アートフェア東京

March 23, 2013

Art Fair Tokyo 2013;Japan's largest art fair event.

20130321_419087アートフェア東京 2013

2013年03月22日 〜24日
東京国際フォーラム地下2階
千代田区丸の内3丁目5番1号
03-5221-9000






今年で8回目。
プレビューに行ってきた。

国内外140以上のギャラリーなどが集結し、古美術、工芸品から日本画、洋画、現代美術まで、時代とジャンルを超えた作品が一堂に会す。

辛美沙さんがディレクターでなくなってから、現代アートギャラリーが少なくなったような気がする。一方で同時期に開催される[G-tokyo2013]の方が内容が濃いね。

それでも、好みのアーティスト作品はたくさんあった。

なんといっても、久谷焼窯元 六代目 上出惠悟のキッチュな陶器!
これ、お菓子入れ!

写真 2013-03-20 19 32 47















写真 2013-03-20 19 33 38














それと、[GALLERY TARGET] の品揃えは全部良かった。

テリー・リチャードソンピーター・サザーランドマグドロン
下記は、テリーさんのお母様が入院していた時の見舞いの花をスタジオに持って帰って撮ったらしい色味がテリーらしい。

写真 2013-03-22 8 01 48















[Takashi Somemiya Gallery]のHAYAMA TOMOEのカッティングシートを貼ったカラフルな力作も見ごたえあった。

写真 2013-03-20 19 15 55



tabloid_007 at 23:27|PermalinkComments(0)

April 06, 2010

雑誌「art_icle」取材:ケータイ世代へアートのある暮らしを提案したい

IMG_0004-sアート雑誌 『art_icle』 2010.4












本号は、「アートフェア東京」特集ということで巻頭にワタシのインタビュー(「ネット世代に、アートに親しめるようなライフスタイルを提供したい」page.9)が掲載されている。アートビジネスに対する自分の考え方がとてもよくまとまっている。

フリーペーパーなので、美術館やお近くのギャラリーで入手できる。詳しい配布先は ココ。是非ご一読を!

IMG_0005-se

tabloid_007 at 10:30|PermalinkComments(0)

アートフェア東京2010 :[S-des GALLERY] まとめ

IMG-2-1-S-des GALLERY collection
[2010 Spring / Summer]
* 今月末には、アマゾンや書店などで購入可能。詳しくは、ホームページまで











第5回目となる日本最大のアートフェア東京2010に [S-des GALLERY] (エスデス・ギャラリー)として初参加させてもらったので、ブース内容を紹介しておきたい。出展の意図については、S-des GALLERYホームページや雑誌「ギャラリー」(2010.3)、フリペ「arti_cle」をご一読して頂けるとありがたい。

DSCN4726-09532DSCN4684-s












まず、国際フォーラムの地下ブースに降りると、土屋秋恆の水墨画[Skull Butterfly] が出迎えてくれる。スカルは不気味なものではなく、守り神なのである。

下中=ブースの中にはいると、フィギュアイラストレーターのコミックをベースとした[ゾンビこども]たちが異彩を放っている。家庭内暴力で殺された子どもたちが大人に復讐する話なのである。一見、残酷な絵柄だがその豊かな色彩は浄瑠璃の色使いを彷彿とさせる(携帯コミック配信時に、内田勝(故人)がデハラ作品をみてそう喝破した)

下右=大久保亞夜子の日本を再起動し元気をだそうという[Melos]の日の丸のレッドが神々しい。オリンピックでの日本人選手の活躍からインスパイアされたらしい。

DSCN4729-098DSCN4731_edited-2DSCN47320987










下左=彫刻家の島田忠幸の内側に金箔を施したアルミ犬[Jerusalm]がドーンと待ち構えている。これは、犬に見えるがヒトでもある。ヒトは自分に鎧を着せ殺戮を繰り返す。だから、鎧の外側だけ提示することで自分たちの内面を再度見つめなおすことを問うている。

下中=土屋秋恆の御軸[Fluorescence Animals, Peace, Fuji]が伝統と現代を交差させる。水墨に都市の象徴であるカラスが蛍光ピンクのアクリルで加筆されている。

下右=Tomoe Hayamaの伊藤若冲とドラゴンボールの世界を融合させた[FRONT](注:写真は販売済みのため違う作品に差し替え)がポップな楽しさを魅せてくれる。Tomoeは、田宮のプラモデルのシールをイメージしたカッティングシートをキャンバスに重ねて貼っていく。貼ることが描くことなのだ。

DSCN47390oijhyDSCN4737-pokiunjDSCN4736-0dke










下左=小町渉の強烈なパンク作品群。すべて色味の違うシルクスクリーンやポルノグラフィを利用したコラージュなど平面作品であるにも関わらず、ギターやドラムのパンキッシュな雰囲気を醸し出している。

下中=高橋治希の陶器の花の簾は実に繊細な作品[Tokyo vine -waterfall-]である。花や枝ぶりなどすべてのエレメントは、多治見焼で3週間かけて焼かれたものである。花の中には東京の風景が描かれている。

そして、最後は会場の通路側にあるtwitter's birdの鳥をデザインしたサイモンオ・キシレイが初めて手掛けるシルクスクリーン[bird on a bunch]が話題になった。本作品はすべて完売。

DSCN473509ijuDSCN4741-pol_edited-1DSCN4740










8人の素晴らしいアーティストの参加で緒戦を大成功に終わらせることができた。次回は、香港、シンガポールを目指して準備をはじめる。

tabloid_007 at 09:44|PermalinkComments(0)

April 05, 2010

アートフェア東京2010 : My Favorite Art Work !

