January 22, 2018

Talked【ライフシフト - 寿命100年の時代をどう生きるか】(前編) ライフシフト・ジャパン 安藤哲也 x ブランド コンサルタント 福田 淳

27072568_10215834190711503_5520394824048666838_n



Talked【ライフシフト - 寿命100年の時代をどう生きるか】(前編)

ライフシフト・ジャパン 安藤哲也 x ブランド コンサルタント 福田 淳


安藤「働き方改革で間違ったメッセージ出しちゃうと、結果出さないで権利主張ばっかり言う社員が増やえちゃうんです。部下にとってただお得なだけのボスになっているだけなんです。会社から言われて労働時間短縮するため、単に「早く帰れ」としか言わない。
でも、せっかく出来た時間で何するかが大事。遊ぶとか育児とかライフを充実させていくことでモチベーションとかやる気が上がる。ライフが楽しければその時間が待ち遠しいから結果、仕事も工夫して時短になる。効率が上がって会社の生産性もよくなるんです。

そういう循環ができると働いてることが楽しくなるので、アイデアも生まれイノベーションが起きる。それで業績上げ、社員の給料も増やすのがイクボス。個人のライフと組織と社会を育てること。それがイクボスの醍醐味ですよってセミナーでは言ってます。」

構成:Chizuko Fukuda
撮影:越間 有紀子





tabloid_007 at 12:53│Comments(0)

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