May 09, 2018

PARCOブランド広告『SPECIAL IN YOU.』何かを自分の中から放出して、 表現してる時にだけ、 自分は輝くことができる。- のん

IMG_5775



PARCOブランド広告『SPECIAL IN YOU.』に"のん" が起用されたよ!
6月1日(金)から全国パルコや交通広告等で展開。
クリエーティブディレクション:箭内道彦さん!

----------------------------
何かを自分の中から放出して、
表現してる時にだけ、
自分は輝くことができる。
それが自分のスペシャルなのかなー。

しばらく考えたあとでぽつんと言った、のん。

その表現をたくさんの人に見てもらって、
こうして楽しんでもらう仕事をしていなかったら、
今の私はどうなっていたんだろう?
のたれ死んでいたかも知れない、と。

パルコは応援します。
自分らしい生きかたで
壁を越えようとするすべての人を。

君も、特別。




tabloid_007 at 18:59|PermalinkComments(0)

May 02, 2018

ミレニアル世代の関心事、勉強になる〜

IMG_5325

ミレニアル世代の話を聞きたいってディナー。
我らがフラクタルアーティスト草野絵美ちゃんの紹介で、BLAST Inc. CEO/ SNSコンサルタントの石井リナさんと、
ウェブマガジン「Be inspired」の編集長 平山潤さんを紹介してもらった。
もう、刺激的で興味深いこと満載だった。

1.石井リナさんのサイト

2. 平山潤さんのウェブサイト
http://beinspiredglobal.com/

3. バーチャルインスタグラマー MIQUELA 
https://www.instagram.com/lilmiquela/

4. NY在住の台湾人アーティストJohn Yuyi(ジョン・ヨウイ)
Forbes 「30 UNDER 30」にも選ばれた。

5. シュールな作画が人気のケイゴのインスタが書籍「ケイゴ式」発売

6. ニューヨーク近代美術館(MoMA)のキュレイター パオラ・アントネッリ
 パックマンや絵文字を永久収蔵した人。
 
7. レイチェル・ドレザル。白人でありながら黒人だと装った彼女のNETFLIX番組

8. 型破りな編集者・箕輪厚介さん。深夜3時からイベントやったりするらしい。 

9. エレノア・ポートリアット監督のフランス映画「軽い男じゃないのよ」

10. 写真評論家 飯沢耕太郎さんによるモデルKaoRiさんのアラーキー(荒木経惟)告発を読み解くコラム「アラーキーは殺されるべきか?」

11. 宇多田ヒカルが支持する小袋成彬さんの音楽がミレニアルズにウケてる。

12. セルフブランディングだけでは生き残れない【草野絵美✕石井リナのミレニアルズトーク】 - 朝日新聞デジタル&M:朝日新聞デジタル 
時代の欲望にフィットすればベストセラーが生まれる」坂井直樹さんのお言葉で宴会終了。さすが。


tabloid_007 at 23:07|PermalinkComments(0)

April 30, 2018

横浜美術大学の客員教授をやらせてもらいまーす!

写真 2018-03-22 14 23 59


「人と違う自分であれ。そして、人を認める自分であれ。五感をすまして生きていくと、自分だけの地平線が見えてくるはずだ。」
横浜美術大学のパンフレットにコメントを寄せさせてもらった。今年の春から客員教授やらせてもらってます。


写真 2018-04-30 8 29 03

それにしても、豪華メンバー。隅研吾さん、増田セバスチャンさん、石坂浩二さん、南條史生さん、しりあがり寿さん、IKKOさん、中谷日出さん他 こんな方々に教えてもらったら美大生もやる気になるだろうなぁ。

村上隆さんの「芸術闘争論」を改めて読んだ。アート作品に必要な4つの要素「構図」「圧力」「コンテクスト」「個性」。先生の役割は、いろいろあると思うが、わたしの役割は「コンテクスト」だろうと思う。アートにかかわる人文的(歴史的位置付け、右脳のセンス向上)意味を一緒に考えていきたい。


写真 2018-04-30 8 30 23

http://www.yokohama-art.ac.jp/




tabloid_007 at 09:05|PermalinkComments(0)

April 27, 2018

K.I.T.虎ノ門大学院の客員教授としての初仕事。 パネルディスカッション「芸術と技術融合の新時代」に登壇。

1929293

K.I.T.虎ノ門大学院の客員教授としての初仕事。
「芸術と技術融合の新時代」というテーマでパネルディスカッションに登壇させてもらいました。母校である日本大学芸術学部の学部長 木村 政司先生の「みなさんの脳がどう感じるかだけが大事」という発言がすべてでした。
ドクター北谷賢司さん、素晴らしい企画をオーガナイズしていただきありがとうございます。
そして、お集まり頂いた120名もの方々にもお礼を申し上げます。


31351344_10216730470157929_5802001075976273920_n

This is the first job as a K.I.T.graduate profeffor.
 “Integration of fine arts and technology” was a success event.
  Masashi Kimura san (Head of Nihon University College of Arts) said 'How do you feel of your brain to arts, that's all'. 
 Thanks, Dr.Kitatani for organized such great event. And thanks for coming so many top exectives of this entertainment industory.

