April 06, 2016

対談【ソーシャルデザイン入門】(前編) 並河進 x 福田淳

















対談【ソーシャルデザイン入門】(前編) 
並河進 x 福田淳 

石川淳哉さんよれば、これからの広告は「広 告」という文字の間に「レ点」がはいる。「広く告げる」から「告げて広げる」になるらしい。

媒体の力だけでモノを売るのではなく、商品・サービスのストーリーでモノを売るのが新しい時代の在り方と思う。本当に社会が必要と思うモノだけが生き残るだろう。

この対談、物凄く面白いから是非ご一読ください!

・バブル崩壊から始まった広告の「ソーシャルデザイン」
・僕たちは、20世紀と21世紀の端境期に生きている
・新しい肩書をもつ。すると働き方は、もっと自由に、面白くなる
・自分の居場所をつくる発想がソーシャルデザインにつながる
・家の中から、外へ、街へ。時代の「気配」をつかむコツ
http://talked.jp/27/

2015月12日 成蹊大学 坂井 直樹さんの授業にて
構成:井尾 淳子 
撮影:越間 有紀子



tabloid_007 at 21:25│Comments(0)

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