャル〕)
著者:水木 しげる
販売元:小学館
発売日:2010-01-29









水木しげる大先生の最新作。

『遠野物語』は、柳田國男が1910年(明治43年)に僅か350部余り自費出版(聚精堂)された説話集。岩手県遠野町の小説家 佐々木喜善によって語られた遠野盆地〜遠野街道に纏わる民話を、柳田が筆記・編纂し自費出版した。その内容は天狗、河童、座敷童子など妖怪に纏わるものから山人、マヨヒガ、神隠し、死者などに関する怪談、さらには祀られる神様、そして行事など多岐に渡る。『遠野物語』本編は119話である。

今回、水木漫画もきっちりすべて119話をコミック化している。神隠しでいなくなった先祖と会い、何か什器など備品をもらうと金持ちになるという話など昔話の雛型をみつけた感じである。



tabloid_007 at 21:00|PermalinkComments(0)

April 06, 2010

目に見えないものが見える!87歳同士の水木しげると瀬戸内寂聴

IMG_0007-kjuhthe 寂聴 第8号 カドカワムック 62483-25 (カドカワムック 322)
著者:責任:瀬戸内 寂聴
販売元:角川学芸出版
発売日:2010-01-15








瀬戸内寂聴さんが責任編集長の「寂聴」は今回で第8号。特集は「水木しげる -寂聴、水木プロダクションに行く!」ということで、意外にも共に大正11年生まれの87歳で同年。しかも初顔合わせなのである。

目に見えないものの大切さの話になり、水木大先生も「私も子どもの頃、のんのんばあ(近所の老婆で少年の水木に不思議な話を聞かせた)にお化けの話をたくさん聞いて、自然と『目に見えないけれど確かに存在しているもの』を感じて、ある種の畏れを抱くようになりました」と述べている。

tabloid_007 at 19:25|PermalinkComments(0)

March 29, 2010

NHKの朝が変わったのは今日からだったのか!

IMG-smhk連続テレビ小説「ゲゲゲの女房
NHK 毎朝8:00〜












てっきり4月1日からだと思い込んでいた!既に大事な1話目を逃してしまった...。週末にまとめてみれるはずだが、明日からはしっかり予約録画しよう。

さてさてNHKはこのような新聞広告を載せるほど今回の気合は凄いものがある。朝の連ドラもなかなか視聴率が上がらず苦労をしているようだが、水木しげる大先生の奥様である武良布枝さんの原作「ゲゲゲの女房」なら万人受け間違いないだろう。

というのも、の「ゲゲゲの鬼太郎」はこの半世紀で5度アニメ化されている。実写化、映画化をいれるともっと凄い回数になる。つまり、どの世代にとっても「ゲゲゲ」は少年時代の郷愁を誘う作品なのである。この舞台裏が描かれるわけだから興味ない人は少ない。なので、NHKとしても思い切って8時ぴったりからはじめることにしたのだろう。

個人的には、講談社の連載がはじまる辺り、内田勝(当時編集長)さんの登場が楽しみである。スタッフブログはこちら

tabloid_007 at 23:06|PermalinkComments(0)

January 16, 2010

2010年の年賀状デザインのまとめ

a2020 Greetin card 喪黒福造さんより (藤子不二雄(A)先生)












2010年の年賀状も3,000枚以上頂いた。ありがとうごそざいます。今年もよろしくお願いいたします。やっとすべてに目を通すことができた。やはり企業の印刷ものは味気ない。印刷でも、誰か個人が特定できるようなコメント一言でもあれば嬉しいものだ。そういう意味では、ここにあげたアニメ・コミック関係者の賀状は、すべてオリジナル!ということでワタシにとってはプレミアム感があるもので嬉しいカードである。

下 左より、赤塚不二夫さんのフジオプロ、水木しげる大先生の水木プロ、文原聡さんのスタジオ・クロコダイル

akatukamizuki_edited-2crocodile

tabloid_007 at 23:53|PermalinkComments(0)