December 31, 2016

アートしての絵文字、コミュニケーションとしてのスタンプ。

1113213221689461321684561


ニューヨーク近代美術館『MOMA』が絵文字を「デジタルコミュニケーションを変えたデザイン」として永久コレクションした! 
...ってことをブログ書いたので興味ある方は読んでみて。
このニュースは自分にとって凄くうれしい記事。
 
21世紀の初頭、ハリウッドの映画会社にいて「携帯電話に絵文字を配信する事業をやる!」だなんて狂った発想で新規部門を立ち上げた。500インチ(劇場)の娯楽から3.5インチ(ケータイ)までスケール下がってるからね(笑)
で、絵文字→ 動く絵文字→ デコメ→ 動く絵文字...

 
ガラケーが凋落しスマホ時代へ
 
→スタンプ→ 動くスタンプ→ 動いて喋るスタンプと進化してきた。
 
表現方法(技術スペック)が極端に低いことを逆手にとって 実に涙ぐましい努力をした。Gifで数秒に収めるために工夫された演出の数々は、むしろハリウッド映画より凄いテクニックじゃないかな。*あのちょっとした動きに最大40枚の静止画を使ってGifアニメにしてる。
 
ソニー・デジタルエンタテインメント社では、ガラケー時代に絵文字、デコメでは「キャラマックス」というポータルサイトを展開して常に上位だった。そして現在、「LINE」では有料サイト146キャラクター、企業サイト100以上、延べ1億人以上の友だちを得た。勝手な試算だけど100京(10の16乗)以上のスタンプをみなさんに日々使ってもらっている。
 
いまでは韓国の「カカオトーク」から 中国の「WeChat」までサービスの範囲はアジア全域に広がっている。
テキストメールで要件だけ書けばいいじゃん、という意見もある。でも、絵文字開発者の栗田穣崇さんも言ってるが、これらのデジタルツールが人の表現を豊かにしたという側面を見逃してはならない。
 
「当時ポケベルで女子高生が(ハートの絵文字を)多用していて、革命的だと思いました。(中略)『ムカつく』『怒ってます』『やめろ』……末尾にハートをつければ、どんな言葉もポジティブになる。しゃべり言葉のトーンを、デジタルでこんな風に表現できるんだと思ったんです」
 
そして、このような大人に理解されにくい分野をアートして評価したMOMAのパオラ・アントネッリさんの見識に感謝したい!
 
Copyright : 楳図かずお/小学館集英社プロダクション



tabloid_007 at 10:50|PermalinkComments(0)

ニューヨーク近代美術館『MOMA』が絵文字を「デジタルコミュニケーションを変えたデザイン」として永久コレクションした!

emoji-kitkat


携帯電話の「絵文字」がニューヨークの近代美術館『MOMA』(The Museum of Modern Art)の永久コレクションとなった。絵文字は「デジタルコミュニケーションを変えたデザイン」として選ばれた。

建築&デザイン部門のシニアキュレーターであるパオラ・アントネッリさんが収蔵を決めた。パラオは、普通の人がデザインと思えないものにデザインを感じる天才だ。パックマンを収蔵したのも彼女である。これに限らず普段、何気なく使ってるモノすべてにデザインを感じるらしい。詳しくはTED映像を参照。

さて、絵文字は1999年。NTT DoCoMoが開始したiモードメールから始まった。当時コンテンツ開拓担当課長だった栗田穣崇さん(現ドワンゴ執行役員)が生みの親。

もともと、日本の街中で使われていたトイレや禁煙マークなどの「ピクトグラム」が着想の原点という。ちなみに、ピクトグラムも1964年の東京五輪をきっかけに作られた日本発のデザイン。

27EMOJIjp2-jumbo
 

栗田さん曰く、「ハート絵文字って無敵の記号なんですよ。当時ポケベルで女子高生が多用していて、革命的だと思いました。(中略)『ムカつく』『怒ってます』『やめろ』……末尾にハートをつければ、どんな言葉もポジティブになる。しゃべり言葉のトーンを、デジタルでこんな風に表現できるんだと思ったんです」

これだけ広くハート記号が使われているなら、バリエーションがある方が選ぶ楽しさがあるだろうということて、初期の絵文字176種の中に、ハートは4種も用意されていた。

sub-buzz-8656-1478496701-1
 

絵文字は単なる言葉の飾りではなく自立したコミュニケーション手段になっているのである。これを“デザイン”と捉えることで、デジタル上での表現の多様性が広がっていったと思う。

その後のガラケーではデコメに発展し、Gifで動くようになった。スマホ時代の現在では、スタンプ(ステッカー)としてLINEなど、チャットアプリケーションでは欠かすことのできないツールとなっている。


MoMA(the Museum of Modern Art) had acquired the original set of 176 emoji for its permanent collection.

 http://www.nytimes.com/2016/10/27/arts/design/look-whos-smiley-now-moma-acquires-original-emoji.html
 
Paola Antonelli, the senior curator in the department of architecture and design, called it perhaps“the only truly free” object in MoMA's collection.

https://www.ted.com/talks/paola_antonelli_treats_design_as_art?language=en

“In a sense, what we've really acquired is a new communication platform,” she said. “But at the same time, the emoji themselves are ideographs, one of the most ancient ways to communicate. I love how the centuries are connected in that way.”

