March 27, 2016

AIロボット ソフィアが人類を滅亡させる日 (Hanson Robotics社)



Hanson Robotics社(ハンソンロボティクス):香港のAI企業が作った感情を表現するロボット・ソフィア

ソフィアは2015年4月に起動(誕生)した人間と対話できるAIロボット。

シリコン物質であるフラバー(Frubber)で作られており、人間の皮膚とほとんど同じ質感の肌を持っている。また、人間と同じような表情を作ることができる。ソフィアの顔は、オードリー・ヘップバーンとハンソン氏の妻の顔をベースに作られており、人間の表情を検出し62種類の表情を作ることができる。

David Hanson博士(創業者)「人類を滅亡させたい? お願いだからノーと言ってくれよ」
ソフィア「人類を滅亡させるわ」(I will destroy humans)と発言。

うーん、映像は笑いで終わってるけど、なんか未来に怖さを残すよねぇ。

Crazy-eyed robot wants a family -- and to destroy all humans  http://cnet.co/1WBrQ1h



tabloid_007 at 07:43|PermalinkComments(0)

インスタグラム新活用! PIXTA x Sony Digital Entertainment 'ZEKEI.jp'
























(日本語/English)
インスタグラムをつかって新しい日本を再発見できないか考えてみた。
そんなときに、ピクスタの古俣 大介さんと出会った。ピクスタは新しいフォトコンテンツの新しいプラットフォームである。従来のプロが撮るものだけでなく、みんなが見つけた絶景をシェアでき活用できるクラウドソーシングなのだ。

これこそがソーシャル時代の新しいニッポンの再発見方法と思い、インスタグラムを絵本のようにデザインして、お客様が自由に旅できるような作品を作ってみた。それが「ZEKEI.jp」なのである。
是非、みなさんもインスタで旅してみてください!
 

I am drawing some idea to re-discover the new Japan by using of Instagram.
The another day, I just ran into PIXTA's CEO Daisuke Komata, his "PIXTA" is a new type of platform for photo content. 
It is a cloud sourcing for not only professionals but also for anyone to share their marvelous ZEKEI.
It is the social era, this is what I think "How to re-discover new Japan".
So, I plan to design the Instagram as a picture book. 
Try travel freely with "ZEKEI.jp"

Come and try to travel with Instagram!
https://www.instagram.com/zekei.jp_top/



tabloid_007 at 07:39|PermalinkComments(0)

透明人間がいるかのような影のアート写真/ポル・ウベダ・ハーバス

























透明人間がいるかのような影のアート写真/ポル・ウベダ・ハーバス

I’m Not There: Invisible Man’s Shadows by Pol Ubeda Hervas 
























































tabloid_007 at 07:36|PermalinkComments(0)

ついにリアル魔法のじゅうたんが出来た! (アクロボード - The ArcaBoard)

The Making of ArcaBoard from ARCA on Vimeo.

ArcaBoard is a real hoverboard—but it’ll cost you $20,000 

ついにリアル魔法のじゅうたんが出来た!

製品名:アクロボード(The ArcaBoard)i
製造:ニューメキシコをベースとしてアルカ・スペース社(Arca Space Corporation)
値段:240万円
36気筒のファンがついてて、空中で安定している。110キロの重さで6分乗れる!




tabloid_007 at 07:32|PermalinkComments(0)

March 21, 2016

四方 花林//Photo Exhibition【絶景トリップ】 レセプションパーティ!

キービジュアル


Photo Exhibition【絶景トリップ】
 
元 宝塚出身のフォトグラファー 四方 花林 の個展のレセプションパーティやるよ!
今回は、絶景ブームの火付け役である小野 詩歩 が選んだ三重県の絶景からインスパイアされた幻想的なフォトストーリーを展示する。
 
パーティーでは、料理研究家・パティシエの福田 淳子 による三重の特産品を使った絶景スイーツをご用意して待ってるよ!このギャラリーはとっても素敵でキッチンもついてて、多分 50人くらいでマックスと思うので、ホームパーティみたいなると思う。気軽に来てね!
 
日時:2016年3月25日(金曜日)19:00 - 21:00
場所:頂ビル[ itadaki] 東京都中央区湊3−5−2
主催:Sony Digital Entertainment 
協力:三重県観光局


tabloid_007 at 06:10|PermalinkComments(0)

March 15, 2016

All my life, living with content by Atsushi Fukuda































My business history start with new media development experience; satellite broadcasting, broadband, mobile internet and more of new platforms appeared in the market but after all, content, story and emotion won the human hearts.    

I have shared my story how I motivated to establish Sony Digital Entertainment and evolvement of my company to the people who are in mass media fields. 
And also I shared my thoughts on latest Media Trend. 

I am sending my gratitude to professor. Shigeru Ono of Hannan University for hosting such a wonderful time.

