Event

April 21, 2013

【プラッとさんぽ】鎌倉をプラッと散歩するとモザンビークの人たちが喜ぶんだよ♪

378248_10201225187815561_849453035_nプラッとさんぽ第8回【プラッと鎌倉さんぽ】

日時:5月11日(土)12時-17時
(応募締切:5月1日)















いまから数年前に、渋谷ガングロギャルが単身アフリカ行って凄いことになってるブログを紹介された。

それをソニー・デジタルのケータイサイトで配信した。

そしたら凄い反響になって岩波書店が書籍にしてくれたり、朝日新聞が書いてくれたり、読売テレビで紹介されたり、いまでは教科書の補助教材になってる!

その活動を支える原点がこの「プラッと」シリーズなんだ。
東京近郊を見知らぬ者同士20-30人で散歩する。それだけ!
参加費5千円をソニー・デジタルが責任もって全額寄付。そのお金でプラ子は、モザンビークの人たちに農業や教育活動を手助けしてる。

今回で8回目とのことだが、毎回当選率2倍以上なのでご興味ある方は、お早めに!

ブログ「プラ子旅する。」 http://purako.jugem.jp/
応募の要綱 http://bit.ly/17ziQio



tabloid_007 at 09:23|PermalinkComments(0)

July 16, 2012

プリンツ21主催 【濃密ライブ&インタビューイベント★楳図かずお先生と踊ろう!!】

ited-28プリンツ21主催
【濃密ライブ&インタビューイベント★楳図かずお先生と踊ろう!!】

2012年6月23日(土)
(一部)14:30〜 映画『蛇娘と白髪魔』上映
(二部)17:00〜 楳図かずお先生 ライブ&インタビューイベント
オーディトリウム渋谷
渋谷区円山町 1-5 KINOHAUS 2F
03-6809-0538



いやはや、たいへんな熱気だった。

最近はバラエティ番組などでも親しまれる恐怖マンガの大家 楳図かずお先生がグワシとばかり踊り狂うイベントに行ってきた。

みんなで踊るための図解も配布された!(昔の雑誌「明星」みたいなノリ)

名称未設定 1_edited-28


2011年に36 年ぶりとなるアルバム『闇のアルバム 2』 (ビクター)を発表し音楽活動も絶好調な楳図先生が、自作の新曲からお馴染みの人気ナンバーまでを熱唱したのら〜!

写真 12-06-28 8 40 26



tabloid_007 at 19:09|PermalinkComments(0)

January 03, 2012

【なんにもないけどやってみた -プラ子のアフリカボランティア日記】著者 栗山 さやか:「寄付デート」の報告!

ijojouh (4)なんにもないけどやってみた――プラ子のアフリカボランティア日記 (岩波ジュニア新書)
著者:栗山 さやか
岩波書店(2011-10-21)












昨年 2011年12月12日に開催された『寄付デート』の結果報告。
『寄付デート』の経緯詳細は、過去のブログ記事をどーぞ!


GH












結果からいうと...569,500円!!!!!!集まった。 *既に送金済みです

本も50冊以上売れた!!!!!

130人くらい集まった!!!!

竹井善昭さん(ソーシャルプランニング代表) から『社会貢献アワード2011』の「ファンドレイジング賞」貰った!!!



デート・プレゼンもタレントの振り付けやってる方の個人指導からコスプレ撮影会まで、いろいろあって面白かった!!

バブルなIT友だちも駆けつけ、私がもってきたガラクタにも値を付けてくれた!

そして、いつも優れた有志のスタッフが頑張ってくれたんだよね〜(涙)


そしてそして、坂本頼光さんの司会が冴えてたなぁ〜。

P1020711












…でもって、この会は自分も楽しむ気マンマン!〆でアコースティック歌ってくれたRED PEPPER GIRLSもコマプスムニダ!(感謝)
なんか、スケベっちぃわたしの笑顔は満足の笑顔。

JIJOOIJ (2)










もう、みなさんに感謝の気持ちしかないです。

ありがとうございました。

この活動は、自分たちも楽しんで、自分たちのペースでやるだけなんだけど、少しでもモザンビークのプラ子を通じて、現地で役立てばいいな。

アフリカが豊かで安全な国になるよう願ってます。

tabloid_007 at 17:02|PermalinkComments(0)

December 02, 2011

パーティのお誘い!【寄付デート】ってなんだ!?

