ヤマザキマリ

January 08, 2012

コミック「地球恋愛」(著者ヤマザキ マリ):中高年のもつヌケ、オチ、ミゾが魅力!

ijojouh (7)地球恋愛(1) (KCデラックス)
著者:ヤマザキ マリ
講談社(2011-08-11)











テルマエ・ロマエヤマザキマリさんのオムニバス短編集。

中高年になって経験豊富になっても人間関係、特に男女の関係というのはそう簡単にこなせるものではない。

その微妙なヌケ、オチ、ミゾを突いてくる。しかし、その隙間こそが人間そのものがもっている間合いであり、魅力なのだと思える。深刻ぶらないところに微妙な年輪を感じる作品だった。

tabloid_007 at 18:35|PermalinkComments(0)

October 08, 2011

コミック「PIL」 (著者ヤマザキ マリ):パンクに憧れてガテン系!

IMG_0003-sPIL (オフィスユーコミックス)
著者:ヤマザキ マリ
創美社(2011-08-19)










「テルマエ・ロマエ」で注目されたヤマザキマリの最新単行本。

パンクに憧れ、労働に憧れる坊主頭の美少女高校生 七海と英国帰りの浪費家 お爺ちゃんの話。

著者自身が14歳で欧州一人旅したっていうから、なかなかパンクな生き方しとる。そういう冒険心が伝わる一品。

tabloid_007 at 19:21|PermalinkComments(0)

October 31, 2010

コミック「世界の果てでも漫画描き」(著:ヤマザキ マリ): 旅慣れた作者のルーツは兼高かおる!

IMG_0001世界の果てでも漫画描き 1 キューバ編 (創美社コミックス)
著者:ヤマザキ マリ
創美社(2010-09-24)









テルマエ・ロマエ」のヒットでヤマザキマリさんの作品が一挙に発売されている。本作は、コミックエッセイ。これまで暮らした国の数、30ヶ国以上。ヤマザキマリさんの心の中の兼高かおる(*ワタシの幼少時代の日曜日は、この番組ではじまった)が旅の開始を告げるらしい(笑)

今回は、キューバ編ということで、イタリア在住の作者がキューバへボランティアに行った時の話。貧しくとも愛のある暮らしとはこのことねん!

↓ これが伝説の番組!



tabloid_007 at 21:23|PermalinkComments(0)

May 16, 2010

『モーレツ!イタリア家族』(著:ヤマザキ マリ)=猛烈なイタリア一過に負けてない日本女性の一括

IMG_0006-OKIGYモーレツ!イタリア家族 (ワイドKC)
著者:ヤマザキ マリ
販売元:講談社
発売日:2006-10-13







テルマエ・ロマエ」を読んで、ヤマザキマリさんの他の作品も読みたくなった。実はヤマザキさんは、アートの勉強をするためにイタリアにわたったが、そこで知り合った老紳士の孫と結婚することになった。日本人からみたイタリア人との生活が面白おかしく描かれている。

圧巻は、義理の母や妹を中心としたイタリア人一家が東京見物にくる件である。目いっぱい、体力の続くまで観光に食事にと活躍するのである。この旺盛なエルネギーをなんとするか!



tabloid_007 at 14:20|PermalinkComments(0)

March 07, 2010

古代ローマ人建築技師ルシウスが銭湯の富士山を絶賛する

kodaiテルマエ・ロマエ I (BEAM COMIX)
著者:ヤマザキマリ
販売元:エンターブレイン
発売日:2009-11-26










話題のコミック読んだ。テルマエ・ロマエ(THERMAE ROMAE)とはラテン語で古代ローマに存在した公衆浴場のこと。ヤマザキマリさんが、コミックビーム(エンターブレイン)に不定期連載している。ヤマザキマリさんはイタリア在住の女性漫画家で10年以上フィレンツェで油絵を学んだもののそれだけでは食べていけず、漫画を描き始めたらしい。

古代ローマの建築技師ルシウスが度々、現代日本の風呂(湯治、家庭風呂、銭湯など)へタイムスリップして気高いローマ人の常識を打ち破る話。単行本表紙はローマ彫刻の男が赤い手ぬぐいと銭湯の桶をもっている。

銭湯の富士山の絵、フルーツ牛乳の味に感動するローマ人に日本人の日常の凄さを再発見できるところが本作の醍醐味なのかもしれない。



tabloid_007 at 14:56|PermalinkComments(1)