December 31, 2016

VRライブアート 画竜点睛(がりょうてんせい) から1500年 - せきぐちあいみ




 VRアート作品が出来るまでの過程を、描いているクリエイターと一緒にライブ合成したパフォーマンス(約3時間)をした。
それを1分48秒の映像にまとめたのがコレ。世界初のVRライブパフォーマンス!凄くない?(最近、この投げかけ多いなw) 
 
(Sony Digital Entertainment+PDtokyo)
 
【VRライブアート 画竜点睛(がりょうてんせい) から1500年 ーせきぐちあいみ】
 
床の間の掛け軸から飛び出した龍が描かれる。
Googleが開発したVRペイントツール(Tilt Blush)を使って、空間に龍を描き出すリアルタイムペイント。
VR空間でアーティストと生成されるアートがリアルタイム合成された体験型VRムービー。
 
せきぐちあいみ コメント
「中国の梁の時代に絵師が竜の絵を描き、最後に瞳を入れたところ竜が天に昇ったという「画竜点睛」という言い伝えがありました。それから1500年が経ち、私達は本当に空間に竜を出現させられるようなりました。言い伝えや空想上でしかなかったことが現実になっていくVRの魅力や楽しさを、掛け軸から飛び出す竜で表現しました。」
 
VR Live Art -Creation Aimi Sekiguchi. ‘1500 years from "Lacks the finishing touches’
Brought to you by Sony Digital Entertainment
 
A story goes back to Liang Dynasty, a painter draw a dragon and he finalized with eyes.
Since then it has been 1500 years, and now we can call a dragon in real world.
 
She has crated the dragon out through from the scroll with VR technology even it was only people's imagination or legend once up on a time.
 
This is real time performance using VR brush. 
https://youtu.be/n2o5pIb3be8



tabloid_007 at 08:02|PermalinkComments(0)

VR企画をたてるときの注意事項!

写真 2017-01-06 0 10 56



映像ディレクター ばんば淳一くんと忘年会!VR時代の到来に備え、われわれ映像業界人が考えるべき作法について話し合う。
まず…
 
【置いときゃいい型】360度カメラをかぶりつきの席に置いときゃいいんだろ?的な発想はやめる
←そもそも業務用カメラないし、ステッチングのポスプロ代 ハンパないし…リコーのTHETAで撮って配信し、指でなぞって後ろ見えるとかいう人には絶句対応で!(あくまでプロ配信の話しです)
 
【ついでに型】イベントのついでに撮っとくか的な発想もやめる
←360度分の4K撮影のライティングとか音響(バイノーラル録音)とか、すんごいデータ量の編集の事とか考えないとね!ついプレゼンで“VR”という魔法のワードがウケただけの企画者には絶句対応で!
 
【とりあえず型】どうやってみせるか考えないで、とりあえずVRでおさえとくか的なトレンド発想やめる
←プロ仕様で撮るのに編集も音響もハードル高い。撮った映像を見せるのにスマホVRならアプリ作んなきゃならないし、ネットワーク経由なら、YouTube4K VRで出しても、どのHMD(Head Mount Display)で見せるか推奨決めなきゃならないし、そんな簡単じゃない!やはり絶句対応で!笑
 
ま、それくらい経験と投資と要件定義と…そして出来るプロが必要な領域なんだよね。
 
ってことで、ご用命はソニー・デジタルエンタテインメント社まで!w📽 
#チーム紅白



tabloid_007 at 07:53|PermalinkComments(0)

December 24, 2016

Season's Greetings/ 今年もお世話になりました!ドローン→AIロボット→VR

121212121212121212


(English below)
 
今年もグリーティングカードをつくった。
 
僕から送付させてもらうのは、3千通。マスメディアの仕事をしていると少ないように思えるかもしれない。でも、ホールに集まってもらったら凄い数だ。
グリーティングカードや年賀状もちゃんと想いを伝えることが出来れば、ひとつのメディアになる。

ここ数年の基本テーマは…
2014年は、「ドローン」
2015年は、「AIロボット」
2016年は、「VR(バーチャルリアリティ)」
 
どんなにテクノロジーが変化しても、変わらないのは人間(ヒト)だ。必死に考えながら自分たちが1ミリでも1秒でも素晴らしい未来をつくるために もがき頑張る。ボクは そんな愛らしい人間(ヒト)が大好きだ。
 
今年もみんなに助けられた!ありがと。
 
For this year, I made a greeting card again!
I am sending 3,000 copies. 
 
