May 20, 2016

Kindleブック【まな板の猫/宴会】 (著者:高松 秀/発行:ソニー・デジタルエンタテインメント)




































Kindleブック【まな板の猫/宴会】 (発行:ソニー・デジタルエンタテインメント)
作者は、ペンネーム仁科晃壱こと高松 秀である。
高松秀くんは、わたしの生涯のベストフレンドだった。
18歳の時から32年間、この世で友達でいてくれた。それが今年の1月10日、突然帰らぬ人となったのだ。
 
彼の遺品をお兄様が整理していたらこの作品が出てきたのだ。恐らく80年代に描かれたものだと思う。カフカとサキの短編をミックスしたような独特の世界観。彼らしい几帳面なタッチとブラックユーモア。
生前、幼少期 藤子不二雄(A)先生に憧れ、漫画家になりたかったって言ってたから、こんな形で彼の夢を実現させることが出来て嬉しいよ。
改めて心よりご冥福をお祈りとます。
 
みなさん無料配信なので、ぜひダウンロードしてみてください。 
 

↓ iBooksでも同時に無料配信してるよ。

【作品紹介】
ある日飼い猫から突然、法廷に呼び出された主人公の男。
日頃からのペットへの仕打ちを巡り、不可思議な裁判をすることに…。
飼うか方か飼われる方か?
人間と動物の珍妙な関係性を描いた表題作の「まな板の猫」ほか一篇のショートストーリーコミック。


tabloid_007 at 18:41│Comments(0)

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