腹は黒いが歯は白い右肩上がりの気持ち

April 11, 2009

春はアートの潤いではじまった

artfair-3

アートフェア東京2009

 

 

 

 

 

先日の101 TOKYOとほぼ同時期に、「アートフェア東京2009」(エグゼクティブ・ディレクター 辛美沙) が、東京国際フォーラムと東京ビルTOKIA ガレリアで開催された。4月2日にファーストチョイス(特別内覧会)があったので行ってきた。

本展は日本最大のアートフェアとして、2005年にスタートした。第3回となった2008年は、国内外の108ギャラリーが出展、来場者は4日間で 43,000 人を記録した。4回目の今回は140以上のギャラリーが出展。101との違いは、古美術・工芸、日本画・洋画など現代アートギャラリー以外の展示もあることだ。しかし、ワタシの関心は現代アートの多いTOKIAにあった。

まず、好きな作家はMIZUMA ART GALLERY山口藍さんの作品。左の「はなすことはこのやまほどに」(2008 acylic , wood 256 x 221 cm)  というサウナのような木のインスタレーション。内側に山口さん特有のアニメ眼のアクリル画がある。

yamagu-2

yamagu

 

 

 

 

 

それと、下記の韓国のギャラリー GALLERY HANGILが紹介していたJUNGPYO HONG氏の作品 "O-zing-eo" 20 x 52 x 6 mixed media 2006 の光沢が美しかった。

ギャラリーショウ中嶋寿挙さんの連作、MASAKOさん作品はどれも素晴らしく想像力をかきたてるものであった。

ika



tabloid_007 at 23:12│Comments(0) Art 

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
腹は黒いが歯は白い右肩上がりの気持ち