PARTY1_edited-1「プラ子旅する。」第5回応援企画
プラっとオークション
参加者大募集!








日時: 12月12日(月)19時30分〜22時
場所: Legato (レガード)
住所: 東京都渋谷区円山町3-6 E・スペースタワー15F
アクセス: 渋谷駅ハチ公口より徒歩7分、道玄坂上交番前よりすぐ
会費: 6,000円 (ドリンク、食事、会場費、一部寄付)
応募: まずは、登録!→ http://goo.gl/c92gw

渋谷ガングロギャルだったプラ子は、アフリカで孤軍奮闘頑張っている。その活躍を応援するチャリティ忘年会の案内です。

数ヶ月前、ブランド経営コンサルタントの坂之上洋子さんと喫茶店で雑談してたら、「すごいアイデアがある!」と目を輝かせて話し始めた。この企画がはじまった瞬間である。笑

「私のまわりにいっぱいイケメンがいるんだげと、カノジョいないのよねぇ。彼らにデートプランをプレゼンしてもらって、それを女子が競り落とすのってどう?」

もう、目がきらきらしていた!そして、その時には、私もこのプランにノッてた! 「じゃあ、プラ子の支援でやろうよ。落札金額は、もちろん全額寄付ね」って。

それから、いつものみんながハコ押さえたり、案内作ってくれたり、デート以外のオークショングッズ集めたりとか。いつもの馬力で、練り上げられました。

プラ子のことは、ココから → http://purako.jugem.jp/
坂之上さんのブログ記事は、ココから → http://blog.sakanoue.com/archives/51680233.html

でもって、パーティはデート競売だけじゃなく、いろいろ演し物もあるので、ちょっと紹介。

◆ たとえば、あの!コリアン美人姉妹【RED PEPPER GIRLS】が歌ってくれる!




◆ そして、司会はなんと、あのリリーフランキー絶賛の幻のアニメ活弁【サザザさん】の坂本頼光!




◆ さらにさらに、水墨画家/アーティストの土屋秋恆(つちやしゅうこう)も作品を提供しちゃいます!お楽しみに。

kpo
















◆ それから、タカギアヤコのUAMOU(ウアモウ)の一点ものも出品!

IMG_1971-s











◆ 来年の新作が楽しみな【スパイダーマンTM コンプリートBOX(6枚組)】

SIDESHOW製限定フィギュア(2体)同梱-[完全初回生産限定]

発売日:2007年10月17日
収録作品+豪華特典
『スパイダーマン™ デラックス・コレクターズ・エディション』(2枚組)
『スパイダーマン™2 デラックス・コレクターズ・エディション』(2枚組)
『スパイダーマン™3 デラックス・コレクターズ・エディション』(2枚組)
スパイダーマン ミニバスト(1体)
ブラック・スパイダーマン ミニバスト(1体)

sm3_complete_0820













男性も、ただ気軽に参加できますよ。



tabloid_007 at 15:44|PermalinkComments(0)

May 22, 2011

一夜限り! 『原始さん』活弁ライブ開催!原作:水木しげる 活弁:坂本頼光

genshisan_AD_08-01-s_edited22〜一夜限り!〜
漫画『原始さん』活弁ライブ開催!!

原作:水木しげる (1971年発表)
活弁:坂本頼光 (「サ**さん」」

日時:2011年6月17日(金)
19時00分 開場
19時30分 スタート(約1時間)

場所:IID[世田谷ものづくり学校]
東京都世田谷区池尻2-4-5

入場料500円
売上は全額、ソニー・デジタルのチャリティーを通じて被災地へ寄付。【SAVE MIND,100 CREATION


40年の時を経て、水木しげる幻の漫画作品を活弁&生演奏付きで上演する。 この一夜限りのイベントを企画プロデュースしている。

震災前の3月のある日、活動弁士 坂本頼光氏と居酒屋で呑んでたら...本企画が一気に盛り上がった。下記がその時、坂本氏が書き下ろした「原始さん」のラフスケッチ。

IMG_1063












その後、IID(世田谷ものづくり学校)の担当者から4月29日「みどりの日」向けのイベント企画プロデュースの依頼があり、この企画を推進することになったが、311震災で中止になった。(「原始さん」は、強烈な方法でエコキャラとなっているため起用を考えていた)

