山口藍

July 03, 2011

『ジパング展 −31人の気鋭作家が切り拓く、現代日本のアートシーン。』:現代日本アート→ 百貨店活性化→ 地方にも伝搬

IMG_0002-sdes『ジパング展 −31人の気鋭作家が切り拓く、現代日本のアートシーン。』

2011年6月1〜20日(月)
日本橋高島屋
中央区日本橋2-4-1
03-3211-4111





同展は、イムラアートギャラリーの井村優三さんが企画。ミヅマアートギャラリーの三潴末雄さんがキュレーションを担当。日本の現代アートを、冒険家マルコ・ポーロが日本を黄金郷であると伝えたエピソードをもとに名付けられている。

もともとの発想は、プライマリー市場が活性化してない日本の現代アートギャラリーは、海外市場を中心に活動してしまう。

一方で高橋コレクション「neoteny japan/ネオテニージャパン」が2009年春に上野で公開されるや大人気となった。コレクターは少なくとも、美術館やへの集客はある国である。

そこへこの不況で百貨店の催事もパッとしない。百貨店の催事は、戦後 小谷正一さんが、阪急・東宝グループの総帥 小林一三にアイデアをだして実現した画期的な仕組みなのである。当時路面より低くみられていたデパートの格をあげるのに、階上にある美術催事と総合レストランは大いに役立ったのだ。

時代を経て、古美術や:ポピュリズムな催事だけでは集客しなくなった。そこへ、今回のような現代美術をもってくることで、百貨店の活性化に繋がるだけではなく、地方にも現代アーをトはじめて紹介することができる。これこそが、長期的には現代コレクターを醸成する良い方法ではないかと思う。素晴らしい企画!

IMG_0006_edited-4IMG_0006-S














20110525_zipangu_v











出品作家:
会田誠/青山悟/池田学/石原七生/上田順平/O JUN/岡本瑛里/風間サチコ/樫木知子/熊澤未来子/鴻池朋子/近藤聡乃/指江昌克/染谷聡/棚田康司/束芋/天明屋尚/南条嘉毅/藤田桃子/町田久美/三瀬夏之介/宮永愛子/森淳一/山口藍/山口晃/山崎史生/山本太郎/山本竜基/吉田朗/龍門藍/渡邊佳織



tabloid_007 at 22:11|PermalinkComments(0)

March 20, 2010

山口藍の「きゅ」は、本当は「きっ」とした視線

IMG_0006山口藍「きゅ」ai yamagichi "kiyu"

2010.0210-0313
ミヅマアートギャラリー
新宿区市谷田町3-13
03-3268-2500









昨年末オープンしたばかりのミズマ新拠点へ天明屋尚展に引き続き、山口藍さんの展示を見に行った。山口さんの作品に登場するマンガ的な少女は、そのエイリアンのような緑色の眼で"きゅ"どころか"きっ"と睨みつけている。

しかし、その強い視線にさらされたワタシは、ある共犯関係に陥る。あまりにも、カラフルなタッチに惚れ惚れする。柔らかいコットンの上からアクリルで描いたシリーズも素敵だった。

数年前に、カルバーシティ(L.A.)のブラム&ポーがあり、そこで展示していた時から山口さんの作品は気になって仕方がなかった。それはあの山口さんのエイリアン目の少女たちの強い視線ゆえだったのかもしれない。

tabloid_007 at 09:05|PermalinkComments(0)

April 11, 2009

春はアートの潤いではじまった

artfair-3

アートフェア東京2009

 

 

 

 

 

先日の101 TOKYOとほぼ同時期に、「アートフェア東京2009」(エグゼクティブ・ディレクター 辛美沙) が、東京国際フォーラムと東京ビルTOKIA ガレリアで開催された。4月2日にファーストチョイス(特別内覧会)があったので行ってきた。

本展は日本最大のアートフェアとして、2005年にスタートした。第3回となった2008年は、国内外の108ギャラリーが出展、来場者は4日間で 43,000 人を記録した。4回目の今回は140以上のギャラリーが出展。101との違いは、古美術・工芸、日本画・洋画など現代アートギャラリー以外の展示もあることだ。しかし、ワタシの関心は現代アートの多いTOKIAにあった。

まず、好きな作家はMIZUMA ART GALLERY山口藍さんの作品。左の「はなすことはこのやまほどに」(2008 acylic , wood 256 x 221 cm)  というサウナのような木のインスタレーション。内側に山口さん特有のアニメ眼のアクリル画がある。

yamagu-2

yamagu

 

 

 

 

 

それと、下記の韓国のギャラリー GALLERY HANGILが紹介していたJUNGPYO HONG氏の作品 "O-zing-eo" 20 x 52 x 6 mixed media 2006 の光沢が美しかった。

ギャラリーショウ中嶋寿挙さんの連作、MASAKOさん作品はどれも素晴らしく想像力をかきたてるものであった。

ika



tabloid_007 at 23:12|PermalinkComments(0)

October 26, 2008

日曜日はダメよ!

yamaguchiran 山口藍 個展 『花は野にあるように』

 

 

 

 

ロスのカルバーシティにあるギャラリー "ROBERTS & TILTON"にて開催されていた5人で構成しているninyuworks(ニニュワークス)の一人 山口藍さんの個展をみにいこうとしたら、日曜日で休館日だった! 観たかった!!



tabloid_007 at 21:33|PermalinkComments(0)