ソニーデジタル

September 23, 2011

MASAKO 【HEADLESS】 世界初!iPadアプリ生まれの展覧会。

masako-MASAKO EXHIBITION
HEADLESS
- someone who could be you -

2011.10.04[tue]
-10.10[mon]
* Preview party 10.07[fri]

IID世田谷ものづくり学校  世田谷区池尻2丁目4-5
03-5481-9011







数ヶ月前にギャラリー・ショウの方と雑談しているうちに出来上がった企画を紹介したい。

わたしが大好きな現代アーティストMASAKOの作品集を作って、海外にもアピールできるようにしようと考えた。しかし、昨今の出版不況で新人アーティストの書籍化は難しい。そこで、iPadやタブレット型デバイス向けに無料のアプリを制作して世界中に配信したらどうだろう?ということになった。

しかし、MASAKOの世界観を単にデジタル化しただけで通じるかどうか、ということが議論になった。MASAKOは、まったくデジタルでアート作品を作ったことがなかったが、自分なりにデジタル表現の可能性について探ってみたいという。

さっそく、ソニー・デジタルの技術者を交えた打ち合わせが絶え間なく行われることになった。その結果、今までの作品集を見せるだけでなく、iPadでしか味わえない独自のデジタル作品も作り上げることになったのだ。そこには、紙の本のページめくる概念がまったくなくなり、縦横無尽にMASAKOの世界が広がっている。

現在、アップル申請中なので10月初旬には、またご案内できると思う。それにしても、MASAKOは、この新しいデジタル作品【HEADLESS】を作るのに、一切のデジタル要素を使わなかった。シナリオ(動きや音の指示)や原画もすべて、手書きのドローイングをベースにした。


左下:アプリ絵コンテ   右下:展示のパース

IMG_0689IMG_0688













この【HEADLESS】という作品は、単に絵画のデジタル化ではなく、かといって電子書籍でもゲームでもない。まったく新しい「デジタルアート」とでも呼ぶべきと思う。

さて次に、アナログからデジタルという世の中の動きを逆にして、このデジタル・アプリのために制作されたアナログ原画を、今度はギャラリーで展示してみたら面白いのではないかと考えた。

その展示が、アプリの発売記念ということで上記の通り開催される。10月7日(金曜日)19-21時に開催される内覧会は、どなたでも自由にご覧いただけるので、是非お越しいただければと思う。

MASAKOの絵を楳図かずお先生に見ていただいたら、下記のような素敵なコメントをいただいた。本当に、先生の一瞬で美を見抜く鋭さには、改めて脱帽...。


"あの世"が"この世"に重なって、静かに怖い 柔らかな絵



masako_icon_jpg-thumb-160x160【iPadアプリ概要】

展覧会と同名タイトルのiPadアプリ「HEADLESS」は10月上旬リリース予定。
無料
(画集は無料、デジタル作品【CORE】部分は350円を予定)
※iPhone、Android版も随時リリース予定
詳しくは http://headless.jp/  まで!



tabloid_007 at 13:57|PermalinkComments(0)

September 17, 2011

【天才バカボン キャラ図鑑なのだ!】100体すべてデコメ化に連動したPCサイト・オープン!

baka100top【天才バカボン キャラ図鑑なのだ!】
〜全部デコメにするのだ!〜PCサイトもオープンなのだ!









天才バカボンのキャラに詳しくなれるサイトがオープン!

携帯サイト【キャラマックス】で始まったバカボンキャラを100体すべてデコメ化するバカ企画に連動したPCサイトもオープン。

「目ン玉つながりのおまわりさんの本名」や「レレレのおじさんの家族構成」など、トリヴィアネタも披露。

知っていてもどうにもならない知識を学んでバカになるといいのだ!
しかも、バカビアはTwitterで共有できてしまうのだ!わしには仕組みはよくわからんが、すごいのだ!
「天才バカボン キャラ図鑑なのだ!〜全部デコメにするのだ!〜」をよろしくお願いしますのだ!これでいいのだ!