しかし、よくよく考えてみたら、震災復興のいまこそ、「原始さん」のもってる乱暴なパワーで自然との共生に目覚めるべきではないのか。そう思い始めるともう止まらない。再度、IIDにかけあって、6月17日に実現することになったのだ。

イベントは、この漫画『原始さん』をスライド形式で上映。活動写真弁士・坂本頼光の語りと気鋭の音楽家達の生演奏によって、新たな魂を吹き込まれる予定だ。

せっかくの生演奏だから『原始さん』(1971年・アニメ 20分)以外にも『日の丸太郎・武者修行の巻』(1936年・アニメ6分)や…ご期待のあの作品も上演することにしている。具体的には当日までのお楽しみに...

                                         
◆坂本頼光(活動写真弁士)

東京都出身。

少年時代は漫画家志望で、水木しげる作品に傾倒。ひたすら妖怪の絵ばかり描く日々を送るも、中学二年より映画熱につかれ、やがて活動写真弁士(無声映画の説明者)を志す。

1997年に嵐寛寿郎主演『鞍馬天狗』の説明で初舞台。以降、時代劇作品を中心に、映画館、ライブハウス、神社仏閣等で活弁ライブを行う。これまでの説明作品は『番場の忠太郎・瞼の母』『伊豆の踊子』『国定忠治』『不如帰』『カリガリ博士』『キッド』『のらくろ伍長』他、約50本。

2008年にはJAPAN国際コンテンツフェスティバル特別企画『雄呂血』上映会で弁士を務め、清水靖晃オーケストラと共演。

2010年には米国のエール、スワスモア、コルビー、ハミルトン、インディアナの五大学公演に出演。他、アニメの声優、ナレーションの分野にも活動の幅を広げている。

2005年頃より突然絵心が復活して作り始めた自作活弁アニメ『サザザさん』はシリーズ六作を数え、各所で好評と心配を博している。

注意事項

定員約100名。オーバーの際はご入場いただけない可能性もありますのでご了承ください。



tabloid_007 at 22:00|PermalinkComments(0)

May 05, 2011

渋谷LOFTで開催中!クリエイターバザー「POP BOX - POWER」

IMG_0001-SNDFクリエイターバザー「POP BOX - POWER

2011.04.22-0508(SUN)
渋谷LOFT
渋谷区宇田川町21-1 渋谷ロフト









新宿のセレクトショップ&ギャラリーの[FEWMANY]の竹尾さんがプロデュースする恒例のイベント。

手描き、手作りという「いってん物」にこだわり制作したこの世に一つしかない
貴重な作品をの展覧会。

まあ多彩なクリエイターの方々が半畳くらいのスペースでここぞとばかり凄いエルネギーを発している。

毎回気になるのは、当然デハラユキノリさんの手書き漫画「JIZO-」全2巻。もう村人から頼まれすぎてキレ気味の地蔵が良い味だしてる。

IMG_0007IMG_0006













あと、マッドバーバリアンズ (サイトウカツヤ/イトウマスミのユニット)の"チョーダイくん"が気になった。なんか、つぶらな瞳で"チューダイ"っていう。子供だけでなく、おじさんもおばさんも"チョーダイ"っていう...。

IMG_0001




















それから、このイベントは、ソニー・デジタルも協賛してる(「かえるのピクルス」)。よろ〜。

pickles-frog_182X257_02pC













参加アーティスト
今井杏/浦山亜由美/かおかおパンダ/上条衿/小石川ユキ/こなつ/ザリガニワークス/末吉陽子/0313/タケナカミノル/タケヤマ・ノリヤ/ちさ/デハラユキノリ/DEVILROBOTS/TOUMA/西脇せいご/EKONOKO/福士悦子/MADBARNBARIANS/mushroom cafe/ミキワカコ/mizuka/もりわきゆみ/ヨシカワナオヒデ/ワカマツカオリ

tabloid_007 at 00:04|PermalinkComments(0)

March 18, 2011

アーティスト100人が参加するケータイ募金サイト【SAVE MIND,100 CREATION】開設

sm1_s

















【SAVE MIND,100 CREATION】 http://save100.jp

震災後、自分に何ができるか自問自答している。
そして、いまスグできることは何か考えた。その結果、ネット世代に向けたケータイ募金サイトを開設することにした。
その動機は...。

