October 03, 2005

現実の 夢を土台に 歌うのも 夢の実現 叶うものなし

ドラえもん短歌
枡野浩一(ますのこういち)1968年、東京生まれ。歌人。短歌、作詞、現代詩、漫画評、小説、脚本など、幅広く執筆活動をしている。
95年、角川短歌賞の落選作がテレビや雑誌で話題になり、初の短歌集『てのりくじら』はロングセラーになった。

短歌は一句と言わない。一省という。「君が代」「百人一首」などを短歌という。こういう最短の表現でできるメディアは日本語特有の構造を利用した高度な散文といえるのではないだろうか。

http://masuno.de/
http://masuno-tanka.cocolog-nifty.com/



tabloid_007 at 22:37|PermalinkComments(0)Book 

October 02, 2005

-196度、液体窒素の沸点、だそうです。

196-1サントリーが新発売した「-196チューハイ」は平たく言えば、単なる缶チューハイなのだが、焼酎とフルーツの融合方法に新提案があるらしい。

まず果実を瞬間凍結させ、粉々にする。そのパウダー状になったものをアルコールと混ぜる、この方法が一番よく混ざるらしい。いつも居酒屋でやっているようなレモンをギュッと絞ったようなのは邪道なのかしらん?

196-2

http://www.suntory.co.jp/rtd/196/index.html
http://www.shonenknife.net/

季節限定ブドウ味も発売されたが、CMソングが「少年ナイフ」のような気がする。現在曲名など調査中



tabloid_007 at 23:55|PermalinkComments(0)Advertise 

いやあ、本当にこの世にいないとは思えないのですが...

伊丹十三の本
一人の才能豊かな人間の足跡を追うことができるというのは、ある意味では幸せであり、不幸なことである。一人の人生を一冊で語るということは、本人は既にこの世にいないわけで、過去のエッセイ、映画、ドキュメンタリー番組でその娯楽あふるる見識を堪能するしかない。

まだ知らない世代は最低でも下記のエッセイと映画は見てください。

問いつめられたパパとママの本

伊丹十三DVDコレクション タンポポ コレクターズセット (初回限定生産)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BC%8A%E4%B8%B9%E5%8D%81%E4%B8%89
http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B0%CB%C3%B0%BD%BD%BB%B0
http://www.sankei.co.jp/mov/db/97/1221itmjz.html



tabloid_007 at 23:23|PermalinkComments(0)Book 

さよか。どや。まいど。大・大阪展

osakaこれまた東急本店の催事で桂三枝総合プロデュース"大・大阪展"が開催されていた。

催事の目玉は"ビリケン"が初めて東京に来た!というものだ。ビリケンとは?ビリケン(BILLIKEN)は、1908年(明治41年)E・I・ホースマンというアーティストが、夢で見た神様をモデルに制作したものと伝えられている。
トンガリ頭につりあがった目という姿は、たちまち「幸福のマスコット」「福の神」としてアメリカを始め世界中に大流行した。日本でも花柳界などで縁起物として愛されたようだ。

1912年(明治45年)オープンした「新世界」の遊園地「ルナパーク(月の園)」「ビリケン堂」を建造。これは大当たりし、新世界名物としてその名をとどろかせ、ビリケン饅頭やビリケン人形などのみやげ物まで作られた。
また「福の神・ビリケン」を七福神に加え、「八福神めぐり」なども流行したとも云われていたがルナパークの閉鎖と共に行方不明になっていた。その後大阪人の熱望により2代目ビリケンが(昭和55年から)通天閣の中に鎮座することになる。以来、ビリケンが東京に来るのは今回が初めてという...

ビリケンが出来た13年後の1925年に大阪市は東京市を上回る日本一の大都市であった。流行・経済・産業そのすべてを制覇した大阪は、全国に「大大阪宣言」をしたのだった。osaka2

http://www.tokyu-dept.co.jp/kyoutsuu/osakahaku/index02.html
http://www.tsutenkaku.co.jp/hiroba/hiroba.html



tabloid_007 at 20:48|PermalinkComments(0)

クリスタルがダイヤより美しい訳

swarovski-1今日、渋谷の東急百貨店本店の「SWAROVSKI(スワロフスキー)」をのぞいた。美しいクリスタルの数々、鳥、蝶、デザインされた宝飾品など...

