たけのこたけのこたけのこ連続殺人事件、手がかりはいつもズラ

April 19, 2009

グニャグニャは自然の中に棲む

bijyitu 美術手帖 『マンガ 二次元の総合芸術』 1998年12月号

 

 

 

 

 

 

古本で入手。バカボン父子の黄色い表紙が鮮やかで、楳図かずお先生と横尾忠則さんが対談していたので、読んでみたかった。以下、対談のポイント抜粋。

楳図 「文明社会が「直線で構成されているとすれば、自然界は「曲線」で形作られている。その曲線に引き込まれる恐怖ですよね。タテとかヨコが便宜的につくられたものだとすれば、ぼくは生命力を感じさせる「ウネウネ、グニャグニャ」してものに惹かれるんです。生命力は原始的な部分と結びついて恐怖はそこに宿っているんです」

横尾 「人間の中にあるモヤモヤした不透明なもの、言語化できないものを楳図マンガが代行して出してくれるからこそ面白い。自分の中にある見たくないもの、それこそ「恐怖」をみてしまえば、逆に解放される」



tabloid_007 at 21:25│Comments(0) Magazine 

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
たけのこたけのこたけのこ連続殺人事件、手がかりはいつもズラ