It sounds not too many as a person in the entertainment world, but to think of 3,000, it is a large number if I see all in a hall.
I think a greeting card can be a great media if it carries sender's heart and true voice.
 
In 2014, Drone was a theme,
in 2015, A.I. robot was a theme, 
and for 2016 VR became the theme.
 
People won't change not much while technology evolving a lot.
We struggling and twisting our brain for better future.
I love such adorable people.
 
Have a great holiday!
 
Brought to you by Sony Digital Entertainment 
Producer Nanan Suzuki
Photo 越間 有紀子 (Yukiko Koshima) 
Visual effect 森 はるか (Haruka Mori) 
Photo edit 大上 類人 (Ruito Ohgami)

 https://www.youtube.com/watch?v=JrOPdKXgQlM



tabloid_007 at 09:17|PermalinkComments(0)

December 23, 2016

世界初のVRアートギャラリーを創るまでのストーリー (2016月8月オープン)

写真 2016-09-22 9 24 35



どうしてVRアートギャラリーをはじめたのか?って質問をよく受けるので経緯を記す。
今年(2016年)の6月にコンセプターの坂井 直樹さんからGoogleのアミット・スード(Amit Sood)を紹介してもらったところから始まる。

写真 2016-09-22 9 24 01


写真 2016-12-18 23 04 12

写真 2016-09-15 14 21 59

 
写真 2016-09-15 14 01 27
 

アミットは、パリで「Google Cultural Institute」を取り仕切っている。彼とアートとのかかわりは下記のTEDを参照してね。(故郷のインドで世界のアートが見られない。そんな人たちにデジタルを通じてアートを見せたい)

Google Arts & Cultureでは、世界中のアートや文化遺産をもっている1000以上の美術館と提携し、高彩度のデジタルアーカイブを無料でオンライン配信している。

現在では、アプリやVRでも楽しむことが出来る。

この部門は非営利で活動しており、パリのお城のようなオフィスでは35人のテクノロジストが働いている。その中で、HTC Vive(VRシステム)を活用したVRブラシ(Tilt brush)が開発された。難しいプログラムなしに自由にVRで絵が描ける。

日本のアーティストをパリに招くから、VRアートを創ってみないか?という誘いをもらったが、手っ取り早く東京に作ってしまえというので阿佐ヶ谷に「VR Gallery by Sony Digital Entertainment」を8月に創設した。現在、10名以上のアーティストが世界初のVRアートを創ってくれている。それが経緯である。

さらに、この部門はギガピクセル「Art Camera」も開発。精緻なアーカイブ作りに欠かせないのはもとより、人間の目で見えないデジタルならではの発見も可能にした。

例えばピーテル・ブリューゲルの『穀物の収穫』(1565年頃)を拡大すると...
6人の裸婦が池の畔で水浴びを楽しんでいる...と思われていたがデジタルの目で拡大すると...実は5人と岩だった!こんな凄いツールを活用して、来年 浮世絵を新しい切り口で見せる展示を考えている。乞うご期待!


tabloid_007 at 09:18|PermalinkComments(0)

NHK日曜美術館「ありのままこそ 応挙の極意」で、ソニー・デジタルエンタテインメント社のVRギャラリーが世界初のVRアート専門ギャラリーとしてとりあげられたよ!