IMGアートフェア東京2010 公式カタログ













 昨日、終幕したアートフェア東京2010でのワタシのお気に入りアート作品を少し記しておきたい。

ヤン・ファーブル(『ファーブル昆虫記』のファーブルの曾孫)のガラス作品[BERENGO COLLECTION]が美しかった。

DSCN4721-S_edited-1












浅田暢夫『海のある場所』(The Third Gallery Aya)は、陸から海をみているのではなく、海に住んでる生物が郷愁をもって海を見ている感じが良い。

a_place_02










蔵本秀彦『Cotton09-02』(gallery ARTE)
FRPに鉄粉と酸で仕上げている。石のような丸みに金が映える。

DSCN4722-S












東恩納裕一氏のシャンデリア作品。コムデギャルソンの青山本店のディスプレイでお馴染み。蛍光灯が日本的でない。

名称未設定 1











さて、最終日に「ザ・ペニンシュラ東京」で開催された"ベーコン・プライズ2010"(A.R.T. Collection ディレクターのジョニー・ウォーカー氏によって2008年に創設された若手アーティストを対象とした賞。ウォーカー氏の亡くなった愛犬ベーコンを偲んで、国籍に関係なく、日本で作品を発表した先進的で優れたアーティストに贈られる)

DSCN4750-S








会場にて、主宰者ジョニー・ウォーカーさんと。一昨年の第一回目パーティ以来である。


3回目となる本賞は、AFT2010に出展する全ての40歳以下のアーティストを対象に審査が行われる。フランス大使館文化アタッシェのエレーヌ・ケルマシュター氏、インディペンデント・キュレーターの窪田研二氏、A.R.T. Collectionキュレーターのジョニー・ウォーカー氏、アートフェア東京エグゼクティブ・ディレクターの辛美沙の4名が審査員。今年は、田中圭介氏の作品(山本現代)が受賞。



tabloid_007 at 23:44|PermalinkComments(0)

March 29, 2010

twitter's bird creator :サイモン・オキシレイがやってくる!

ArtFairT_PC_14_outSimon Oxley, Bird on a brunch

(2010, silkscreen on paper )
[Edition 10]










先日来、打ち合わせを重ねてきたツイッターバードをデザインしたサイモン・オキシレイ氏がアートフェア東京の会場にきてくれる。ツイッターバードは知っていても、それを創った人はあまり知られていない。日程、詳細決まり次第、S-des GALLERYホームページで告知予定。

同時に、S-des GALLERYで世界で初めてオキシレイ氏のシルクスクリーン作品を2点展示する。今回物凄く安価なのでアートコレクターでなくても、入手可能...と思う。ただし、各作品10枚までしか刷らないレアフアイテム!安曇野SKY工房の刷り師 福本吉秀さんが手掛けてくれた。

是非、この機会をお見逃し無く!

アートフェア東京2010

2010.04.02[Fri]-4[Sun] 11-21時
東京国際フォーラム
東京都千代田区丸の内3丁目5番1号

S-des GALLERYのブースは、SONY DIGITAL [S03]



tabloid_007 at 11:55|PermalinkComments(0)

February 20, 2010

日本最大のアートフェアへの挑戦!

AFT2010アートフェア東京2010
ART FAIR TOKYO 2010

2010.04.02[Fri]-4[Sun] 11-21
東京国際フォーラム
東京都千代田区丸の内3丁目5番1号







さて、いよいよ日本最大のアートの見本市「アートフェア東京2010」(今回で第5回目)が再来月に迫ってきた。古美術・工芸から日本画・洋画、現代アートまで、国内外の選りすぐりの国内外139のギャラリーが集結しアート作品約3000点が展示される。ワタシのプロジェクトも参加する。現在鋭意準備中なのである。

ワタシのテーマは、3つある。

1. デジタルエイジにリアルアートの面白さを伝える
2. 日本古来からのキャラクター造形DNAを現代に伝える
3. アートによって潤いのあるライフスタイルを提案する

さて、言うは易し。このコンセプト伝えるために、7人の侍が叡智を絞ってくれている。今後おいおいレポートするので乞うご期待!

Art-Fair-Tokyo_014-Saft1



tabloid_007 at 19:48|PermalinkComments(0)