PCサイトは下記!
http://baka100.jp
 
携帯デコメは、下記からダウンロード!
http://dkko.jp


1ついでに、GREEのデコメサイトもオープン!
無料デコメ多数!








http://gree.jp/44139465

調子にのってCMもうってみたのだ!

P1010127














どうが視聴は下記から!
http://gree.jp/44139465/photo/entry/509574996



tabloid_007 at 23:10|PermalinkComments(0)

February 06, 2011

天才生誕75周年記念 楳図かずお恐怖マンガ展『楳怖―うめこわ―』:日本一早いお誕生日会!

IMG_0004-S天才生誕75周年記念
楳図かずお恐怖マンガ展『楳怖―うめこわ―』

2011年1月21日(金)~2月14日(月)
渋谷パルコファクトリー(渋谷パルコ パート1 6F)









楳図かずお先生の生誕75周年記念展示に行ってきた。

2011年9月に75歳を迎える楳図先生の「日本一早いお誕生日会」として企画された。

来場者が懐中電灯で会場を照らしながら楳図ワールドを堪能できる。
会期中の土曜日に楳図本人が会場に潜伏するサプライズイベントも予定されているらしい。

下記左の絵は、『UMEZZ fes '08 9.14 Sunday』 のセットで使用させてもらった肖像画である。懐かしい!右は、会場の一角でソックリに真似してみたら怖いくらいに似てた!(笑)

230043205IMG_1652_edited-1



tabloid_007 at 16:04|PermalinkComments(0)

December 05, 2010

楳図かずお 画業55周年記念「半魚人」:少女フレンド/少年マガジン オリジナル版がついに発売!

IMG_0008-SKPO楳図かずお画業55th記念『半魚人』 (講談社漫画文庫 少女フレンド/少年マガジンオリジナル版作品)
著者:楳図 かずお
講談社(2010-10-08)










楳図かずお先生の画業55周年記念というから、たいへんなことである。もう何度読んでも、半漁人も紅グモも怖い。その怖さは、怪物のでる怖さではなく、身近な兄が少しずつ生魚を食べ始めるあたりからジワジワくる。そういう日常の延長で怪物になっていく悲劇と怖さがある。知らない人が怪獣としているのではなく、知ってる人が徐々に怪物になるのだ。しかもどこか無かとの面影を秘めて...。

いまも昔もホラーは女性が好みということがわかる。こんな恐ろしい漫画が「週刊少年マガジン」だけでなくも「少女フレンジ」にも連載されていたのだから。

「半魚人」は、ユニバーサル映画の版権があり、なかなか本作の復刻は難しかったと推察する。しかし、この楳図オリジナルの力強いタッチをみたら、そんなことは杞憂であることがわかる。

実は、本作が楳図かずお先生の「週刊少年マガジン」デビュー作なのである。楳図先生といえば、小学館のイメージがあるが、この連載がはじまった1965年に三代目編集長に就任した内田勝さんにとっても楳図作品の魅力は水木しげる作品と双璧をなす存在だったのだろう。だからその後、マガジンの巻頭グラビアで大伴昌司氏の企画に楳図先生も何度かイラストが起用されている。

tabloid_007 at 18:41|PermalinkComments(0)

November 07, 2010

大橋裕之の新連載「シティライツ」までの数奇な運命!

untitledモーニング・ツー」39号 
2010年12月2日号 講談社












大橋裕之が『モーニング・ツー』39号(講談社)」で新連載「シティライツ」がはじまった!しかも表紙を飾ってる。しかも、裏表紙まで連続している!

ワタシは2008年の夏、楳図かずお先生との打ち合わせと食事が終わり、深夜の吉祥寺をふらふらしていた。その時、商店街の奥地で「バサラブックス」という古本&自費出版のユニークな本屋を発見。その時に、「週刊オオハシ」という大橋裕之の壮大な手作りのシリーズ漫画と運命的に出会う

その後、この天才とスグに連絡をとり、吉祥寺「ルノアール」で会うことになる。そこで、依頼した携帯オリジナル作品が『特殊能力なOLたち』(2009年9月)なのである。今回の「シティライツ」に見られる超能力モノはここでも健在である。