1. 自分の出来ることは、結局は自分の得意なことであり、日々の仕事の中にあると思ったこと。
  ⇒ その方が継続的にできるし、自分の中で将来の震災風化を防げる。
 
2. 単純に良い仕事(クリエーション)に対して寄付ができる仕組みを提供したかった。
  ⇒ 直後のネットメディアをみていると信用無いやり方のものが散見された。新規加入営業と混同されたりポイントを買うような方法に疑問をもった。

3. 何が一番ネット世代に適した寄付スタイルか考えたらクレジットでも現金振り込みでもなく、携帯(ガラケー)料金引き落としだった!
  ⇒ 電話料金引き落としだし、少額決済に向いている。若者でも毎日コツコツできる。

以下、プレスリリースより抜粋。(是非、ブックマークお願い致します)

 
アーティスト100人が「東日本大地震」復興に向けて毎日創る携帯募金サイト
1日1ダウンロード=105円。全額寄付します。
 

募金の概要
 
・ 【SAVE MIND,100 CREATION】 (クリエーター100人が100作品提供)
・  運営: ソニー・デジタルエンタテインメント・サービス
・  募金はすべて携帯コンテンツを購入することで簡単にできます
・ 復興に向けて毎日1作品ずつ配信
・  音楽、小説、アート、デコメなど1ダウンロード105円の個別課金
・  ご寄付頂いた105円は全額 東北大地震で被災された方々へ寄付
・  寄付先や金額などについてはホームページで随時公開します。
・  募金先の選定は、今後確実に現地に貢献できる団体を選定いたします。
・ ケータイサイトURL  http://save100.jp
 
  * ケータイ専用。iPhoneからのアクセス不可です。
  * ポイント購入や会員登録が必要ない個別課金を利用し簡単で安心な募金にしたいと考えます。
  * ただし、ドコモだけはシステム的に最初のみ無料登録が必要ですが、その後勧誘やメールなどの営業行為は一切ありませんのでご安心ください
 

ソニー・デジタル エンタテインメントができること
 
2011年3月11日。宮城県三陸沖を震源とした「東北地方太平洋沖地震」(東日本大震災)が起きました。
弊社のある築地の聖路加タワー35階は耐震構造ゆえ大変大きな"横揺れ"に見舞われましたが、無事全員階下に避難することが出来ました。
 
週末を挟んではじめてテレビメディアでその全貌を知り、事態が未曾有の悲惨な天災であることを知りました。亡くなられた多くの方、負傷され治療もままならない方、そしていまだに消息不明の方々とそのご家族。ただ、呆然と心を痛めるばかりです。
 
そして今週になり再び会社の業務が始まりました。会社として出来ることは何かを考え続けております。会社といえども、結局は一人一人の人が支えております。特に弊社が扱っている娯楽分野は、自粛の対象になることも少なくありません。もちろん、今は復興の第一歩となるような物資や人手が必要と思います。金銭的なサポートや質の高い信頼できる情報提供など様々な支援が必要です。しかし、同時に被災者の方々の心のケアも大切になってきます。
 
ソニー・デジタル エンタテインメント社は、ネット・メディアで娯楽作品を提供する会社です。キャラクター、コミック、アニメから小説、写真、アートまで人の心を豊かにすることに専心して参りました。我々スタッフが力を結集して出来る一番のことは、素晴らしいクリエーションを継続的に提供し義援金とさせて頂くことであり、クリエイティブ作品そのもので心の支えになれることだと信じております。
 
これらの前提を踏まえつつ、弊社ではクリエーションをベースとしたデジタル・ボランティアを実践することに致しました。3月14日から【SAVE MIND,100 CREATION】と銘打って、毎日1つずつ100日間コンテンツの提供を行うことにいたしました。
 
本企画は、弊社とかかわりのあるアーティストの方々と一緒に実践して参ります。まずは、最初の100日間 毎日休まず提供致します。さらに、共鳴して頂けるアーテイストがあれば、何百日でも続ける所存です。それらのコンテンツが毎日1つずつ復興を元気づけられれば幸いです。
 
