April 17, 2016

ICTが切り開く才能の新時代!(自閉症の子ども達のICT活用)



















顧問を務めている株式会社アイムの自閉症の子供たちの施設「アインシュタイン宮前平」と「エジソン高津」にソニー・デジタルエンタテインメントからパソコンを20台寄贈させてもらった。
 
代表であり心友の佐藤ノリは、自身のお子さんであるガッちゃんの経験から、福祉のICTに対する考え方が間違っているという。
自閉症は知的障害で物事を理解しにくいと考えられているが、彼らは意思表示のアウトプットが苦手なだけなのだ。だから電子機器を使いこなす。
多動症のことも、考えていない証拠とされているが まったく逆で頭の回転が速すぎるために起こる現象なのである。だから電子機器であれば彼らは集中できるのだ。
 
つまり、自閉症の子どもたちに電子機器は絶対必要なのである。アイムの子どもたちは天才が揃っている。マインクラフトを完全に使いこなし、独自のOSまで作る少年もいる。アートとテクノロジーがICTを通じて彼らの世界観を深めているのだ。
 わたしは今後も彼らにできる限りサポートを続けていくつもりだ。
 























株式会社アイム代表 佐藤典雅

「私が自閉症向けの事業をやりたいと思ったのは単純な理由からです。それは我が家の長男が自閉症だからです。息子が学校に通うようになって、他の自閉症の子供たちと接しているうちに、彼らがかわいいと思うようになりました。それで漠然とですが、自閉症の子供たちが住みやすい世界をつくれたらな、と考えていました。

アメリカでの九年間の生活を終えて日本に戻ったときに、自閉症向けの受け皿が少ないことに驚きました。それで自分自身が自分の子を預けたいような施設を創ろうと決意しました。我が家と同じように、自閉症だけでなく発達障害のお子さんの親の方々からも、預けてよかったと思ってもらえるような施設にしていきたいと思っています。」




tabloid_007 at 13:35│Comments(0)

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