15241847_10154611307331211_7501712681909549189_n



NHK日曜美術館「ありのままこそ 応挙の極意」で、ソニー・デジタルエンタテインメント社のVRギャラリーが世界初のVRアート専門ギャラリーとしてとりあげられたよ!

http://vr-gallery.jp/

15202699_10154611311386211_5468372912488918486_n


15179141_10154611307316211_360509207772108830_n

 
円山応挙(まるやま おうきょ)は、江戸時代の人気絵師だった。応挙の写生は「目の前のものを徹底的に見ること、写すこと」。
代表作の一つ、国宝の「雪松図屏風」(ゆきまつずびょうぶ)を仲良しの水墨画家 土屋秋恆(つちやしゅうこう)がVRアートとして再現した。

14937324_10154611311426211_4961920679706176565_n

 
最新のテクロジーで模写すると...なんと応挙の松は見事に立体的であることが判明。松の立体の形を完璧につかんで絵にしていた!

15203387_10154611311436211_6981668993887040402_n


15134719_10154611311476211_6366181304068623623_n


 
放送は既に終わっているが、オンデマンド配信を希望したい!

15253538_10154611311486211_6687721014381114095_n


http://www4.nhk.or.jp/nichibi/x/2016-11-20/31/28562/1902703/


Our VR gallery was picked up as the world's first VR art specialty gallery at NHK Sunday Art Museum "Arinomamakoso Okyo no Gokui (The secret of the Okyo)”!
 
Okyo Maruyama was a popular painter in the Edo period. And his painting style was to see subject thoroughly and transcribe things in front of him"
 
One of his masterpieces, a National Treasures screen painting "Snow on the Pine Trees" (Yukimastu zu byoubu) was imitated by a famous traditional ink painter Tsuchiya Shuko as a VR art.
Reproducing with the latest technology, the work of art was turned out into a great 3D. it can say that Okyo knew how to express perfect pine tree in three-dimensional with a brash painting!
 
The broadcast has already ended, but I hope to see it on-demand delivery!

 http://vr-gallery.jp/



tabloid_007 at 08:50|PermalinkComments(0)

December 17, 2016

体験を再生できるVRメディアの素敵な未来!



















VRメディアとは何か?とよく聞かれる。
単なるゲーム機なのか?一過性のブームなのか?それは誰にもわからない。
ただ、僕は30年間 常に新規事情を手掛けてきた。
























ニューメディアブームが、衛星多チャンネル放送を生んだ。
マルチメディアブームが、DVD/CDなどのパッケージコンテンツを創った。
ブロードバンドブームが、ネットメディアの映像配信を手軽にした。
スマホブームが、ソーシャルメディアを発展させた。

























さて、VRメディアは、どんな新しいカルチャーを創りだすのだろうか?VRは、人の体験を配信できるツールである。人の体験を追体験できる。知らない世界を体験できる。これは楽しまざるをえないよね。

いまVRの活用は、大きくわけて3つあると考えている。
1. イベント、店頭での利用(新車の試乗、不動産の内覧など)
2. スマホVR(アプリ経由で映像をみる)
3. VRチャンネル(YouTube 4Kでみる)
みんなで一緒にこのツールの活用を考えてみようよ!




tabloid_007 at 08:45|PermalinkComments(0)

December 16, 2016

'think with Google' feat. VR Art by Sony Digital Entertainment

15267587_10211769286451437_6658508098935626291_n

2016年11月30日

グーグルイベント「think with Google」で、手塚プロダクションのチーフアニメーター瀬谷新二さんが「鉄腕アトム」をVRツール(ティルトブラシ)を使ってライブペイントを行い拍手喝采だった。

15267873_10211769226769945_3058444331024645908_n

15317906_10211769228129979_8571681127964652634_n

https://youtu.be/GyKuYmnW5L0

また、アーティストの吉田 佳寿美さんとせきぐち あいみさんのライブペインティングも行い大盛況だった。

15241967_10211769227169955_8167264570756088973_n


15202754_10211769227089953_5650492305011205113_n



それにしても、この夏からコツコツ取り組んでいたVRがここまで世界的なムーブメントになると思って…いたけど、テンポが早いっ!w

15230762_10211769228009976_467009979472131603_n

 
興味ある方は、阿佐ヶ谷のギャラリーに来てね!

