ギャラリー・ショウ

June 06, 2010

MASAKO - every day : 孤独は人にとってデフォルトなのである

MASAKO












MASAKO - every day
TWS - Emerging135
2010.June 5[sat] - 27[sun]
Tokyo Wonder Site
文京区本郷2-4-16
03-5689-5331

ギャラリー・ショウに所属するMASAKOの展覧会が開催されたので、早速オープニングに行ってきた。アーティスト・トークの最中に着いたのだが、どうにもお話よりも作品を見たかった。この独特のテイスト!

人はいつの頃からか、孤独であることがマイナスであるかのように捉えるが、孤独は人にとってデフォルトなのである。通信や放送がこんなに発達しなければ、夜は暗いしネットはないし、賑やかしのテレビもないのである。待ち人は来ないし、すれ違うし、見つけられない。これがデフォルトだったのだ。そういう文明の最先端に生きていて、MASAKOの作品を見ると、そこには本来の孤独な人間がぬっと立ち尽くしている。冷たいようでいて懐かしいような感覚は、人間本来の感覚を取り戻している証左なのかもしれない。MASAKOの作品は、人を本来のヒトへ解凍してくれるのだ。癒しなどという安易な感覚ではなく、効きすぎた冷房の部屋から血の通った自然の外へ連れださせるそれなのである。

MASAKOの描く"赤"は、そういう生きている赤なのかもしれない。

IMG_8637

tabloid_007 at 15:53|PermalinkComments(0)

November 11, 2008

ぼんやりとした暗い活力の家族

masako2MASAKO 個展 『MY WAY

 

 

 

 

 

日本橋にあるGALERIE SHOで11月15日まで開催しているMASAKOさんの展示会に行ってきた。以前にもブログで取上げたが、101 TOKYOでその存在を知り、個展として作品を観るのは初めてである。

独特のダークな雰囲気。狂気かと思えば日常。日常と思えば暗黒、という何ともいえない暗い活力とでもいうのかヘンに突き抜けた明るささえ持っている作品の数々。展示会の後半だったためか結構売約済みの作品が多く、小型作品しか残っていなかった。

今後に期待のアーティストである。



tabloid_007 at 23:31|PermalinkComments(0)