ソニー・デジタル エンタテインメント社は自分たちが出来ることを、自分たちの信じる方法で実践していくことが、最良の支援方法と信じております。
 
どうか、みなさまのご理解とご支援のほどよろしくお願い致します。
 
最後に、被害にあわれた全ての皆様に心よりお見舞い申し上げるとともに、犠牲になられた方々とご遺族の皆様に対し、深くお悔やみを申し上げます。


福 田  淳



tabloid_007 at 09:07|PermalinkComments(0)

February 12, 2011

『アフリカ思い七福神巡り』:なぜ鈴木杏里はアフリカに行かず、東京で七福神を巡るのか? #purako

anri鈴木杏里がゆく
アフリカ思い 七福神巡り

2011/0215.13:00-











いつから、私は街頭募金にお金を入れなくなったのだろうか。年末助け合いとか、震災援助とか、世の中は困っている人たちがたくさんいる。

本当に親身になって活動している人たちばかりと思うが、一部の心無い人たちによる募金詐欺の報道があってから、街頭募金のその後を考えるようになった。「本当に寄付金は、現地に届けられるのか?」ということだ。このことを考え始めると、「自分が出来ることは何か?」を自問自答することになる。

結局私は援助すべき人たちに直接結果がわかるボランティアをしようと決めた。ここ数年はそうしてきた。

そんな中、3年前に知人からブログ『プラ子旅する。---まだアフリカです。』を教えてもらった...。衝撃的なブログだった。渋谷109の店員だったプラ子が、アフリカ モザンビークに行くうちにヒューマニズムに目覚める。何が衝撃かというと、現地の悲惨な状況もさることながら プラ子に微塵も"必死さ"が感じられなかったところである。もちろん東京で安穏と暮らしている私にも、プラ子が想像を絶する死と隣り合わせの中で暮らしていることは想像に難くない。しかし、"一生懸命"とか"必死に"などという凡庸な形容は一切受け付けないような、"自然な覚悟"があるのが衝撃だったのだ。

その後、このブログを電子書籍形式にまとめソニー・デジタルでネット配信した。今も大きな反響が続いている。そして、プラ子は、ついに現地で『アシャンテママ』というアフリカ支援のNPOを設立するまでに至る。更に、そのNPOをファンドレイジングの大手『JustGiving』に登録することができた。

JustGiving』は、英国を主体とした慈善団体で、会計が透明なことが評価されている。また、NPOなどプロジェクト単位で申請登録ができ、その支援プロジェクトごとに、個人がいろいろな挑戦ができる仕組みになっている。今回、私が知人の鈴木杏里にこの企画を話したら、是非やってみたいということだった。

さて、いよいよ今週の15日に鈴木杏里は約5キロほど「七福神巡り」を実行する。私も同行するつもりだ。

今回の試みで、ネット・メディアがもっともっとポジティブな善行に使えることを証明したい。知らない土地で頑張るプラ子とまったく無縁に暮らす鈴木杏里や私が下町を巡ることで何かが変わるのか わからない。ただ、その変化を感じられれば次につながると信じている。そうなれば人類がネット・メディアを発明した意味も大きく変わるはずだ。昔から、"良い行い"はたくさん存在したと思う。現代は、それ以上にネットを利用したソーシャルメディアの発達により、瞬時に多くの見知らぬ人たちが参加してくれる。

まだ、鈴木杏里の挑戦は始まってないのに、目標額の約50%もの募金が集まっている。

本当に感謝!

P C http://hitokoto.mobi/pc/anri7/

携帯 http://hitokoto.mobi/justgiving/

tabloid_007 at 22:11|PermalinkComments(0)

February 06, 2011

日本美術解剖学会2011:バラバラにして考える力、考える筋肉をつける。

223485029日本美術解剖学会2011

2011年1月22日13時~
東京藝術大学








昨年発足した日本美術解剖学会の第二回の総会が開催されたので行ってきた。どういう訳かワタシは学会会員なのである!

会長が養老孟司さんということと美術家の松井冬子さんが主要メンバーということがキッカケだったと思う。昨年の第一回では養老会長が欠席だったが今回は基調講演をするいうので、急遽出張から戻り出席した。

内容は下記の通り...

