March 27, 2016

フランス政府 スーパーマーケットが食料廃棄したら罰!






























フランス政府は大手スーパーマーケットが食品の廃棄を禁止する法律を制定
政府は3年前に、廃棄される食品の量を2025年までに半減させるという大胆な目標を打ち立てていた。

この法案は、2015年5月21日にフランスの国民議会で全会一致で可決
売れ残った食品は慈善団体に寄付するか、家畜の飼料や肥料に転用しなければならない
法律に従っていることを証明するため、スーパーマーケットは慈善団体と契約を結ぶことも義務付けられる
新しい法律には食品廃棄の問題を学校の授業に取り入れることも含まれている。
違反したら、罰金75,000ドル(約1戦万円)か刑務所行き。

フランス国民1人あたりの年間の食品廃棄量は平均20〜30キログラム(「ビッグマック」139個分)に相当する量だ。
金額換算すると、年間120億 - 200億ユーロ(約1兆6000億〜2兆6700億円)が無駄になっている

なんか気持ちいいくらいに小気味良い法律だな。でも実はアジアのほうが食品廃棄多いんだよなぁ。



tabloid_007 at 07:51│Comments(0)

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