そして、苦節数年を経て、ようやくメジャー誌デビューである。嬉しい気持ちもあると同時に、ネットでの連載開始がワタシにとってのメジャーデビューという自負もある。今後の活躍に期待!

tabloid_007 at 21:20|PermalinkComments(0)

Art-Zine [くるくるくる] (著者:桂典子) : 生き物の転生輪廻をミニマルに描いている [シルクスクリーン制作 500限定]

9784905124016くるくるくる [シルクスクリーン制作 500部限定]
著者:桂典子
株式会社ソニー・デジタル エンタテインメント・サービス(2010-10-15)









昨年2009年の5月に佃にあるGallery art compositionで桂典子さんの個展『Le Carnaval de ces Enfants このこたちのカルナヴァル』をみて好きになった。グロテスクな中に少年のような自然に対する好奇心が垣間見える。

その後、昨年末の武蔵野美術大学での文化祭の展示など、いくつかの作品をみるうちに、桂さんの作品が持っている強い"物語性"に気が付いた。

そこで、ワタシが発行人となっている[S-des GALLERY]zineシリーズの一冊として全編シルクスクリーン制作のアート本を発売することにした。

それがこの「くるくるくる」なのである。生き物の転生輪廻をミニマルに描いている。是非、ご一読を! 購入はAmazonまで → ココ

p28p25p23



tabloid_007 at 18:42|PermalinkComments(0)

October 16, 2010

[土屋 秋恆 現代水墨画集]〜The Moment of Life 2000-2010〜: iPhone/iPad版発売!

mzl_ucfqtcas_480x480-75iPhone/iPad [ 土屋 秋恆 現代水墨画集 ]
Shukou Tsuchiya 〜The Moment of Life 2000-2010〜










土屋秋恆氏とは、2010年の春のART FAIR TOKYO以来の付き合いである。7月に彼のアトリエで雑談していた時に、土屋のアートが日本古来の伝統的な水墨から現代アートになったのではないと気がついた。水墨の自由闊達な精神を正確に守ろうとすると、それは水墨だけの表現に留まらない、むしろそう考える方が自然ではないかと気づいたのだ。

1974年生まれの土屋は、幼少期に親戚が経営する下呂温泉(岐阜)の旅館で、至る所に水墨画が掛かっていたことに影響を受け自分でも描きたくなった。
18歳(1992年)で水墨画を始めると、2年という異例の早さで南北墨画会師範となる(1994年)。それからの10年近くは、 伝統のモティーフをしっかり守った水墨を描いた。

30歳近くなり、水墨で生計がたてられるようになると、今度はこのまま同じような表現を続けていて良いのか悩むようになったという。その相克から、水墨にマーカー(マジック)で加筆したり、英語フォントをいれたグラフィティ的な要素など実験的な試みを始めた。しかし、それは人に見せるためのものではなく、あくまで次の自分の見出すための試練だったという。

マーカーや蛍光アクリルなど現代的な画材を古典技法と合わせ、電線やビル群、都会のカラスなど題材もダイナミックに広げていった。そのスタイルは若者を中心に少しずつ支持を広げた。

そして今では、SONY、NIKE、CHIRISTIAN DIOR、TOMMY HILFIGER、LEXUS、VISA、NOKIAなど世界的ブランドのVIPパーティーで、ライブパフォーマンスを展開するほどの評価を得ている。

土屋曰く「水墨画の歴史をみても、先人たちはみんな変なことをやっている。伊藤若冲なんか野菜で仏涅槃図を描いたりしているでしょう。新しい世界にチャレンジしないのは、画家 としてむしろ不自然だと思うようになった。」

そして今回、土屋秋恆の画集を出すにあたり、単に紙の画集を数千部だすのではなく、今もっとも注目されているメディア[iPad/ iPad] (近い将来アンドロイドなども含め)で世界に向けて発売しようと考えた。それから、たった2ヵ月で発売に漕ぎつけることが出来た。土屋とソニー・デジタルの優秀な技術陣との作業は昼夜を問わず行われた。最高の作品に最高のアプリ開発。世界中の誰もが簡単に土屋秋恆の作品に触れることが出来、かつその実作品はネットで購入することができる。電子画集は、画集を飛び出してリアルと繋がる構造をもたせたのだ。

