マット・デイモン

October 10, 2011

映画「アジャストメント」(原作 フィリップ・K・ディック): 誰かに調整されない人生、自分で運転する人生。

The-Adjustment-Bureau-5ea79e75アジャストメント [DVD]

監督 ジョージ・ノルフィ
原作 フィリップ・K・ディック
出演:マット・デイモン、エミリー・ブラント
ジェネオン・ユニバーサル(2011-09-16)








「SFマガジン」を熟読した世代にとって フィリップ・K・ディック 原作作品は見逃すわけにいかない。

お話は、フ元バスケットボール選手のデヴィッドは上院議員候補。彼はある日、ダンサーであるエリースと出会う。二人が結ばれるのは時間の問題だったが、翌日デヴィッドは黒ずくめの謎の集団に拉致されてしまう。「運命調整局」と名乗る彼らは、世界の時空と人の運命を自在に操作・調節し、世の中の調和とバランスを監視する組織であった。

The-Adjustment-Bureau-04059a5cThe-Adjustment-Bureau-ae64ee6e














SF映画の定番ネタとして、誰かが人の運命を左右するジャンルがある。タイムスリップものに多い。この時運命が変わる、というヤツだ。今回は、ある大きな神様の代理人のような力をもった黒づくめの人たちが二人を出会わないようにする。二人が出会ってしまうと狂う運命がある、という訳だ。

これは、人の運命を偶然と考えるか必然と考えるかという問題に帰趨する。毎日が何かの選択をせまられている訳で、あの飛行機に乗らなかったら、あの人と会わなかったら、人生はどう変わったか?悪くなったか?良くなったか?

それは誰にもわからない。一寸先は闇なのか、輝かしい光なのか?人は言葉の力で現在や過去を相対化することができる。しかし、いまから1秒先のことは誰にもわからない。

だから、映画では「調整」は他人が行うが、自分の人生では「調整」は自分で行う。そして、その結果を受け入れなければならない。だから、一日一生なのだと思う。



tabloid_007 at 15:55|PermalinkComments(0)

June 27, 2010

映画『インフォーマント!』 監督:スティーヴン・ソダーバーグ:嘘をつき続けるとそれが本当になる

theinformant2_largeインフォーマント!
監督:スティーヴン・ソダーバーグ
出演:マット・デイモン
販売元:ワーナー・ホーム・ビデオ
発売日:2010-05-12









1990年代に実際にあった国際価格カルテル事件を元にした作品であり、事件の舞台となるアーチャー・ダニエルズ・ミッドランド社や日本の「味の素」など、事件に関わった実在の企業や人物が実名で登場する。

企業犯罪の内部告発という社会的な題材であるが、コメディ仕立てで演出されている。

告発したマーク・ウィテカーは、嘘に嘘を重ねる役柄なのだが、一切の感情移入を許さないナルシスト振りで、まったく共感が得られない。むしろ、嘘をつくたびに観客の心が離れていく。あまりにも全編を通じて、良心のかけらもみせないことで、この男の存在が人間のある側面を誇張して表現しているのではないかと考えさせられる。どこまでも嘘をつく。その徹底ぶりに自分の嘘を本当と思うことで、嘘が嘘でなくなるのかもしれないなとさえ考えた。



tabloid_007 at 22:18|PermalinkComments(0)

November 25, 2007

賞味期限切れスパイの復讐

bornボーン・アルティメイタム (出演 マット・デイモン)
記憶を失ったスパイ ジェイソン・ボーンのシリーズ3作目。大ヒットしている。ドキュメンタリー風の手ブレ映像が真に迫る。

この人、徹底的に女っ気ないのも良い。ひたすら、目的のために頭と体を使う。悩みながらも基礎訓練が生きてしまうプロのスパイ。007とは対極に、シャンパンもジョークなど、そんな余裕ない。http://www.bourne-ultimatum.jp/



tabloid_007 at 12:04|PermalinkComments(0)