These glyphs, designed for pagers made by the Japanese mobile provider NTT DoCoMo and released in 1999, were the first pictographs to make their way into mobile communication. It would take another decade for emoji to explode into an American phenomenon, when Apple integrated its first emoji set for the iPhone in 2011. There are now nearly 2,000 standardized emoji.

The original emoji, designed by Shigetaka Kurita(NTT DoCoMo), are each made within a grid that is just 12 pixels wide and 12 pixels long. First rendered in black and white, within a few years each emoji was painted one of six colors — black, red, orange, lilac, grass green and royal blue. 

Your phone has just become home to a tiny little collection of modern art.







tabloid_007 at 09:25|PermalinkComments(0)

『西畠清順が教える命の世界』〜寄付の教室スペシャル (提供:Sony Digital Entertainment)


『西畠清順が教える命の世界』〜寄付の教室スペシャル
(提供:Sony Digital Entertainment)

人に良いことすると自分に良く跳ね返ってくる、と思っている。自分が幸せになりたければ、人を思いっきり幸せにすれば良い。これは、いままで生きてきて感じた実感だ。人は自分だけで幸せになれないってことなんだろうね。

だから、お金は目的(ストック)でありえない。それを目的にしているのは、まだ自分だけで幸せになれると思っている人たちだ。お金は人に使ってはじめて幸せの糸口を知ることが出来る。
でも、上手に回さないと(フロー)意味がないんだ。だから、良いお金の使い方をみんなで勉強しよう。
そんなことを考える年末恒例の寄付月間(2016 -Giving December)は、あと1週間だよ。みんなも、この映像の好きなところだけで良いから観て考えてみてね

その1/プロローグ 3分58秒
日本ファンドレイジング協会 代表理事 鵜尾 雅隆さんの挨拶
 


その2/講演 (前編) 16分56秒
プラントハンター 西畠清順の講演
https://youtu.be/pFaGl90oAU8




その3/講演 (後編) 20分48秒
プラントハンター 西畠清順の講演
https://youtu.be/wEk_cRTkClM





その4/歌が紡ぐ命の世界 16分01秒
Ray Yamada feat. MaLの応援ソング2曲
 ↓寄付はコチラまで!

tabloid_007 at 08:10|PermalinkComments(0)

ARアプリ【VRビューワー】開発したよ!凄くない? (Sony Digital Entertainment x enexc&Co.)

名称未設定 1

ARアプリ【VRビューワー】開発したよ!凄くない?
(Sony Digital Entertainment x enexc&Co.)
 
GoogleのVRツール(Tilt brush)で描いたビジュアルがスマホアプリで見られる!遠近感、回り込んだ時の立体感 バッチリ! これで被り物なしでVRが見られる!
 
We developed AR app 'VR viewer'. You can see VR art without head set.
Created by Shinji Seya of Tezuka Production.
 






tabloid_007 at 08:04|PermalinkComments(0)

VRライブアート 画竜点睛(がりょうてんせい) から1500年 - せきぐちあいみ




 VRアート作品が出来るまでの過程を、描いているクリエイターと一緒にライブ合成したパフォーマンス(約3時間)をした。
それを1分48秒の映像にまとめたのがコレ。世界初のVRライブパフォーマンス!凄くない?(最近、この投げかけ多いなw) 
 
(Sony Digital Entertainment+PDtokyo)
 
【VRライブアート 画竜点睛(がりょうてんせい) から1500年 ーせきぐちあいみ】
 
床の間の掛け軸から飛び出した龍が描かれる。
Googleが開発したVRペイントツール(Tilt Blush)を使って、空間に龍を描き出すリアルタイムペイント。
VR空間でアーティストと生成されるアートがリアルタイム合成された体験型VRムービー。
 
せきぐちあいみ コメント
「中国の梁の時代に絵師が竜の絵を描き、最後に瞳を入れたところ竜が天に昇ったという「画竜点睛」という言い伝えがありました。それから1500年が経ち、私達は本当に空間に竜を出現させられるようなりました。言い伝えや空想上でしかなかったことが現実になっていくVRの魅力や楽しさを、掛け軸から飛び出す竜で表現しました。」
 
VR Live Art -Creation Aimi Sekiguchi. ‘1500 years from "Lacks the finishing touches’
Brought to you by Sony Digital Entertainment
 
A story goes back to Liang Dynasty, a painter draw a dragon and he finalized with eyes.
Since then it has been 1500 years, and now we can call a dragon in real world.
 