本電子画集は、土屋の新しい表現の起点となった2000年から2010年まで10年間の代表作 約100点を余すところなく収蔵している。紹介作品点数の多さも他に類をみないものと自負している。

IMG_0031shuko












APP store

iPhone版 230円
http://itunes.apple.com/jp/app/id394072254?mt=8

iPad版 350円/
http://itunes.apple.com/jp/app/id388946706?mt=8


mzl_csfkkumi_480x480-75mzl_jrphbzbl_480x480-75mzl_nbyggmhb_480x480-75



tabloid_007 at 13:15|PermalinkComments(0)

August 28, 2010

『楳図かずお恐怖マンガ展』と『楳図ライブ』に行ってきたのらぁ!

-S楳図かずお恐怖マンガ展

2010.0731-0815
HEP HALL 8F
大阪市北区角田町5-15
06-6366-3636








8月15日に楳図かずおデビュー55周年記念の『楳図ライブ』が[CHELSEA MARKET]で行われたので、ついでに展示もみつつ参加した!

みうらじゅんさんとの初対談もあり、その中で数年前に誕生日ギフトしたTシャツを探したがない!とみうらさんから指摘されていた(苦笑)

ライブは、「キャッ!!プス」というギターとドラム編成で行われた。やはり「グワシ!まことちゃん音頭」は気持ちがアガるわい。


IMG_0004-SIMG_0005-SOKOKRIMG0184-s

tabloid_007 at 22:50|PermalinkComments(0)

August 05, 2010

『SCHOOLGIRL COMPLEX』 (写真:青山 裕企) :女子高生の足がニョキっと高架のコンクリから垂直にでている衝撃!

OJKIJ0001-Sスクールガール・コンプレックス SCHOOLGIRL COMPLEX
著者:青山 裕企
販売元:イースト・プレス
発売日:2010-07-08







2010年2月に空跳ぶサラリーマン「ソラリーマン―働くって何なんだ?!」を上辞したばかりの写真家 青山裕企さんの新刊。

これは、"UNDER COVER"という2007年にキャノン写真新世紀優秀賞を取ったシリーズの書籍化である。つまり、このコンセプトの方が先にあったわけだ。

最初に見た時、女子高生の足がニョキっと高架のコンクリから垂直にでている写真をみて衝撃を受けた。

さて、青山さんとはその後もお仕事ご一緒させてもらっているが(実は、2008年5月13日に大阪御堂筋のMAGというアートイベントに合わせて心斎橋で個展を主催したことがある)、今夏も新しいコンセプトの仕事を一緒にしたいと考えている。

tabloid_007 at 22:23|PermalinkComments(0)

April 06, 2010

雑誌「art_icle」取材:ケータイ世代へアートのある暮らしを提案したい

IMG_0004-sアート雑誌 『art_icle』 2010.4












本号は、「アートフェア東京」特集ということで巻頭にワタシのインタビュー(「ネット世代に、アートに親しめるようなライフスタイルを提供したい」page.9)が掲載されている。アートビジネスに対する自分の考え方がとてもよくまとまっている。

フリーペーパーなので、美術館やお近くのギャラリーで入手できる。詳しい配布先は ココ。是非ご一読を!

IMG_0005-se

tabloid_007 at 10:30|PermalinkComments(0)

アートフェア東京2010 :[S-des GALLERY] まとめ

IMG-2-1-S-des GALLERY collection
[2010 Spring / Summer]
* 今月末には、アマゾンや書店などで購入可能。詳しくは、ホームページまで











第5回目となる日本最大のアートフェア東京2010に [S-des GALLERY] (エスデス・ギャラリー)として初参加させてもらったので、ブース内容を紹介しておきたい。出展の意図については、S-des GALLERYホームページや雑誌「ギャラリー」(2010.3)、フリペ「arti_cle」をご一読して頂けるとありがたい。

DSCN4726-09532DSCN4684-s












まず、国際フォーラムの地下ブースに降りると、土屋秋恆の水墨画[Skull Butterfly] が出迎えてくれる。スカルは不気味なものではなく、守り神なのである。