15202571_10211769228529989_5621365959265479302_n










tabloid_007 at 22:26|PermalinkComments(0)

December 14, 2016

CHANGEMAKERS OF THE YEAR 2016 presented by Cartier 『ライブラリーからライブの時代 だからこそコンテンツが王様なんです。』 ソニー・デジタルエンタテインメント 社長 福 田 淳

写真 2016-12-13 9 42 41

CHANGEMAKERS OF THE YEAR 2016 presented by Cartier
 
栄誉ある賞を頂くことになりました。 チェンジメーカーとは「古い世界を変え、新しい世界を切り開くひと。ボーダーレスな未来を創り、シンプルなアートで表現するひと」 のことらしいです。
日経ビジネスと日経ビジネスオンラインの読者から寄せられたアンケート結果をもとに選んでいただきました。 なんという光栄!本当にありがとうございます。
 
カルロ・ガリリオさんのコメント(リシュモン ジャパン カルティエ社長兼CEO)
「開拓者とは、パイオニアとは、どんな人を指すのでしょうか? 私が考えるに、パイオニアとは、今を見つめながら、未来がどうあるべきかを考え、そして実行できる人です。これまで選出されたチェンジメーカーの方たちは、さまざまな分野で仕事をされています。科学の世界で、工学の世界で、芸術の世界で、エンタテインメントの世界で、そして経営の世界で。そしてどの分野においても、先端を走り続ける、パイオニアであり続けていらっしゃいます。 
一方、カルティエにはすでに170年近い歴史があります。ただし、私たちは、その歴史に甘んじるつもりはありません。伝統を大切にしながらも常に未来を見据え、改革を恐れないパイオニアであらんとしています。(中略) 常にパイオニアであれ、そして大きな変化をもたらす改革者であれ。 そんな志を同じくする未来の同志を、ささやかながら、ぜひサポートしたい。そんなわけで、私たちはこれまでも、そしてこれからも、「CHANGEMAKERS」のプロジェクトを応援していきます。」
 
下記、インタビューもご高覧くださいませ。
 
『ライブラリーからライブの時代 だからこそコンテンツが王様なんです。』 
ソニー・デジタルエンタテインメント 


CHANGEMAKERS OF THE YEAR 2016 presented by Cartier
 
I am very honored to receive such a prestigious award. The mission of the Change Maker is "Change the world to open up a new world, creating a borderless future and express it with clear art.”
Based on the questionnaire from readers of Nikkei Business and Nikkei Business Online, I was chosen to be one of the CHANGEMAKERS of the year 2016. What an honor! I thank you very much.
 
Mr. Carlo Gariglio: President and CEO of Richemont Japan Cartier commented the following.
“Who should be called a Pioneer or a Forerunner? In my opinion a Pioneer is a person who can think and see what the future should be, and act upon it. Change makers can work in various fields, in the world of science, engineering, art, entertainment, and in the world of management. In which ever field, the change makers continue to be front runners.
Cartier has a rich history of nearly 170 years, but we are not complacent to rely on its history. Whilst upholding Cartier’s great traditions, we also look towards the future, as pioneers we are not afraid to push ourselves forward…
 
We are very happy to celebrate our colleagues who are challenging to change the world as pioneers, and we will continue to support “The CHANGE MAKERS” project.”
 
Please take a look at the interview below.
 