She has crated the dragon out through from the scroll with VR technology even it was only people's imagination or legend once up on a time.
 
This is real time performance using VR brush. 
https://youtu.be/n2o5pIb3be8



tabloid_007 at 08:02|PermalinkComments(0)

VR企画をたてるときの注意事項!

写真 2017-01-06 0 10 56



映像ディレクター ばんば淳一くんと忘年会!VR時代の到来に備え、われわれ映像業界人が考えるべき作法について話し合う。
まず…
 
【置いときゃいい型】360度カメラをかぶりつきの席に置いときゃいいんだろ?的な発想はやめる
←そもそも業務用カメラないし、ステッチングのポスプロ代 ハンパないし…リコーのTHETAで撮って配信し、指でなぞって後ろ見えるとかいう人には絶句対応で!(あくまでプロ配信の話しです)
 
【ついでに型】イベントのついでに撮っとくか的な発想もやめる
←360度分の4K撮影のライティングとか音響(バイノーラル録音)とか、すんごいデータ量の編集の事とか考えないとね!ついプレゼンで“VR”という魔法のワードがウケただけの企画者には絶句対応で!
 
【とりあえず型】どうやってみせるか考えないで、とりあえずVRでおさえとくか的なトレンド発想やめる
←プロ仕様で撮るのに編集も音響もハードル高い。撮った映像を見せるのにスマホVRならアプリ作んなきゃならないし、ネットワーク経由なら、YouTube4K VRで出しても、どのHMD(Head Mount Display)で見せるか推奨決めなきゃならないし、そんな簡単じゃない!やはり絶句対応で!笑
 
ま、それくらい経験と投資と要件定義と…そして出来るプロが必要な領域なんだよね。
 
ってことで、ご用命はソニー・デジタルエンタテインメント社まで!w📽 
#チーム紅白



tabloid_007 at 07:53|PermalinkComments(0)

December 24, 2016

Season's Greetings/ 今年もお世話になりました!ドローン→AIロボット→VR

121212121212121212


(English below)
 
今年もグリーティングカードをつくった。
 
僕から送付させてもらうのは、3千通。マスメディアの仕事をしていると少ないように思えるかもしれない。でも、ホールに集まってもらったら凄い数だ。
グリーティングカードや年賀状もちゃんと想いを伝えることが出来れば、ひとつのメディアになる。

ここ数年の基本テーマは…
2014年は、「ドローン」
2015年は、「AIロボット」
2016年は、「VR(バーチャルリアリティ)」
 
どんなにテクノロジーが変化しても、変わらないのは人間(ヒト)だ。必死に考えながら自分たちが1ミリでも1秒でも素晴らしい未来をつくるために もがき頑張る。ボクは そんな愛らしい人間(ヒト)が大好きだ。
 
今年もみんなに助けられた!ありがと。
 
For this year, I made a greeting card again!
I am sending 3,000 copies. 
 
It sounds not too many as a person in the entertainment world, but to think of 3,000, it is a large number if I see all in a hall.
I think a greeting card can be a great media if it carries sender's heart and true voice.
 
In 2014, Drone was a theme,
in 2015, A.I. robot was a theme, 
and for 2016 VR became the theme.
 
People won't change not much while technology evolving a lot.
We struggling and twisting our brain for better future.
I love such adorable people.
 
Have a great holiday!
 
Brought to you by Sony Digital Entertainment 
Producer Nanan Suzuki
Photo 越間 有紀子 (Yukiko Koshima) 
Visual effect 森 はるか (Haruka Mori) 
Photo edit 大上 類人 (Ruito Ohgami)

 https://www.youtube.com/watch?v=JrOPdKXgQlM



tabloid_007 at 09:17|PermalinkComments(0)

December 23, 2016

世界初のVRアートギャラリーを創るまでのストーリー (2016月8月オープン)

写真 2016-09-22 9 24 35



どうしてVRアートギャラリーをはじめたのか?って質問をよく受けるので経緯を記す。
今年(2016年)の6月にコンセプターの坂井 直樹さんからGoogleのアミット・スード(Amit Sood)を紹介してもらったところから始まる。

写真 2016-09-22 9 24 01


写真 2016-12-18 23 04 12

写真 2016-09-15 14 21 59

 
写真 2016-09-15 14 01 27
 

アミットは、パリで「Google Cultural Institute」を取り仕切っている。彼とアートとのかかわりは下記のTEDを参照してね。(故郷のインドで世界のアートが見られない。そんな人たちにデジタルを通じてアートを見せたい)

Google Arts & Cultureでは、世界中のアートや文化遺産をもっている1000以上の美術館と提携し、高彩度のデジタルアーカイブを無料でオンライン配信している。