下中=ブースの中にはいると、フィギュアイラストレーターのコミックをベースとした[ゾンビこども]たちが異彩を放っている。家庭内暴力で殺された子どもたちが大人に復讐する話なのである。一見、残酷な絵柄だがその豊かな色彩は浄瑠璃の色使いを彷彿とさせる(携帯コミック配信時に、内田勝(故人)がデハラ作品をみてそう喝破した)

下右=大久保亞夜子の日本を再起動し元気をだそうという[Melos]の日の丸のレッドが神々しい。オリンピックでの日本人選手の活躍からインスパイアされたらしい。

DSCN4729-098DSCN4731_edited-2DSCN47320987










下左=彫刻家の島田忠幸の内側に金箔を施したアルミ犬[Jerusalm]がドーンと待ち構えている。これは、犬に見えるがヒトでもある。ヒトは自分に鎧を着せ殺戮を繰り返す。だから、鎧の外側だけ提示することで自分たちの内面を再度見つめなおすことを問うている。

下中=土屋秋恆の御軸[Fluorescence Animals, Peace, Fuji]が伝統と現代を交差させる。水墨に都市の象徴であるカラスが蛍光ピンクのアクリルで加筆されている。

下右=Tomoe Hayamaの伊藤若冲とドラゴンボールの世界を融合させた[FRONT](注:写真は販売済みのため違う作品に差し替え)がポップな楽しさを魅せてくれる。Tomoeは、田宮のプラモデルのシールをイメージしたカッティングシートをキャンバスに重ねて貼っていく。貼ることが描くことなのだ。

DSCN47390oijhyDSCN4737-pokiunjDSCN4736-0dke










下左=小町渉の強烈なパンク作品群。すべて色味の違うシルクスクリーンやポルノグラフィを利用したコラージュなど平面作品であるにも関わらず、ギターやドラムのパンキッシュな雰囲気を醸し出している。

下中=高橋治希の陶器の花の簾は実に繊細な作品[Tokyo vine -waterfall-]である。花や枝ぶりなどすべてのエレメントは、多治見焼で3週間かけて焼かれたものである。花の中には東京の風景が描かれている。

そして、最後は会場の通路側にあるtwitter's birdの鳥をデザインしたサイモンオ・キシレイが初めて手掛けるシルクスクリーン[bird on a bunch]が話題になった。本作品はすべて完売。

DSCN473509ijuDSCN4741-pol_edited-1DSCN4740










8人の素晴らしいアーティストの参加で緒戦を大成功に終わらせることができた。次回は、香港、シンガポールを目指して準備をはじめる。

tabloid_007 at 09:44|PermalinkComments(0)

April 05, 2010

アートフェア東京2010 : My Favorite Art Work !

IMGアートフェア東京2010 公式カタログ













 昨日、終幕したアートフェア東京2010でのワタシのお気に入りアート作品を少し記しておきたい。

ヤン・ファーブル(『ファーブル昆虫記』のファーブルの曾孫)のガラス作品[BERENGO COLLECTION]が美しかった。

DSCN4721-S_edited-1












浅田暢夫『海のある場所』(The Third Gallery Aya)は、陸から海をみているのではなく、海に住んでる生物が郷愁をもって海を見ている感じが良い。

a_place_02










蔵本秀彦『Cotton09-02』(gallery ARTE)
FRPに鉄粉と酸で仕上げている。石のような丸みに金が映える。

DSCN4722-S












東恩納裕一氏のシャンデリア作品。コムデギャルソンの青山本店のディスプレイでお馴染み。蛍光灯が日本的でない。

名称未設定 1











さて、最終日に「ザ・ペニンシュラ東京」で開催された"ベーコン・プライズ2010"(A.R.T. Collection ディレクターのジョニー・ウォーカー氏によって2008年に創設された若手アーティストを対象とした賞。ウォーカー氏の亡くなった愛犬ベーコンを偲んで、国籍に関係なく、日本で作品を発表した先進的で優れたアーティストに贈られる)