"From Library to Live; that is why Content is the King”
Atsushi Fukuda
President
Sony Digital Entertainment



tabloid_007 at 23:41|PermalinkComments(0)

November 26, 2016

対談【意外と知らないキャラビジネス考】 近藤健祐 × 福田淳

























長年、キャラクタービジネスをやって来た同志との対談。
物凄く業界のことがわかる中身だよ。ぜひご一読を
--------------------------------
対談【意外と知らないキャラビジネス考】
近藤健祐 × 福田淳 

1. エンタメ系の最初の仕事はJリーグカフェ
2.Jリーグの仕事で権利ビジネスを知った
3.なんでゲームのライセンスだけ切り分けられてるの?
4.ライセンス前提か否かでものすごく差が出る
5.すでに確立しているブランドへの提案は難しい
6.ネットでキャラクターを売買するサイトを立ち上げる
7.ネットでキャラクターを売買するサイトを立ち上げる
8.私は過去に支えられている
9.ライトンでようやく会社の目玉ができた
10.今までの赤字を全部ライトオフするから出てってくれ
11.そんなことも知らないで、よく独立しましたね
12.吉祥寺のユザワヤに通って、店頭チェックした
13.2011年の震災後は「無料」がキーワード
14.もう一つのキーワードは「ハンドメイド」
15.限定的かつ濃いコミュニティの中にキャラクターを投下する
16.WeChatはLINEのクリエーターズマーケットは全部チェックしてる
17.日本はメモ。アメリカはグリーティングカード。
18.アメリカはワオカルチャー。サプライズがないと!
19.デジタルでも『集める』『交換する』がキーワード
20.ガリガリ君の新しいの出たら、僕は買いますよ
21.「社長大丈夫ですか」と心配されそう
22.ローラはもうタレントというより、メディア
23.Instagramは単なるアルバムでしょ。スナップチャットはライブだから
24.成長というものを戦略に入れてなきゃダメ
25.1曲に対する思いが希薄化して、みんなフェスに行くようになった
26.中国は心を揺さぶるマーケットサイズ
27.スタンプだけでは終わらないマーケットを作る
28.直接交渉に出るのは、外人の特性
29.自分の目でいいと思ったら、契約してOK

構成:Chizuko Fukuda
撮影:越間 有紀子



tabloid_007 at 11:44|PermalinkComments(0)

November 03, 2016

「ウアモウと大きな毛むくじゃらの怪物」 Ayako Takagi at VR Gallery by Sony Digital Entertainment

写真 2016-11-02 11 44 21




I’m happy to announce that Ayako Takagi created new VR art! 
Please come over to the VR Gallery in Asagaya.
Title: Uamou and the Big Hairy Monster, 
HTC VIVE - Google Tilt brush ver7. October ,2016
brought to you by Sony Digital Entertainment
Looking for his friends, Uamou wandered upon a world of infinite darkness.
Lost in his travels he comes across a very big monster with long hair and a luggish posture.
The big hairy monster had no kindness in his heart and used his terrifying magic powers to confine Uamou into a two-dimensional plane.
From his confinement Uamou looked around and discovers that many of his friends had been captured as well.
Just when all seemed lost, a bright light reveals large mysterious eye gazing fiercely into the darkness. It was from the midst of the eye that a confident, more experienced Uamou appeared.
It was Uamou from the future, here to free everybody from the monster's dreaded curse.




 
「ウアモウと大きな毛むくじゃらの怪物」
ウアモウたちはどこまでも広がる真っ暗闇の世界に迷い込んでしまいます。
そこには大きな大きな毛むくじゃらの怪物が住んでいました。
怪物は恐ろしい魔法の力でウアモウたちを平らな絵にして閉じ込めてしまいます。
あたりを見渡すと、ほかにも絵の中に閉じ込められてしまった仲間たちがたくさんいます。
そんなようすを暗闇の中に浮かぶ不思議な目がぼんやりと覗いています。その目の中にいたのは未来からやってきたウアモウでした。
さあウアモウは仲間たちと力を合わせてみんなを救えるのでしょうか。
http://vr-gallery.jp/





tabloid_007 at 09:17|PermalinkComments(0)