796959493


http://www.kanazawa-it.ac.jp/tokyo/ct/event/details/2018/23.html

tabloid_007 at 07:21|PermalinkComments(0)

April 18, 2018

ブランディングとアドバタイジングの違いについて講演させてもらいました! 【ネットを捨て街に出よ 〜五感に響く生き方がすべて〜】 福田淳  主催 : 一般社団法人switcher 

IMG_3917


ブランディングとアドバタイジングの違いについて講演させてもらいました!
------------------

【ネットを捨て街に出よ 〜五感に響く生き方がすべて〜】
主催者 : 一般社団法人switcher 


福田:「(例えば)カップヌードルやコカ・コーラなどの商品は、知らない人はいませんよね。では、そこで広告(アドバタイジング)を打つ目的は何か。知らない人に知ってもらい、買ってもらうのが広告の役割ですが、みんながすでに知っている商品の場合はどうするのか?

ブランディングというのは、「愛してもらわなければ駄目」なんですね。けれど、愛はお金では買えません。ユーザーに愛してもらうためには、ブランディングの作業として、経営者の顔も見せなきゃいけないし、社員の顔も見せなきゃいけないし、就職予備軍の人にまでも「この企業は楽しい!」と思えるようなものじゃなければいけない。」

構成:井尾 淳子
撮影:越間 有紀子



tabloid_007 at 07:54|PermalinkComments(0)

April 13, 2018

【FINDERS】創刊号に掲載されました!「バズ」をつくる男、福田淳のつくりかた

IMG_3413


「ライフハッカー」の編集長だった米田 智彦さんが新しく立ち上げた【FINDERS】の創刊号に取材していただきました。
みんな、良かったら読んでみてね。昔話してます。

----------------------
「バズ」をつくる男、福田淳のつくりかた

「(東北新社 創業者)植村伴次郎さんは、数字に限らず人の心の裏側が一瞬でわかるような方でした。だから、嘘はいけない、隠しごとをしてはいけないと思って、都合の悪い情報でも早く伝えるようにしていました。「ここで失敗して2億円損しました、この損失はこうカバーしようと思います」と(失敗だけじゃなく、リカバリー案まで考えて)言ったら「それなら、それで進めて」となります。「こうすれば、さらに3億円の利益を出せるんじゃないの?」ってことにもなる。ビジネスを作り上げることがクリエイティブであり、そのゴールにあるものが社会にとって良いことになるってことだけを考えていらしたんです。
経営者の中には夢で語る人もいれば数字で語る人もいますが、その両方をパッケージにしないとビジネスは成功しない。」



tabloid_007 at 15:43|PermalinkComments(0)

April 08, 2018

スカイプしよって、もう言わない(涙)

30415099_10216578854967644_2557698843479113728_n


30414961_10216578855047646_3056019559254327296_n


先週、スカイプの会議が2つも不調に終わった、中身が不調だったのではなく、スカイプ自体が不調なのだ。そしてスカイプは、いつも調子悪い。(関係者の人がいたらゴメンなさい)

以前、マニラからロンドンにスカイプした時もうまくいかなくて、3千円のチケット払ったら繋がった...笑。なぜ?
今回も「お金で解決」と思ったが、PCアプリ(MacBook)から課金の導線もなくて、わざわざウェブサイトにいかないといけないことがわかりゲンナリ。しかも、前回の残金が2千円以上残っていたが、なんのトラブルか「無効」になっており「有効」に変えたら、「最低15分はかかる」と。えっ。いまどきどんなスピード感なのよ。

そこで、この事態を解明すべき、深夜の "フクノリ"調査となったわけ。

・まず、PCアプリ(フク)からスマホアプリ(ノリ)は NG。スマホ同士は問題ない。それならそれでいいじゃん、という説もあるし、LINE使えばって説もわかる。だが海外が相手だと 相手にLINEない。FaceTimeだとアンドロ系ダメだし、そもそもPCサイズの横長になってない。こちらの参加者が2人だと画面にはいらない。Facebook Messangerは安定してるけど、単なるビジネス会議で、FB友だちになるの鬱陶しい。ならなくても出来るの知ってるけど、認証方法の幅が狭く、後から相手の検索もロクに出来ないぼろぼろエンジン。