DSCN4750-S








会場にて、主宰者ジョニー・ウォーカーさんと。一昨年の第一回目パーティ以来である。


3回目となる本賞は、AFT2010に出展する全ての40歳以下のアーティストを対象に審査が行われる。フランス大使館文化アタッシェのエレーヌ・ケルマシュター氏、インディペンデント・キュレーターの窪田研二氏、A.R.T. Collectionキュレーターのジョニー・ウォーカー氏、アートフェア東京エグゼクティブ・ディレクターの辛美沙の4名が審査員。今年は、田中圭介氏の作品(山本現代)が受賞。



tabloid_007 at 23:44|PermalinkComments(0)

March 14, 2010

島田忠幸作品の空洞を埋めるのは、見る人の創造力なのである。

IMG_0001-S島田忠幸 展「プリニウス 変貌する犬」

2010.0314-0516
渋川市美術館
群馬県渋川市渋川1901-24
0279-25-3215








昨年ひょんなことから知り合った島田忠幸さんの個展が開催されたので行ってきた。

島田作品の犬は、堅固な鎧に身を固めているが実は中身がない。空洞なのである。その空洞を埋めるのは、見る人の創造力なのである。それが空虚とうつるか実像と見えるかが試される。来月4月2日からアートフェア東京のワタシのブースで新作も発表してくれる。楽しみ!

pliusDSCN4384-sDSCN4367-s

tabloid_007 at 13:18|PermalinkComments(0)

March 07, 2010

アートフェア東京2010 [S-des GALLERY] 関連インタビュー

IMG_0004-SSDEギャラリー 2010 Vol.3
販売元:ギャラリーステーション











25年の歴史を誇るアート雑誌「ギャラリー」の本号は2010年4月2日からはじまる日本最大のアートイベン「アートフェア東京2010」の特集号である。

ワタシも現在猛烈な勢いで出展の準備をしている。編集発行人である本多隆彦さんがワタシの活動を面白がってくれインタビューしてくれた。いまのワタシの考えを的確にまとめて頂き大感謝である!

みなさん、絶対読んでみてくださいね!

IMG_0001-S[ S-des GALLERY ] 出展概要 (S03)

アートフェア東京2010
2010.04.02[Fri]-4[Sun] 11-21
東京国際フォーラム
東京都千代田区丸の内3丁目5番1号








参加アーティスト (順不同)

土屋秋恆 (SHUKOU TSUCHIYA)
小町渉 (WATARU KOMACHI)
デハラユキノリ (YUKINORI DEHARA)
大久保亞夜子 (AYAKO OKUBO)
高橋治希 (HARUKI TAKAHASHI)
HAYAMA TOMOE (TOMOE HAYAMA)
島田忠幸 (TADAYUKI SHIMADA)



tabloid_007 at 16:19|PermalinkComments(0)

浜田ブリトニー:貯金も大事スけど、場面場面で使わなきゃスよ。生きてるっつーことは

hamada_06-S携帯サイト「ヒトコト」(P&G提供:無料)
浜田ブリトニーのアゲライフでヨロ! 」連載開始
 






buriQR03


http://hitokoto.mobi/

浜田ブリトニーは、人のエルネギーを吸い取る女である。その吸い取ったエルネギーは漫画作品のみならず、生き方にも発散している。発散された人は、以前にも増してエネルギーをもらえるのである!


IMG_8565-sIMG_8548-s












以下、コーナー紹介より抜粋。

ギャル漫画家・浜田ブリトニーさんに直撃インタビュー! 
読めば元気100倍!
ギャルパワー注入で悩みなんかぶっ飛ばせ〜!
初めての渋谷から、プレイメイト秘話まで大暴露!!!

インタビュー中も終始パワフルで
超ハイテンションなブリちゃん。
予定時間がオーバーしてしまうほど盛り上がっちゃいました。

ココだけの話、
カメラマンさんとブリちゃんの相性が良かったのか、
アイドルみたいな秘蔵ショットも!
こんなブリちゃん見たことない!?

ギャル語デコメも無料配信中っス。ヨロ〜!!

浜田ブリトニーのアゲライフでヨロ!』 携帯のみの配信URL



tabloid_007 at 15:44|PermalinkComments(0)