1895年のボヘミア出身の若者、ダニエル・スワロフスキーがクリスタルを正確にカットできるマシンを発明し、特許を取得することから始まったスワロフスキーは、100年以上の歴史をがある。最高級で透明度の高いクリスタルを正確にカットすることにより、ダイヤのような輝きを放つが、ダイヤのように高価ではなく、かなり庶民的な値段。

swarovski-2

http://www.swarovski.com/
http://www.bunkamura.co.jp/shop/swarovski/
http://www.acce.jp/swarovski/



tabloid_007 at 20:00|PermalinkComments(0)Art 

観月ありさがクルリと歌って演じる...

mizuki

セ・ラ・ビ(DVD付)

東映映画「鳶がクルリと」主題歌を観月ありつがうたっている。今回コラボしているのが「ASIAN2」の連中でそのPVを深夜テレビ神奈川で見た。PVの監督も映画の監督と一緒らしいが、これを見る限り映画を見たいと思わせるものは何もない。

むしろ、この原作者に興味をもった。

原作のヒキタクニオは、「凶器の桜」の映画化でも話題になった多彩な人です。下記の本、まだ入手していないが、このきっかけに読んでみようっと。http://www.faceful.org/odoruganmen/hikitakunio.html
http://asian2.jp/
http://www.avexnet.or.jp/alisa/
http://www.tobikuru.jp/

鳶がクルリと



tabloid_007 at 19:28|PermalinkComments(0)Music 

山上たつひこの再来

元祖!浦安鉄筋家族 10 (10)
眞鍋おをりのブログで知るまで、これほど話題になったギャグ漫画を知らなかった...。下品というより、リアルな小学生のバイタリティを感じる作品である。小学生の世界は容赦ない。その容赦のない描写がギャグ漫画であることを前提にしていない。

跳び蹴りはあたりまえ...

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B5%A6%E5%AE%89%E9%89%84%E7%AD%8B%E5%AE%B6%E6%97%8F



tabloid_007 at 18:39|PermalinkComments(0)Comic 

1億総オタク化

フィギュア王 No.90 (90)
コンビニに行く楽しみのひとつに玩菓(「がんか」と読む。玩具入り、菓子の意)を探すというのがある。少子化も悪くないな。箱買い、大人買いといって数種類のフィギュアの中からシークレットアイテムを見つけるために、纏め買いすることをそう呼んでいるのだ。

それらの世相を反映してか、数年前まではマニア雑誌だった「フィギュア王」がいまやコンビニの店頭に並ぶようになった。しかも、雑誌にフィギュアがオマケでついてくる。コンビニは大人のおもちゃ屋か?

http://www.monomagazine.com/monoonline/scripts/pub/backnum.asp?kubun_cd=a02
http://www.fujisan.co.jp/Product/1281680396/



tabloid_007 at 13:29|PermalinkComments(0)Magazine 

September 25, 2005

書店員が見つけたロングセラー

これは絶対面白い! 書店員が見つけたロングセラー
日本中の書店の店員さんが初刊ではなく、確実に数冊は月に売れる本、あるいは売る努力をしている本の紹介本である。実に推薦者の思い入れ具合が読み応えがある。あまりプロっぽくなく、素人感覚を大事にしている人の推薦本に魅力を感じるのは不思議だ。

中でも紀伊国屋新宿の店員おススメの北尾トロ裁判長!ここは懲役4年でどうすか―100の空論より一度のナマ傍聴は、スグに読みたくなり即購入



tabloid_007 at 21:40|PermalinkComments(0)Book 

観た気になる映画トレーラーだらけのサイト

appleアップルの優れたサービスはいろいろあるが、もっとも愛用しているサイトは、Quick Timeを普及させる目的で構築した"Movie Trailers"のコーナーである。

映画会社もこのサイトに先行配信したり、この価値を認識している。サイトの構成も秩序だっており、1本の映画でもティーザーから本格公開直前のものまで網羅されている。

また、大作の予告はもとより、むしろLion Gateなどの独立系のトレーラーがきちんと配信されていることがネットサービスらしく、劇場予告ではまずお目にかかれないレアな価値をよんでいる。一見あれ!

http://www.apple.com/trailers/



tabloid_007 at 11:44|PermalinkComments(0)Web