・深夜の"フクノリ"調査は、ありとあらゆる方法に及んだ。すべてのデバイスの組み合わせ(スマホ、PCアプリ、ブラウザ)で、交互にかける(爆)どんだけ手間がかかるんだよ。最後の方は、LINE電話しながらの「ああでもない、こうでもない」って。LINEでいいじゃん!!!!
こんな調査に付き合ってくれるのはノリしかいない。感謝。

・一時はアカウント捨てようって話になった。で、作ろうとすると「わたしはロボットではありません」認証のために出でくる謎に歪んだ画像認証(CAPTCHA)が、何度更新しても絶対ロボットだけじゃなく、人間も読めない文字がでてくる。で、「音声」に切り替えたら、日本語のボソボソ声と、高いフランス語が同時にでてくる!じゃかましーわ(爆)わかるわけない。

もう、この段階で涙目。スカイプさんから「わたしは気軽に使うんじゃない」って言われてる気分になってきた。

・結論。いまだにPCアプリは使い物にならず、世界中の誰ともコミュニケーションとれないまま。PCブラウザは コネクトできるが 音声は0.5秒ずれ(昔の衛星中継かよ) こんな製品が世の中にあるとを不思議に思うのであった....おしまい。








tabloid_007 at 12:17|PermalinkComments(0)

April 07, 2018

K.I.T.コンテンツ&テクノロジー融合研究所 主催 メディア・マネジメントセミナー 『芸術と技術融合の新時代』 (2018年4月25日) 登壇させていただきまーす!

IMG_3372


登壇させていただきまーす!

----------------------
K.I.T.コンテンツ&テクノロジー融合研究所 主催 メディア・マネジメントセミナー
『芸術と技術融合の新時代』

2018年4月25日
●19:00〜19:30
主催者挨拶 & オープニングレクチャー & モデレーター 北谷 賢司 氏

●19:30〜21:30(120分) ※途中5分休憩
スピーチ&ディスカッション
キーノート・スピーカー: 木村 政司 氏
キーノート・スピーカー: 福田 淳 氏
スピーカー: 今井 彰 氏
スピーカー: 渡部 正宏 氏

http://www.kanazawa-it.ac.jp/tokyo/ct/event/details/2018/23.html





tabloid_007 at 15:01|PermalinkComments(0)

April 05, 2018

【‘のん’ひとり展】 - 女の子は牙をむく- GALLERY X BY PARCO (2018年04月19日 -5月08日)

IMG_3206


みんな来てね!
#シェアお願いしまーす!

【‘のん’ひとり展】 -女の子は牙をむく

女優、モデル、ミュージシャン、絵描き、と多くの顔を持つ創作あーちすと‘のん’の初展覧会が開催されるよ。
描き下ろし絵画、立体物、インスタレーションを中心に、スケッチ、自作の衣裳など、コンセプトにあわせてセレクトされた過去作品など、様々な形態のアート作品を展示。

会場:GALLERY X BY PARCO 
渋谷区宇田川町13-17
期間:2018年04月19日 (木) -5月08日 (火) 
11:00-20:00
入場料:500円(おみくじ付)
主催:パルコ

企画制作:重藤 瑠衣(パルコ)、水口 学(mmp+caruta)
宣伝物デザイン: 佐藤亜沙美(サトウサンカイ)
写真:磯部昭子
スタイリスト:飯島久美子
ヘアメイク:菅野史絵 (クララシステム)



tabloid_007 at 06:52|PermalinkComments(0)

March 26, 2018

【テレビはオトナのたしなみ!という提案。】(前編) 角田陽一郎 x 福田 淳

IMG_1880

人気テレビ番組『さんまのスーパーからくりTV』や『中居正広の金曜日のスマたちへ』のプロデューサーで、今月 新刊『13の未来地図 フレームなき時代の羅針盤』(ぴあ)を上辞した角田陽一郎さんとおしゃべり。
面白いから是非ご一読ください!

----------------------------------
【テレビはオトナのたしなみ!という提案。】(前編)
角田陽一郎 x 福田 淳


角田「検索した情報が正しいか正しくないかを判断するのは、その人の知性の問題。「おまえがそう思えばいいじゃないか」っていう、その知性だけが大事じゃないですか。

知識から知性の時代に変わってきて、今までは検索能力が高い人を頭がいいとしていましたよね。だから大学の卒論も、圧倒的にすごい学説を書くことじゃなく、その学説をどれだけ裏付ける情報を検索して引用できたかで、「優良可」が決まると。ところが今は検索っていっても、スマホですぐできちゃいますよね。
だからテレビも、かっこいい人からにじみ出たものを番組で観たら、あとは自分の知性でどう感じるか。感じない人は、もういいと思う。僕はぶっちゃけ、そこはシカトでもいいと思っているんです。」

構成:井尾 淳子
撮影:越間 有紀子



tabloid_007 at 06:48|PermalinkComments(0)