島田忠幸

October 17, 2010

第一回 取手野外映画祭2010:アートの町の野外映画祭

gyju第一回 取手野外映画祭2010

2010.10.11(sun) 13:00-21:00
主催:取手野外映画祭実行委員会・アート取手
後援:茨城県、取手市、取手アートプロジェクト、取手美術作家展








2ヵ月前ほど、彫刻家の島田忠幸さんから連絡があり、東京藝術大学のある取手を起点に次世代の映像の担い手を育てたいので、審査員として協力して欲しい旨の連絡を頂いた。

審査員のみなさんは下記の通り。

小泉 晋弥(茨城大学教授)/佐藤 時啓(東京藝術大学美術学部教授)/島田忠幸(取手野外映画祭実行委員長、彫刻家)/藤井信吾(取手市長)/松村克弥(映画監督)/で、ワタシ(福田淳)
   
今回の目玉イベントとして30秒から4分の映像作品を広く募集すると言う。全国公募で寄せられた76点の「ショート・ショートフィルム」の中から選ばれた上位10作品が上映された。地元の熱心な方々のご努力もあり、1,000名を超える入場者数があったという。

県学生寮跡地の高台に銀幕を張り、開演前からジャズ演奏やストリートダンスも繰り広げられた。近所の飲食業者による屋台村も大にぎわい。東京芸大の前身・東京美術学校の創立に貢献した岡倉天心の映画制作を目指す松村克弥監督ら審査員によるトークショーもあった。

フィルムコンテストでは、ある夫婦の真夜中の出来事を描いた、京都府宇治市の会社員、七尾一哉さん(33)の短編アニメ「真夜中のこども」が大賞(松村監督賞)を受賞。三日月をモチーフにした大賞トロフィーを制作した実行委員長でもある島田忠幸さんは「短編フィルムの上映会では拍手もわいて大変盛り上がった」と締めくくった。

ワタシは、福田美由紀さんのアニメ「chocolate」が好きだった。 

GTYHU175809526175810489-S



tabloid_007 at 14:17|PermalinkComments(0)

March 14, 2010

島田忠幸作品の空洞を埋めるのは、見る人の創造力なのである。

IMG_0001-S島田忠幸 展「プリニウス 変貌する犬」

2010.0314-0516
渋川市美術館
群馬県渋川市渋川1901-24
0279-25-3215








昨年ひょんなことから知り合った島田忠幸さんの個展が開催されたので行ってきた。

島田作品の犬は、堅固な鎧に身を固めているが実は中身がない。空洞なのである。その空洞を埋めるのは、見る人の創造力なのである。それが空虚とうつるか実像と見えるかが試される。来月4月2日からアートフェア東京のワタシのブースで新作も発表してくれる。楽しみ!

pliusDSCN4384-sDSCN4367-s

tabloid_007 at 13:18|PermalinkComments(0)

December 05, 2009

弱肉強食の金と銀

SHIMADA 島田忠幸 彫刻展「Jerusalem」

2009.11.24-12./6
ギャラリーKINGYO
文京区千駄木2-49-10
050-75737890

 

 

 

千駄木を散策していたら、凄い犬を見つけた。金銀に光る犬たちは精悍で、鋭敏な感じである。

この鉄の犬たちは、島田忠幸さんの彫刻作品である。 金属製の犬の素材はアルミニウムで出来ている。溶接しながら成形。頭部、胴体、脚などいくつものパーツから組み立てられ、甲冑のような出来栄え。1体は、裏側に金箔が施してあり、豪華絢爛。

犬たちは戦いを終え、中には身内にも関わらず殺された犬もいる。戦いの後の高揚と虚無感がギャラリーを覆っている。

最初のモチーフは、8年前にギリシャ神話の中から発見したという。島田さんは、とても明るい方だが、その軽やかな人柄から鋭いアート感覚を発し、戦いの虚無を作り出す。本展はユダヤ教、キリスト教、イスラム教の聖地であるエルサレムの紛争を犬で表現している。

タイトル エルサレム(Jerusalem)・戦いの庭」
素材 アルミニウム・鉄・金箔
サイズ 42屬卜っている作品5体・寝ている作品10体

◇ 島田忠幸 略歴

1946  東京生まれ。
1970年代から「点の集合」としての砂に着目し、素材のもつ多義的な意味を追求した創作活動を続ける。
1990年代からは金属を扱った作品を制作。取手在住作家として「取手アートプロジェクト」発足当初から関わる

GOLDDSCN3173-SDSCN3170-S



tabloid_007 at 14:50|PermalinkComments(0)TrackBack(0)