司会:布施英利 (東京藝術大学准教授)

シンポジウムⅠ「筋肉について~科学の立場から」
坂井建雄 (順天堂大学医学部教授)
遠藤秀紀 (東京大学教授)

シンポジウムⅡ「筋肉について~芸術の立場から」
松井冬子 (画家)
木下史青 (東京国立博物館デザイン室長)


なんといっても、養老孟司さん話が秀逸だった。いろいろ興味深い話はあったが、どの話も仮説をポーンとなげて、あとは誰かが解明してほしい、という潔い短編小説のようなテンポが心地よい。

・ どうして、昆虫の動きはぎこちないか。昆虫は人間でいう骨が外殻という形でむき出しになっている。そして、彼らは生殖して子孫を残せば役割が終わる。だから、簡素な造りなのか?昆虫の動きをスローモーションで撮影すると、カクカクと映る。関節が歯車のようになっているためという。逆に人間は関節がギザギザだと関節炎で痛い。つまり、筋肉と皮膚によって長く生きる設計になっており、関節は丸いのだ。これが進化の過程でどうしてなったのかは、解明してほしい、という話。

・ 松井さんの話を聞いていて"美"とは何か?を考えた。"美"は突発的にわかる感覚ではない。自分の中で、ある経験の積み重ね、秩序、法則性を組み合わせプロファイリングして、ある傾向のものを"美"と呼ぶのではないか。

・ 木の葉を美しいと思う。あの葉っぱの配列は偶然ではないと思う。光合成が目的の植物に、太陽をもっとも効率的に捕捉するために、あの葉っぱの配列があるのではないか。だから、葉っぱの成長をマーキングして分析すると、その法則や"美"がわかるのではないか。

以上のような、非常に示唆に富んだ仮説を提示して頂き、これらのことだけではなく、"考える力"を与えてくれたと思う。

IMG_1602-sHOO



tabloid_007 at 13:49|PermalinkComments(2)

January 04, 2011

TEDの魅力:最大の娯楽コンテンツは、音楽でも映像でも文学でもなく"トーク"なのだ。

okpojkpTEDxSeeds 2010 Conference

2010.11.20
横浜赤レンガ倉庫1号館
横浜市中区新港1








ちょっと前のイベントのこと書き忘れていた。
TEDxSeedsに参加してきたので雑感まで。

まず、TEDとはテクノロジー、エンターテインメント、デザインの頭文字。1984年に「広めるべきアイデアを共有する場(ideas worth spreading)」の精神をもとにアメリカで始まったセレブ向けサロン。年会費6千ドル(約50万円)で年二回開催される。マンデラから市井の人まで、一つのテーマを18分以内で簡潔に喋る。TEDに行ったかどうかが、知的富裕層のちょっとしたステータスだった。
2006年に新しい経営者になると、そのスピーチ映像はネットを通じて配信されるようになった。(日本語のTEDは コチラ まで...) いまでは、各国のボランティアがそれを翻訳し、かつ分派活動(Seeds)として幅広く展開されている。

今回のTEDxSeeds日本は、2009年12月に第1回目のイベントを銕仙会能楽堂(東京・青山)に続き2回目となる。今回は、「再繋」「創造の扉」「対話する大地」「新・未知との遭遇」と題した4部構成で、学術、芸術、技術などのさまざまな分野で創造的な活動をしているゲストを招きプレゼンテーションを行った。

スピーカーは、石黒浩さん(ロボット学者)、伊藤直樹さん(クリエイティブ・ディレクター)、押尾コータローさん(ギタリスト)、小田兼利さん(水再生活動家)、神崎亮平さん(生命知能工学者)、三分一博志さん(建築家)、武藤佳恭さん(発明家・科学者)、天平さん(ピアニスト)、土佐信道さん(明和電機・アーティスト)、福原賢一(ベネッセホールディングス代表取締役副社長・企業家)、安田登さん(能楽師)、渡辺淳さん(脊髄損傷回復トレーナー)の12人。

さて、雑感。

面白いイベントだったと思うが、どうしても本場のもつ面白さに対して物足りなさを感じた。それは人選でも運営でもなく、トーン&マナーの問題と思う。分かりやすく言うと、TEDの何が面白くて、何を基軸とした話をすべきかという議論が足りなかったと思う。(失礼!事務局の方々は一生懸命やっていたと思う)