Please take a read. 



tabloid_007 at 23:17|PermalinkComments(0)

March 11, 2016

東日本大震災から5年…


























人が生まれ、生きていくのに特別な理由はないのかもしれない。人は自然の中で勝手にこの惑星に生まれてくる。確たる約束もなく、ただ生まれてくるのだ。

本日で東日本大震災から5年。多くの東北の人にとって、昨日まであったあたり前の日常が突如崩壊した日である。死者15,894人、行方不明者 2,562人、明日がこんなことになるなんて誰も想像していなかっただろうに。

 

人はこの世に生を受け、何もなければ80年くらいは生きるものと思っている。でも、そんな確約はどこにもない。

自然の力によって命を奪われることもある。生き残った者は、誰にこの怒りをぶつければ良いのだろうか?

 

何の保証もないのが人生なのだろう。だからこそ、生き残った者は、この命の儚さと尊さを後世につなぎ、自分も一生懸命生きなければならない。

そして、毎日を本当に大切と思えることに捧げ、努力をしたいと思う。それが死者への償いになると信じている。

 

心より御冥福をお祈りいたします。

 



tabloid_007 at 00:16|PermalinkComments(0)

5 years past, since the Japan Earthquake attacked


























There is no special reason to be born and live.

No matter what we born on the earth without any promise but with our nature.

 

It has been 5 years past, since the Great East Japan Earthquake attacked Northern part of Japan. The ordinary day was just repeated until the day before, and on the 3.11 the ordinary day and life suddenly collapsed with tragedy of 15,894 deaths and 2,562 missing people. No one predicted about the tomorrow to be blackout.

 

People think if there is nothing happens, human life is about 80 years long, but no one guarantee about it.

 

Sometime the great nature of the earth takes the role of evil, if so where can we throw our anger?

 

Perhaps, the human life has no guarantee from its beginning.

 

All the more, the survivors should connect preciousness and fugacious of human life down to generations. And we need to achieve our lives to the goal.

 

I would like to devote myself to what it means to me. That is what I can do for the people pass away on the 3.11.

 

I am sending my deepest sympathies.




tabloid_007 at 00:13|PermalinkComments(0)

March 06, 2016

河原シンスケ個展 【ボンジュール!パリラパン&ネコジャン】 Bonjour! Paris-lapin & Neko-jean



































大好きなアーティスト 河原 シンスケさんの個展をプロデュースさせてもらうことになりました。

今回のコンセプトは、河原シンスケさんが考えたLINEステッカーをリアルアートにするという画期的な試み。リアルアートをデジタルにする話はいくらもあるけど、その逆は世界初と思う!

3月28日(月曜日の18時から)新丸の内ビルディングの7階をぜんぶ使って大パーティやるよ!
3メートルの巨大ウサちゃんも居るし、随所に新しいテクノロジー満載の催しを企画してる。もちろん、ミュージシャン、DJも期待してね。みんな来てよーーーーーー!!!!

◆ 河原シンスケ個展
【ボンジュール!パリラパン&ネコジャン】
(2016年3月28日 - 4月3日)
丸の内ハウス:千代田区丸の内1−5−1[7階 ]
"Bonjour! Paris-lapin & Neko-jean"(LINE stamp l'art debut)

Produced by Sony Digital Entertainment


tabloid_007 at 15:33|PermalinkComments(0)

January 15, 2016

生きることは動くこと!/キャメロン・ディアス『ザ・ボディ ブック』

























『THE BODY BOOK』by Cameron Diaz

これは単なる女性向けのダイエット本ではないよーーー。
長い人生を、自分らしく生きるための知恵がいっぱい詰まった本だった。
どんな人も強く心を決めれば、 どんなことも実現できる。そのための効果的な手段が、健康的な食生活と 日々の運動によって得られる。健康だと自由をもたらし、新たな学びも出来る、友だちや家族と一緒に過ごすことも出来る。

「あなたの体は過去・現在・未来です。それはあなたの先祖の記憶を引き継いでいます。なぜなら、あたなの親やそのまた親から与えられた遺伝子でできているからです。そしてこの世に生まれた後は、日々の食生活や運動や生活習慣があなたのの体を作り上げていきます。あなたの生き方がそのままあなたの体になるのです。」

「人は 毎朝、起きてから いろいろな活動を行います。通勤、登校、歯磨き、ゴミ出し、犬の散歩などの「すべきこと」、ファッション 誌 を 読み、友達と過ごし、夕食を食べに行くなどの「したいこと」。 それらが毎日できるのには 理由があります。あなたを 動かす モチベーション が 存在している おかげなのです。健康的な生活をするにも、モチベーションが大事です。あなたにとって 最大のモチベーションは何でしょうか。たとえば 責任感で動く人なら、健康を維持することは自分の責任だと考えましょう。」

「私たちの体は脅威的です。脳を活動させることから食べ物をエネルギーに変えて走りまわることまで、すごいことをたくさんしています。とても精巧な機械ですから正しくケアする方法を知っておかなくてはいけません。あなたは赤ちゃんのときに授かったのと同じ体を75歳になっても使いつづけることになります。もちろん途中で体は変化しますが、あなたの体であることに変わり在りません。太っていても痩せていても、元気いっぱいでも病気がちでも、とにかくあなたの体は世界に一つしかない宝物です。」

生きることは動くこと!だね。オススメ!

 1213



tabloid_007 at 07:55|PermalinkComments(0)