モニカ・ベルッチ

June 01, 2013

映画【昼下がり、ローマの恋】 (出演 ロバート・デ・ニーロ):一番理屈に合わない人間関係が恋愛ってことなんだよ!

manuale-d-am3re-original昼下がり、ローマの恋 スペシャル・コレクターズ・エディション [DVD]
出演:ロバート・デ・ニーロ、モニカ・ベルッチ
パラマウント ホーム エンタテインメント ジャパン(2012-07-13)








ロバート・デ・ニーロがイタリア映画初出演。

ローマのアパートに暮らす3組の男女の恋模様を描くラブストーリー。心臓の移植手術をしたばかりの元歴史教授エイドリアンは、パリから帰国したアパートの管理人オーグストの娘ビオラと出会う。

年老いた恋のためらいとは、老いることの心配ではなく、自分がこの世から去った後の心配なんだなぁ。そういう自分を超えたところに愛の力点があるところに包容力が必要なんだと思うよ。

それにしても、美女から誘われて浮気したら、本性は気が狂ったストーカーっていうのが、一番ゾゾったきた!w




tabloid_007 at 22:13|PermalinkComments(0)

April 01, 2012

映画【シチリア!シチリア!】(監督 ジュゼッペ・トルナトーレ):淡々と生きた人生がドラマチックに思えること

baariaシチリア!シチリア!スペシャル・エディション [DVD]

監督:ジュゼッペ・トルナトーレ
出演:ランチェスコ・シャンナ
フランチェスコ・シャンナ、マルガレット・マデ、モニカ・ベルッチ
角川書店(2011-06-03)








「ニュー・シネマ・パラダイス」のジュゼッペ・トルナトーレ監督が、父親の人生をベースに、1930年代から80年代にかけての故郷シチリアを舞台にした物語。

1930年代、イタリアはシチリアの町バーリアで貧しい牛飼い一家の次男として生まれたペッピーノ。
幼い頃から父や兄と共に農場や牧場に働きに出て学校に行くことも儘ならなかったが、強い絆で結ばれた家族に囲まれ貧しいながらも楽しい少年時代を送る。第二次世界大戦を経て正義感の強い青年に成長し、政治の世界での成功を夢みて共産党の活動に傾倒するペッピーノは、美しい娘マンニーナと出会い恋に落ちる。

ペッピーノは、いつくもの野望や挫折が延々描かれる。監督は、彼の成功を決して描かない。いつも挫折。だけど家族がいる。その繰り返しを年を重ねるごとに描く。

強い教条主義的なメッセージもない。ただ、我武者羅に考えて働いて生きて...という普通の人間の営みを描く。そこに普通に暮らすことの非凡を見出せばよいのだろうか...



tabloid_007 at 14:30|PermalinkComments(0)

November 19, 2011

映画『ダブルフェイス 秘めた女』 (出演ソフィー・マルソー モニカ・ベルッチ):突然、家の家具の位置が変わってると思ったことがある方は、どーぞ!

affiche-Ne-te-retourne-pas-2008-1affiche-Ne-te-retourne-pas-2008-2ダブルフェイス 秘めた女 [DVD]
出演:ソフィー・マルソー、モニカ・ベルッチ
パラマウント ホーム エンタテインメント ジャパン(2011-11-25)






劇場未公開、ストレートDVD。

なかなか不思議な話である。楳図かずおの短編で「ダリの女」という作品があった。家中にダリの絵が飾ってあり、家の縮尺もところどころ可笑しい。そこに住み始めた女が次第に顔が歪んで、しまいにはダリの絵の女のように歪んだ顔つきになってしまうという話だった。

その物語も、ソフィー・マルソー扮する交通事故で8歳より以前の記憶がない作家志望のジャンヌが、鬱のような気分から次第に家具の位置がおかしいと家族に言い出す。絵も違う気がすると、旦那の顔も見覚えが亡くなっていく。そのうちに、自分の顔も半分だけ別人になってしまうが、でも他人からは普通にみえる。

運転して出かければ、同じところをグルグルでられなくなるし、どう考えても精神的な問題を抱えているとしか思えないのだが、医者はまったく正常という。

この二重人格は、自分だけでなく、夫や旦那にも及ぶところが不可解である。何も事情を知らない視聴者もかなり不安になる。しかも、ホラーでもサスペンスでもないトーンが余計に怖くなる。夜中に診ていて、こちら側もヘンになりそうになった。

結局、後半すっかりモニカ・ベルッチに変身したジャンルは、8歳まで過ごしたイタリアにこの障害の原因を求めて旅立つことになる。

かなり特殊な作品なので、ここまでで興味持った方はどうぞ。モニカ・ベルッチも意味なく脱いでますから 笑



tabloid_007 at 21:02|PermalinkComments(0)