まず、本場の映像の面白さを一番体現しているのが下記の映像と思うので、ご覧頂きたい。( ↓ 画像の左下[View subtitles]をクリックして字幕言語を選択してください。日本語もでてきます)

『ダン・バーバー: 魚と恋に落ちた僕』
ダン・バーバー(Dan Barber)は、マンハッタンの有名店[Blue Hill]など数十店のレストランの経営者でありシェフである。その彼をして焼魚の皮が食べられなかった。ある日、ある焼魚の皮が食べられた!その真相を探るうちに養殖の問題に行き着くのだ。



さて、どうでしょう。面白いでしょ?この面白さを分析すると下記になると思う。

・ あくまで主体は本人の喋りの魅力(と話術)。
・ 学会ではないのでPPTは最小限。可能なら写真のみ活用。
・ 自分の関心を深めていくと、とんでもない未知の何かを発見。

この3点に尽きると思う。音楽はなし、映像もなし。あくまで話だけで人を惹きつける。考えれば分かりそうな事実を、その人のフィルターを通じて聞くと何か別の新しい発見であるかのように感じること。

これこそがTEDの魅力ではないだろうか。



tabloid_007 at 18:38|PermalinkComments(0)

January 03, 2011

Season's Greetings 2011: 今年も素晴らしいクリエイティブと素敵なアーティストとの出会いがありますように!

SG2011_235x120_027-2












May the New Year turn out to be the happiest and best for you !

中学2年生の時(1978年 14歳)に「スターウォーズ」と出会い、映画の世界を目指した。

そして、ロスにもカンヌにも行った!

ハリウッドビジネスも目の当たりにした。

巡り巡って9年前(2002年 37歳)にネットビジネスをはじめ、日本のコミックに回帰した。

世界のどこにいても素晴らしいクリエイションはあり、素敵なアーティストが存在する。

巨視的にみれば 世の不景気を嘆き、社会を悪く感じることはできる。しかし、それは縄文時代でも江戸時代でも平成でも同じなのかもしれない、と思う。

もっと、楽観的に。もっと、寛容に。もっと、優しく。もっと前向きに。もっと、創造的に。

そういう今年にしたいと思う。

tabloid_007 at 21:28|PermalinkComments(0)

December 26, 2010

金曜特別ロードショー「今蘇るマイケル・ジャクソン」Supported by SONY

IMG_0005-S日本テレビ
金曜特別ロードショー
「今蘇る マイケル・ジャクソン」

Supported by SONY
2010.12.23[THU.]
SHIBUYA-AX






マイケル・ジャクソン THIS IS IT」放送記念で、幻のロンドン公演を世界で初めて一部を再現!ダンス・プロデューサー トラヴィス・ペインをはじめ、マイケルと同じステージにたつはずだったダンサーたちがパフォーマンスを披露した。

ステージは、1時間あまりだったが、圧巻だった。やはり、23日のライブ会場にマイケル・ジャクソンは確かにいた!トラヴィス・ペインが踊った瞬間、オリアンティがギターを鳴らした瞬間、マイケルの鼓動を感じたのだ!

ワタシの席の前では、マドンナとマイケルが取り合った伝説のダンサー モリ・ケントが静かにパフォーマンスを見守っていた。



tabloid_007 at 23:26|PermalinkComments(0)

December 19, 2010

W HOTEL's Party !! at TABLOID

OUHIYFGU_edited-1W HAPPENINGS PRESENTS
[W SEOUL DESIGN LAB TOKYO]

2010.1207[tue.]
TABLOID
2-6-24 Kaigan, Minato-ku







 
水墨画家の土屋秋恆さんに誘われて[W HOTEL]のパーティに行ってきた。
現在[W HOTEL]は日本になく、今回はソウルへの誘致が目的だった。同じ「STARWOOD」系列では[ST REGIS]が好きで、仕事でL.A.に行った時の常宿だったが、残念ながら今はない。ただし、大阪に今年の10月オープンしたようだ。

[W]の想い出はL.A.しかない。最初に行った時、夜到着した。巨大な図書館を思わせるエントランスは多層構造になっており、真ん中に月夜に照らされたバーがある。そこに、アントニオ・バンデラスが美女と陽気に飲んでいたのだ!この映画のような光景は忘れられない...。どうでもいいが、L.A.で海沿いならサンタモニカの[Shutters on the Beach]も快適なホテルである。

さて、本題のタブロイドでのパーティの目玉は、アーティスト・コラボである。土屋秋恆さん、スタイリストの三田真一さん、、ファッションデザイナーのスズキタカユキさんの3人からなるアートユニット[TENKI]による、4階分の吹き抜けの天井近くまである巨大なドレスが圧倒的で素晴らしかった!UAMOUの高木綾子ちゃんにも会えたし、楽しいパーティだった。

下記、左=会場。中=SAYAKA土屋秋恆とワタシ。右=巨大作品!