現在では、アプリやVRでも楽しむことが出来る。

この部門は非営利で活動しており、パリのお城のようなオフィスでは35人のテクノロジストが働いている。その中で、HTC Vive(VRシステム)を活用したVRブラシ(Tilt brush)が開発された。難しいプログラムなしに自由にVRで絵が描ける。

日本のアーティストをパリに招くから、VRアートを創ってみないか?という誘いをもらったが、手っ取り早く東京に作ってしまえというので阿佐ヶ谷に「VR Gallery by Sony Digital Entertainment」を8月に創設した。現在、10名以上のアーティストが世界初のVRアートを創ってくれている。それが経緯である。

さらに、この部門はギガピクセル「Art Camera」も開発。精緻なアーカイブ作りに欠かせないのはもとより、人間の目で見えないデジタルならではの発見も可能にした。

例えばピーテル・ブリューゲルの『穀物の収穫』(1565年頃)を拡大すると...
6人の裸婦が池の畔で水浴びを楽しんでいる...と思われていたがデジタルの目で拡大すると...実は5人と岩だった!こんな凄いツールを活用して、来年 浮世絵を新しい切り口で見せる展示を考えている。乞うご期待!


tabloid_007 at 09:18|PermalinkComments(0)

NHK日曜美術館「ありのままこそ 応挙の極意」で、ソニー・デジタルエンタテインメント社のVRギャラリーが世界初のVRアート専門ギャラリーとしてとりあげられたよ!

15241847_10154611307331211_7501712681909549189_n



NHK日曜美術館「ありのままこそ 応挙の極意」で、ソニー・デジタルエンタテインメント社のVRギャラリーが世界初のVRアート専門ギャラリーとしてとりあげられたよ!

http://vr-gallery.jp/

15202699_10154611311386211_5468372912488918486_n


15179141_10154611307316211_360509207772108830_n

 
円山応挙(まるやま おうきょ)は、江戸時代の人気絵師だった。応挙の写生は「目の前のものを徹底的に見ること、写すこと」。
代表作の一つ、国宝の「雪松図屏風」(ゆきまつずびょうぶ)を仲良しの水墨画家 土屋秋恆(つちやしゅうこう)がVRアートとして再現した。

14937324_10154611311426211_4961920679706176565_n

 
最新のテクロジーで模写すると...なんと応挙の松は見事に立体的であることが判明。松の立体の形を完璧につかんで絵にしていた!

15203387_10154611311436211_6981668993887040402_n


15134719_10154611311476211_6366181304068623623_n


 
放送は既に終わっているが、オンデマンド配信を希望したい!

15253538_10154611311486211_6687721014381114095_n


http://www4.nhk.or.jp/nichibi/x/2016-11-20/31/28562/1902703/


Our VR gallery was picked up as the world's first VR art specialty gallery at NHK Sunday Art Museum "Arinomamakoso Okyo no Gokui (The secret of the Okyo)”!
 
Okyo Maruyama was a popular painter in the Edo period. And his painting style was to see subject thoroughly and transcribe things in front of him"
 
One of his masterpieces, a National Treasures screen painting "Snow on the Pine Trees" (Yukimastu zu byoubu) was imitated by a famous traditional ink painter Tsuchiya Shuko as a VR art.
Reproducing with the latest technology, the work of art was turned out into a great 3D. it can say that Okyo knew how to express perfect pine tree in three-dimensional with a brash painting!
 
The broadcast has already ended, but I hope to see it on-demand delivery!

 http://vr-gallery.jp/



tabloid_007 at 08:50|PermalinkComments(0)

December 17, 2016

体験を再生できるVRメディアの素敵な未来!



















VRメディアとは何か?とよく聞かれる。
単なるゲーム機なのか?一過性のブームなのか?それは誰にもわからない。
ただ、僕は30年間 常に新規事情を手掛けてきた。
























ニューメディアブームが、衛星多チャンネル放送を生んだ。
マルチメディアブームが、DVD/CDなどのパッケージコンテンツを創った。
ブロードバンドブームが、ネットメディアの映像配信を手軽にした。
スマホブームが、ソーシャルメディアを発展させた。

























さて、VRメディアは、どんな新しいカルチャーを創りだすのだろうか?VRは、人の体験を配信できるツールである。人の体験を追体験できる。知らない世界を体験できる。これは楽しまざるをえないよね。

いまVRの活用は、大きくわけて3つあると考えている。
1. イベント、店頭での利用(新車の試乗、不動産の内覧など)
2. スマホVR(アプリ経由で映像をみる)
3. VRチャンネル(YouTube 4Kでみる)
みんなで一緒にこのツールの活用を考えてみようよ!




tabloid_007 at 08:45|PermalinkComments(0)