IMG_0321-sIMG_0326-sIMG_0323-sde

tabloid_007 at 21:19|PermalinkComments(0)

October 17, 2010

第一回 取手野外映画祭2010:アートの町の野外映画祭

gyju第一回 取手野外映画祭2010

2010.10.11(sun) 13:00-21:00
主催:取手野外映画祭実行委員会・アート取手
後援:茨城県、取手市、取手アートプロジェクト、取手美術作家展








2ヵ月前ほど、彫刻家の島田忠幸さんから連絡があり、東京藝術大学のある取手を起点に次世代の映像の担い手を育てたいので、審査員として協力して欲しい旨の連絡を頂いた。

審査員のみなさんは下記の通り。

小泉 晋弥(茨城大学教授)/佐藤 時啓(東京藝術大学美術学部教授)/島田忠幸(取手野外映画祭実行委員長、彫刻家)/藤井信吾(取手市長)/松村克弥(映画監督)/で、ワタシ(福田淳)
   
今回の目玉イベントとして30秒から4分の映像作品を広く募集すると言う。全国公募で寄せられた76点の「ショート・ショートフィルム」の中から選ばれた上位10作品が上映された。地元の熱心な方々のご努力もあり、1,000名を超える入場者数があったという。

県学生寮跡地の高台に銀幕を張り、開演前からジャズ演奏やストリートダンスも繰り広げられた。近所の飲食業者による屋台村も大にぎわい。東京芸大の前身・東京美術学校の創立に貢献した岡倉天心の映画制作を目指す松村克弥監督ら審査員によるトークショーもあった。

フィルムコンテストでは、ある夫婦の真夜中の出来事を描いた、京都府宇治市の会社員、七尾一哉さん(33)の短編アニメ「真夜中のこども」が大賞(松村監督賞)を受賞。三日月をモチーフにした大賞トロフィーを制作した実行委員長でもある島田忠幸さんは「短編フィルムの上映会では拍手もわいて大変盛り上がった」と締めくくった。

ワタシは、福田美由紀さんのアニメ「chocolate」が好きだった。 

GTYHU175809526175810489-S



tabloid_007 at 14:17|PermalinkComments(0)

May 16, 2010

アートスペース「TABLOID」:オープニングパーティ!印刷工場がギャラリーへ

TABLOIDアートスペース「TABLOID」

2010.5.11 Opening Party
港区海岸2-6-24
http://tabloid-tcd.com/









産経新聞社の印刷工場だった遊休工場を用途転換させてオープンした複合施設TABLOIDのオープニングパーティに行ってきた。

建物は東京電力の子会社でリノベーション専門会社 螢螢咼[ReBITA inc.]が生まれ変わらせた。TABLOIDは地上4階・地下1階建てで、かつて輪転機があった高い吹き抜けの空間を多目的スタジオやイベントに活用するなど、アーティストやクリエーターらが集う場所に改修。

知人のアーティスト土屋秋恆氏とタカギアヤコちゃんも参加し、多彩なアーティストらによる記念イベントが行われた。イベントは、絵画や音楽などさまざまなジャンルのアーティスト23組が作品展示やライブパフォーマンスなどを披露。展示だけでなく、シンワオークションによる慈善競売やシルクスクリーンの体験など盛りだくさん。招待者約1千人が集まり盛会だった。

下記、中=タカギアヤコちゃんのインスタレーション"UAMOU"は、ストーリーのある宇宙空間になっていた。右=土屋秋恆氏が徹夜で仕上げた壁画!


TB1TB2TB3











左=シルクスクリーン体験では、アヤコちゃんがくれたトートバックにUAMOUと土屋デザインを両面にプリント。満足!

TB4TB6TB7



tabloid_007 at 09:58|PermalinkComments(0)